【主食】むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選!老ける糖質をやめてこれを取りましょう

【主食】むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選!老ける糖質をやめてこれを取りましょう

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【主食】むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選!老ける糖質をやめてこれを取りましょう」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選がわかる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選を知りたくはありませんか?

今回は、痩せるために太らないために炭水化物を控えている方のために、これを取ることでむしろ痩せるし綺麗になるという炭水化物を5つご紹介します。

健康で綺麗に痩せたい方は必見です必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【主食】むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選!老ける糖質をやめてこれを取りましょう

今回は、むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選をお伝えしたいと思います。

あなたは痩せるために、綺麗になるために炭水化物をできるだけ控える、という食生活をしてはいないでしょうか。

確かに炭水化物は取り方を間違えると太ってしまうものなんですが、摂りすぎなくても太ってしまう理由があるんですね。

ですから、正しい炭水化物を選ぶ必要があります。

そこで今回は、取ることでむしろ痩せるし綺麗になるし、そして健康にもなる炭水化物をご紹介しますので、いま炭水化物を控えているという方や、白い炭水化物を食べて太ってしまっている方、ダイエットしたい方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

ということで、むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選をお伝えしたいと思います。

炭水化物は選び方が重要です

で、健康のため、綺麗になるため、痩せるため太らないためには炭水化物の取り方は非常に重要となってきます。

特に健康面では白い炭水化物である白ご飯とか、食パンや菓子パンなどの白いパン、あるいはうどんやラーメン、パスタ、素麺などの白い小麦粉を使った麺類などを取り続けることで大きなリスクになることが分かっていますし、もちろん太ってしまいますし、糖質の急速な摂りすぎによって血糖値があがり糖化という反応が起こることで肌や髪の劣化が起きたり動脈硬化が進むなど、老化が促進されてしまうことがわかっています。

ですから、太らないために美容のために健康のために炭水化物を取らない、あるいは極端に制限するという選択をする方が多いんですね。

ですが炭水化物を極端に控えてしまうと3大栄養素である糖質が足らないためにカラダはエネルギー不足になってしまい、カラダのタンパク質を奪ってエネルギー源にしてしまいますので、筋肉が失われたり、骨が脆くなったり、内臓が弱ってしまうという重大な健康被害に繋がってしまいます。

ですから炭水化物を極端に控えることはすぐにやめて頂きたいんです。

じゃあどうすればいいのかと言うと、今回ご紹介する炭水化物なんですね。

今回ご紹介するのは糖質の吸収が穏やかなため血糖値を上げにくく、そのために太りにくかったり糖化の反応を抑えて老化を遅らせてくれるという効果が期待できますし、カラダに良い成分を取ることができますのでさらに健康的にも美容的にもプラスになるという、炭水化物なのに取ることで痩せて綺麗になれるという素晴らしい効果があるものなんです。

ですのでぜひご覧になって今日からこの炭水化物に変えて頂きたいと思います。

1.玄米と分づき米

という事でむしろ痩せるし綺麗になる炭水化物をお伝えしようと思いますが、まず1つ目は、玄米と分づき米です。

で、玄米というのはお米から殻を取っただけの状態で精米していない、茶色いお米になります。

で、分づき米というのは少し精米していますが、白米にまでなっていない玄米と白米の中間になるお米ですね。

やはり日本人にはお米が合っていますので、まずはこれ、というか最もオススメなのがこれですね。

もしいま、毎日ご飯を食べている方であれば白米を玄米か分づき米に変えて頂くだけで食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に取ることができますので、食物繊維によって糖質の吸収が抑えられ、ビタミンやミネラルによって美容面、健康面を強化することができます。

なんといってもお手軽なのが良いんですよね。

何かを足すとか、お金がかかるということがないですので、これが最もお手軽かつ効果的な良い炭水化物です。

またご飯は基本的に無添加ですので、余計な添加物を取る危険性もないですし、お料理の方法であるとかご飯に合うおかずで悩むことも少ないと思います。

で、玄米と分づき米のどちらにするか迷われるのであれば、私は分づき米の方をお勧めします。

その理由について話すと長くなってしまうんですが、それは別の動画で詳しくお伝えしていますので、後でこちらの動画も下の説明欄からご覧になってください。

2.蕎麦

そしてむしろ痩せるし綺麗になる炭水化物の2つ目は、蕎麦です。

やはり麺類も食べたいという方は多いと思いますが、うどんやラーメン、パスタ、素麺などは精製された小麦粉であるため控えた方がいいんですね。

ですがお蕎麦であれば食物繊維が豊富に含まれていますので糖質の吸収は穏やかで、タンパク質が豊富ですし、他にもビタミンB群やポリフェノールの一種で抗酸化作用のあるルチンや、肝機能をサポートするコリンなども多く含まれていますので、ぜひ取って頂きたい炭水化物になります。

ただ、市販されているお蕎麦や外食のお店では100%そば粉で作られていなくて2割が小麦粉の二八蕎麦とか、3割小麦粉が使われている三七蕎麦などもあります。

ただ、酷いものになると2割がそば粉で作られた「ほぼうどんのお蕎麦」もあります。

かなり白っぽいお蕎麦などはそうですね。

それだと意味がないですので、どのくらいの割合なのかは確認して頂きたいと思います。

3.全粒粉やライ麦のパン

そしてむしろ痩せるし綺麗になる炭水化物の3つ目は、全粒粉やライ麦のパンです。

パンが大好き!という方は多いと思いますが、普通パンは精製された白い小麦粉から作られています。

例えば、食パンは周りは焦げているので茶色ですが、中は綺麗な白ですよね。

それはほとんどのパンがそうだと思います。

このような白いパンはほぼ糖質の塊ですので、控えるべき炭水化物です。

ですので、小麦粉を取るのであれば未精製の物、つまり全粒粉のものを選んでください。

またライ麦で作られたものも食物繊維が豊富でビタミンB群やミネラルも含まれていますのでお勧めですね。

ただしパンは砂糖を加えるほど柔らかくなりますので、柔らかいパンは糖質量に注意しましょう。

また、食品添加物も多くなりがちですので、袋にパッケージされた市販のパンよりも、パン屋さんで売っているパンを選んでいただいた方がいいですね。

4.いも類

そしてむしろ痩せるし綺麗になる炭水化物の4つ目は、イモ類です。

イモ類は例えばじゃがいもやさつまいも、里芋や長芋などがあります。

実はイモ類には食物繊維が豊富ですので、糖質の吸収が穏やかなとてもいい炭水化物なんです。

さらにジャガイモやサツマイモはビタミンCが豊富で、普通ビタミンCというのは加熱されることで壊れてしまうんですが、イモ類のビタミンCはでんぷんによって守られているため、加熱されても壊れないという凄い特徴があるんですね。

ですから食物繊維とビタミンCが取れるという、綺麗になりたい女性にとても嬉しいものなんです。

また、里芋はイモ類の中でも食物繊維が特に豊富ですし、山芋は生で取ることができますので、酵素を取り入れて消化を助けることもできます。

ですのでイモ類はとても優秀なんですね。

また、ジャガイモを始めとしてイモ類は揚げるととても美味しくなるんですが、カロリーが上がり過ぎて反対に太り、不健康で綺麗でなくなってしまいますので、揚げる調理法は避けて頂いた方がいいです。

また、サツマイモも焼いて焼き芋にしたい方が多いと思いますが、焼き芋も太ってしまいますので避けたい調理法なんです。

イモ類を取るのであれば、お味噌汁など汁物に入れて頂くとか、蒸すなどの調理方がおススメです。

5.野菜と果物

そして、むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物の5つ目は、野菜と果物です。

野菜と果物が炭水化物?って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんと炭水化物が含まれています。

例えば先ほど挙げたイモ類も野菜に入りますが、その他にもカボチャ、スイートコーン、そらまめ、ごぼう、グリーンピース、落花生などは炭水化物が多めですね。

そしてこれらは食物繊維も豊富ですので、ぜひ取りたい炭水化物になります。

また果物は太ってしまうと思って避けている方も多いかもしれませんが、選び方次第で全く違いますね。

例えば、スイカとかメロン、桃などの明らかに糖質の多いものなどは血糖値を上げ太りやすいので頻繁に摂るのはおススメできません。

ですが、リンゴやキウイ、いちごやブルーベリーなどのベリー類、かき、びわ、パイナップル、みかん、バナナなどは食物繊維が多く糖質の吸収が穏やかになるため、むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物だと言えます。

ただそれでも炭水化物の中では糖質が少し多めですので、もしも果物を取るなら食事前30分くらいに取って頂けると、血糖値を少し上げることで食欲を抑えてくれますので、食事の摂取カロリーを落としてむしろ痩せることができるということが研究の結果から分かっています。

ですからより安全に取るなら食前ですね。

という事で、むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選をお伝えさせて頂きました。

で、炭水化物は正しい取り方をすれば痩せるし健康にキレイになれる大切な栄養素なんです。

ぜひ今回ご紹介した食材を参考にして頂いて、正しい炭水化物を摂りましょう。

【関連リンク】
◎お米のオススメな選び方!健康&ダイエットできる理由【健康生活】
https://youtu.be/Dp6cPrK2YAE

 

まとめ

今回は「【主食】むしろ痩せるし綺麗になる炭水化物5選!老ける糖質をやめてこれを取りましょう」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。