理学療法士が施術するオステオパシーを用いた整体院

オステオパシーについて

  • HOME »
  • オステオパシーについて

オステオパシーとは

オステオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティルによって創始されました。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(オステオン:骨)とPathos(パソス:病理、治療)の2つを語源とし、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加える概念です。

現在ではオステオパシーとそのままで呼びます。

しかし、オステオパシーとは単なる療法ではなくひとつの哲学であり、独特の医学体系を持っています。

オステオパシーの基礎理論

オステオパシーでは、次のような基本的理論のもとに治療を行います。

身体はひとつのユニットであり、身体の諸器官や組織は互いに関連して機能している。

・身体の機能と構造は相互に関係する。

・身体は自己治癒力を備えている。

・自己治癒力を上回る何らかの外力または内的変化が生じた時に病気が発生する。

・そのような機能障害(オステオパシーでは体性機能障害(Somatic dysfunction)という)を、筋、関節、神経、血液(動脈・静脈)、リンパ、脳脊髄液、諸内臓などを総合的に観察した上で見つけ、矯正することにより、健康に導く。

オステオパシーにはさまざまな手法がありますが、どの手法にせよ治療を行うには、詳細な解剖学的知識、生理学的知識が必要であり、またその知識を触診をもって正確に判断し、その結果をもとに適切な治療を加える繊細な技量が必要です。

従って当然、短い時間での習得は困難であり、少なくとも数千時間以上に及ぶ医学的教育と技術の習得、研鑽を持たないと、正しいオステオパシーにおける治療を行うことは困難である、と言われています。

オステオパシーを受けるにあたって

オステオパシーは、マッサージやカイロプラクティック、鍼灸とは全く異なります。

オステオパシーは人体が本来もつ強力な「自然治癒力」を引き出し、カラダの痛みや不調などの症状を根本から解決し、真の健康を取り戻すことを目的としています。
そのため、以下の目的の方々にはオステオパシーは不向きですので、施術をご遠慮いただく場合があります。

・押す・揉む・叩くなどの手技による強い刺激の施術をご希望の方
・とにかく長時間の施術をご希望の方、またはごく短時間での施術をご希望の方
・1回の施術のみで効果を判断する方
・根本からカラダを治し、良くなりたいという意思のない方

オステオパシーでは全身的かつ綿密に検査を行い、全ての不調を起こしている部位を確認して最適な方法を選択して行います。そのため、施術方法のリクエストには応じれない場合があります。

具体的にどのような施術をするのかというと、

当院の施術では、
関節のズレに対して関節の整合性を取り戻し、
骨内病変を改善し、
筋肉や靭帯などの膜組織の過剰な緊張を間接的・直接的な方法で緩め、
様々な膜や組織によって歪められていた血管やリンパを解放して循環を改善し、
同様に周囲組織の緊張により引っ張られて位置が偏り緊張してしまった内臓を解放し、
頭蓋に必要な基本的な動きを取り戻して脳脊髄液の循環を改善し、
自律神経の働きを正常化することで症状の改善を図り、
同時にココロや精神の問題まで取り組んでいきます。

ここまで全ての問題に取り組むことで、症状や不調が再発することのないカラダを取り戻すことができるのです

オステオパシーでは以上のようなことを目的に施術を行いますが、痛みや不調などの症状を回復させるのは、あなたがもつ「自然治癒力」であり、施術者はその自然治癒力を発揮するお手伝いをします。

この自然治癒力には症状を治したい本人の気持ち・意志が強く影響します。

あなたの自然治癒力を最大に発揮させるためには、あなた自身が「症状が治り、良くなりたい」という強い意志、つまり「治す決意と覚悟」を持つことが必要なのです。

オステオパシーは、患者様一人一人を検査して出てきた問題を解決します。そのため、必要以上に長く行うことはできません。
また逆に、あまりにも短時間での施術では全身的に施術を行うことが困難であり、十分な効果を発揮できないため、施術には必要な時間を設けています。

オステオパシーの効果には個人差があります。同じような症状でも原因によって軽症、重症など程度があり、すぐに効果の現れる方、何回かの施術から効果が現れる方などがいらっしゃいます。

オステオパシーでは循環の改善や各器官の改善などを確認しながらステップを踏んで施術を行っていきますので、施術を受けるとカラダの内部は確実に改善されています。
しかし重症であったり長期の症状の方などは症状が軽減しにくい場合があるため、1回の施術のみで判断されないようお願いします。

また、オステオパシーによってすぐに痛みや不調などの症状がなくなり、完治したと感じる場合があります。
しかし根本的な解決に至っていない場合がありますので、施術後3日程度は無理をせず、症状が現れないことを確認してください。

また、あなたの症状を作った原因に生活習慣が関与している可能性がありますので、施術時に確認をして生活習慣の見直しをお願いします。

 

オステオパシーによって得られる3つの良いこと


オステオパシーの施術は、ほとんどがとてもソフトな施術で、施術中に眠ってしまう方もたくさんいらっしゃいます。関節が鳴る強く瞬間的な施術もありますが、苦手な方は他の方法で行うことも可能です。そのような施術が苦手な方や不安をお持ちの方は遠慮なくお申し付けください。
当然ながらお子様や妊娠中の女性、ご高齢の方にはよりソフトで低刺激な技術のみを用います。



オステオパシーにより「自然治癒力の向上」が得られることにより、来院する動機となった症状以外にも、カラダが記憶している最善の状態へ向かって全ての症状が改善していきます。
また、症状が改善するだけでなく、症状が再発しない、楽なカラダを取り戻すことができます。



オステオパシーは姿勢や骨格、骨盤も調整し、さらに精神面の安定も得られます。不調が無くなることにより、今まで感じられなかった生き生きとした毎日を取り戻すことができます。
そして今まで以上に勉強や仕事に集中でき、スポーツや趣味などは効率が上がり、
より豊かな人生」を感じていただけると思います。


 

オステオパシーの歴史

アンドリュー・テーラー・スティルはアメリカの医師です。オステオパシーの創始者であり、「オステオパシー療法の父」と言われています。

スティル医師は1828年にバージニア州で生まれました。幼い頃にスティルは父親の跡を継いで医師になると決め、医学を学んだ後は父親の元で修行を積み、ミズーリ州でM.D.の資格を得ました(西洋医学医師(M.D.)とドクター・オブ・オステオパシー(Doctor of Osteopathy)(D.O.)の違いについては後述)。

また、後の1860年代初頭には、ミズーリ州カンザスシティの学校で外科医の単位も追加取得しました。南北戦争には、北軍の従軍医師として参加しています。

南北戦争の後、スティル医師は南北戦争の従軍医師であったが、二人の息子と養子を次々と髄膜炎によって亡くし、自分の無力さに嘆き、正当医学は完璧ではなく時に有害ですらあるとの結論を得て、彼は、それから研究を重ね10年後の1874年にオステオパシーを創始しました。

元々、スティル医師は人体の自然治癒力を阻害している原因は骨にあるとしていたが、後に筋肉やリンパ、内臓、神経、血管等の異常を治せば自然治癒力が高まると提唱しました。

また、今もなおオステオパシーの手技として知られているやり方で治療行為を行うことにより、身体の構造中の問題を修正することによって、身体は適切に機能し、かつ自己治癒力が改善されるかもしれないと信じ、さらに、彼は予防医学についての考えを押し進め、医師は病だけではなく、患者の全体としての治療に注目すべきとの考えを支持しました。

これらの確信は、新しい医学的アプローチを形成し、オステオパシーの基礎となりました。

この思想に基づき、スティル医師は、オステパシーの最初の学校となる最初の学校American School of Osteopathy(アメリカン・スクール・オブ・オステオパシー(現在のA. T. Still University)をミズーリ州のカークスビルに設立しました。

当初は西洋医学からは受け入れられなかったが、多くの人に支持され、1892年にアメリカン・スクール・オブ・オステオパシー(現在のA. T. Still University)がミズーリ州に設立され、1910年に医学認可を受けます。

日本では、オステオパシーそのものの形ではなく、種々あって一つの理論がないといえる整体の一分野に形を変えて行われてきましたが、戦後オステオパシー医が来日するようになり、オステオパシーが独自の手技療法として広まるようになります。

本格的なセミナーはイギリスのアラン・スタッダードやカリフォルニアとオステオパシー総本家のカークスビル大学のテニング学長以下2人の教授が来日してからです。 現在、カークスビル・オステオパシー医科大卒の森田博也D.O.がいらっしゃいます。

 

アメリカではオステオパス(オステオパシー概念に基づいた施術を行う人)はドクター・オブ・オステオパシー(Doctor of Osteopathy)(D.O.)と呼ばれる第一職業学位(First professional degree)・称号を有し、西洋医学医師(M.D.)と同様に正規の医師です。

D.O.はすべての州で「医師免許」を認可されており、西洋医学医師(M.D.)と全く同等に「診断・外科手術・処方・投薬」等の全ての「医行為」が認められています。

オステオパシー医学を学ぶ医学校も、西洋医学医師(M.D.)を輩出する医学校と同様に、大学院レベルに設置されており、通常は4年制です。

また、D.O.は臨床研修(レジデンシー)を経た後は、類似する分野である整形外科医のみならず、救急救命医・一般内科医等の専門を選ぶ事もできます。

アメリカ軍の軍医の中にはD.O.の医師も多数存在しているとのことです。

残念ながら日本ではオステオパシーは未だ医療として、また国家資格として認められていません。

これはこれからの日本の課題と言えるところでしょう。

アメリカ以外の国(イギリスやオーストラリアなど)では、D.O.ではなく、オステオパスの学士号(Bachelor of Osteopathy, B.Ost)や修士号(Master in Osteopathy, M.Ost)が習得できます。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 090-7456-9083 ご予約はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Select Language(言語) 

出張無料説明会

アンケート

Facebookページ

当院のSNSです!皆様にお役立ちの記事を配信しています

facebook

twitter

ご予約・お問い合わせ

ご予約・空き状況(数字は空きのある枠数です)

2018年11月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
×
15
×
16
×
17
×
18
19
×
20
×
21
×
22
×
23
24
×
25
26
×
27
×
28
×
29
×
30
×
 
2018年10月

PAGETOP
Copyright © 都城オステオパシー治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.