【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】

【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】

【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法が分かる✅動画の信頼性
◎理学療法士としての知識と経験から話せる内容

誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法を知りたくはありませんか?

今回は、自律神経の乱れで様々な症状が現れてお困りの方が今すぐ簡単に自律神経を整えることができる便利な呼吸法をお伝えします。

自律神経症状でお困りの方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】

はい、健康生活チャンネル、理学療法士の蛯原孝洋です。

今回は、誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは自律神経を整えたいと考えた時はないでしょうか。

自律神経が乱れてしまうと、例えば痛みがめちゃくちゃ強くなってしまったり、呼吸が難しくなって息を吸いきれなくて苦しい思いをしたり、酷い場合にはパニック症状を起こしてしまったり、不安や焦りなどの感情の乱れが出てきたり、ストレスが強くなってしまうなど様々なデメリットがあるんですね。

ですからぜひ自律神経を整えてこのような症状を無くして欲しいんですが、じゃあ自律神経の乱れやすい状態を根本から改善しようと思うと、以前の動画でもお伝えしましたが結構大変なんですよ。

でも、いま辛い、いま治したいという方も多いと思いますので今回は、自律神経が誰でも簡単に今すぐ整う「20秒呼吸法」をお伝えします。

もうなんだったら10秒の呼吸法でも自律神経を整えることができますので、これはとても簡単で、なおかつ効果が凄い方法なんですね。

ですので、自律神経の乱れをすぐに整える方法を知りたい方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

また、今回の内容は全文字幕を付ける予定ですので、文字がご覧になりたい方は字幕をオンにしてご覧ください。

ということで、誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法についてお伝えしたいと思います。

自律神経を根本的に改善する方法も

で、これは簡単に自律神経の乱れを整えることができる方法なんですが、完全に治す方法ではないことに注意してください。

先ほどもお伝えしたように自律神経失調症のような自律神経の乱れを根本的に改善するためにやるべきことは複数あって、その方法については以前の動画、「自律神経症状の4つの原因と治し方」という動画でお伝えしていますので、今回のすぐに自律神経を整える方法と共に、後でこちらの動画もご覧になって根本的に改善できるように頑張りましょう。

自律神経の乱れとは?

で、じゃあ自律神経の乱れっていったい何なのってことを知らない方も多いと思いますが、自律神経というのは交感神経と副交感神経の2つからなる体のバランスを取っている神経になります。

この2つの神経が働いていることで私たちは生きていますし、体調よく過ごすことが出来るんですね。

この2つの神経の働きは例えば運動や緊急などには交感神経が働いて、心臓の動きが活発になり全身の血流量を増やすことでとっさの対応に備える体制を作る事ができますし、運動中には消化活動や排泄などは必要性は低いですから、内臓へと送られる血流量が減るようにコントロールします。

逆にリラックスしている際には全身の筋肉にそれほど血流量は必要ないですので心臓の動きはゆっくりになり、反対に消化活動や排泄行動などカラダの維持のための活動がメインになるんですね。

ですから私たちの身体は自動的に活動量に合わせて神経の働きが切り替わるという凄い機能があるんです。

しかしこの自律神経の自動的な切り替えは様々な原因から乱れてしまいます。

そうすると、仕事に行くために交感神経が働き活動的になって欲しいんだけど副交感神経優位になってしまって、呼吸が深くできないとかカラダが重い、だるい、眠い、やる気が出ないといった症状が出てしまいますし、仕事から帰ってきて寝るまでには副交感神経が優位になってリラックスしたい所なんですが交感神経優位になってしまって、興奮してしまってじっとしていられず、焦りであるとか不安が出てしまったり、痛みが強くなってしまうなどの症状が現れてしまうんです。

ですから自律神経を整えるという事はこの2つの神経のスイッチングを上手にさせるということなんですね。

研究からわかった自律神経を整える呼吸法

という前置きを話しておいて今回の方法なんですが、これはハーバード大学の健康医学研究者アンドルー・ワイル氏が、20年ほど前に提唱したもので、この呼吸法は癒しの呼吸法であるとか、くつろぐ呼吸法と呼ばれています。

この呼吸法はかなり効果が凄い方法で、私が病院で理学療法士をしていた頃からよく使っていた方法なんですね。

で、この方法のやり方なんですが、まずは①鼻から4秒間かけて息を吸います。

そして次に②7秒間息を止めて、③8秒間口をすぼめながら息を吐いていく、という呼吸法なんですね。

このようにやり方はとても単純な方法になります。

ただ注意点がありますので、ぜひこの呼吸法を繰り返しながら聞いて頂きたいと思います。

まず息の吸い方ですが、この際に胸で息を吸わずにお腹で吸う方が効果的です。

これが俗にいう腹式呼吸ですが、この方が多くの息を吸うことができるんですね。

ですので、まずはお腹に手を当てて、この手を押すようにしながら、4秒間で息を吸いましょう。

そして7秒間息を止め、次に息の吐き方です。

息を吐く際には、口をすぼめて吐いていきます。

こうすることで気道に圧をかけることができますので、よりしっかりと息を吐くことができるんですね。

そしてこの息を吐く際には、息を強く吹き過ぎないようにしてください。

できるだけ息は吐き切って頂いた方がいいですが、強く吹くと筋肉や肺が緊張してしまって上手く行えなくなってしまいます。

ですのでリラックスして力を抜いて行えるようにしましょう。

で、強く吹かないと息を吐き切らないという方がいらっしゃるんですが、基本的に息を吐くのは力を抜くだけで大丈夫なんですよ。

呼吸と言うのは風船と同じような仕組みで行われていて、息を吸う際には横隔膜と言う筋肉が風船を膨らませることで息を吸って、そして息を吐く際には風船の口を開けると空気が自然に漏れていくように、特に力を入れる必要がなく息を吐けるものなんですね。

ですのでぜひリラックスして息を吐きましょう。

ということでこの点について注意しながら、私と3回一緒にやってみましょう。

まずは4秒間かけて鼻から息を吸います。

そして7秒間息を止めます。

そして8秒間かけて口をすぼめながら息を吐いていきます。

これをあと2回行いますね。

4秒間かけて鼻から吸います。

お腹が膨らむように注意しましょう。

7秒間止めて。

8秒間口をすぼめながら吐いていきます。

力を入れないようにして。

はい、4秒間かけて鼻から吸います。

お腹の手を押していきますよ。

7秒間息を止めます。

そして8秒間口をすぼめながら息を吐いていきます。

この呼吸を最低4回、できれば5分間程度繰り返してもらえると自律神経が整いますので、ぜひ繰り返してみて下さい。

ただ、中にはこの呼吸法が難しいという方もいらっしゃると思います。

息をそんなに多く吸えなくて、20秒も吸えません!という方、あなたもそうですよね?ですのでそのような方のための別の方法もお伝えします。

その方法はもっと簡単です。

ただ単純に、息を吸うよりも息を吐く時間を倍にしましょう。

実は今回の方法でも4秒間吸って8秒間息を吐くように、息を吸うよりも吐く時間の方が倍になっているんですよね。

これを短い時間で行っていただければOKです。

例えば、3秒間吸って、6秒間吐く、でもいいですし、それでもきつい方は2秒間吸って、4秒間吐く、という方法でも大丈夫なんです。

そして慣れてくれば、4秒間吸って、8秒間吐く。

そしてもっと楽になってきたら、4秒吸って、7秒止めて、8秒吐く、という風にステップアップして頂ければ理想的ですね。

この呼吸法は本当に効果的ですので、ぜひ実践してみて下さい。

で、コツがなかなかつかめないという方はぜひこの動画の呼吸のデモをしているところを繰り返しご覧頂いて、一緒に呼吸を練習してみて下さい。

またこの呼吸法は症状が辛い時に行って頂いても効果があるんですが、できるのであれば毎日実践して頂いた方がいいですので、それが苦痛じゃない方は実践してみましょう。

呼吸法の考案者アンドルー・ワイル氏とは

で、この呼吸法を考えたアンドルー・ワイルさんと言う方なんですが、この方は私行う施術であるオステオパシーとも関連の深い方なんですよ。

私もその流れでこの方を知ったんですが、この方が書いている本があって、この本はぜひあなたにも読んで頂きたいと思うんです。

とても素晴らしい本なんですよ。

その本がこちらで「癒す心、治る力」という本になります。

この本は人間が本来持っている自然治癒力を最大限引き出すために必要なことが掛かれている本なんですが、健康についてとか、健康を手に入れるための方法についても考え直すことができる素晴らしい一冊ですので、ぜひお時間がある方は読んでみて下さい。

で、こちらの本のAmazonのリンクも下の説明欄に載せておきますので、興味のある方はそちらからご覧ください。

で、今回ご紹介した呼吸法は誰でも実践出来て、簡単なのにとても効果的な方法なんですね。

これを覚えておくだけで今後あなたが辛い時には楽になる事ができますので、ぜひ覚えて頂いて、実践してください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログは下の説明欄のリンクからご覧になってください。

今回の内容が為になったと思って頂けたら、ぜひ高評価ボタンとチャンネル登録をお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
【都城整体】自律神経失調症の4つの原因と治し方!自律神経の乱れによる症状を整える方法とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/T_ZzVuiOiyc

◎アンドルー・ワイル著「癒す心、治る力」
https://amzn.to/34PMNlr

◎ストレスを感じにくいカラダを作る方法!ストレスを緩和する5つの〇〇
https://youtu.be/54WXv1nAtuI

 

まとめ

今回は「【ストレス緩和】誰でもすぐに自律神経が整う20秒呼吸法とは【English sub・全文字幕】」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋