「朝だけ断食」が危険な理由!間違った朝断食のリスクと正しい方法とは

「朝だけ断食」が危険な理由!間違った朝断食のリスクと正しい方法とは

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「「朝だけ断食」が危険な理由!間違った朝断食のリスクと正しい方法とは」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎間違った朝だけ断食のリスクと正しい方法がわかる

✅動画の信頼性
◎ファスティングマイスターと健康美容食育士としての知識と経験から話せる内容

朝だけ断食が危険な理由を知りたくはありませんか?

この動画では、間違った朝だけ断食がダイエットできず、リバウンドして、さらに命の危険まであるというリスクについてと、正しい朝だけ断食「半日ファスティング」についてお伝えします。

簡単に辛くないファスティングをしたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

「朝だけ断食」が危険な理由!間違った朝断食のリスクと正しい方法とは

今回は、「朝だけ断食」が危険な理由についてお伝えしようと思います。

で、朝だけ断食、あるいは朝断食という朝食を摂らないダイエット法があるんですが、これが間違ってしまっているために一時的に痩せてもすぐに急激なリバウンドをしてしまい、前よりも太ってしまう方とか、朝断食を間違うと心臓病など健康的な被害や病気のリスクに直結しますので、とても危険性の高いことなんです。

あなたがこんな経験をしたことがあるのであれば、それが何故なのかと言うと、実は朝だけ断食にはある原則があるんですね。

この原則が守られていないためにあなたは痩せなかったりリバウンドしたり、あるいは体形が崩れてキレイに痩せられなかったり、不健康になってしまったんです。

ちゃんとした朝断食を行えば、とても早く脂肪を燃焼して痩せることができますし、綺麗になりますし、引き締まって若くなるし、そしてとても健康になれますので、ほんの少しのコツ、これだけを知っておく必要があるんです。

これを知らなければ、朝だけ断食は危険ですのでやらないでください!

この動画をご覧いただくことで、朝だけ断食で外してはいけないコツがわかり、痩せて健康な体を作ることができますので、ぜひチェックしてください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットにとても効果的な食事や生活習慣の情報を、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。また、多くの方にこの情報が伝わるように高評価のご協力もお願いします。

朝だけ断食が危険になっている

ということで、「朝だけ断食」が危険な理由についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは朝だけ断食ってしたことありますか?

これは朝の食事を抜くことでダイエットをするという方法なんですが、とても効率よく痩せる方法としてとても有名になり、いま多くの方が実践されているダイエット法なんです。

この方法は私も行っているんですが、そのお手軽さがいいですよね。

何日目はこのメニュー!とか決まってるのは大変じゃないですか。

「はい、あなたは今日は4日目のダイエットメニューになりますので、今日はこのメニューの食事を作って食べてください!」

このように決められたメニューを作るようなダイエットはめんどくさい!という方は多いと思います。

その点でいえば朝だけ断食の場合、朝食を抜くだけですから、とても簡単なんです。

ですからとても多くの方が行っているダイエット法なんですね。

またこの朝だけ断食には別の呼び方があって、それは16時間断食とも呼ばれる方法になります。

1日の中で8時間だけ食べる時間を作って、後の残り16時間は食事を摂らないという方法ですね。

この場合には朝食を摂らなければ朝だけ断食、夕食を摂らなければ夜だけ断食になります。

ですが、間違ったやり方であるためにデメリットの方が大きくなってしまっているんです。

インターミッテント・ファスティングの研究報告

で、それを調べた研究報告があるんですが、これはセレブを中心に人気になっている朝だけ断食、専門用語ではインターミッテント・ファスティングというんですが、この方法が実際にどのような効果があるかを調べた研究で、医学誌のJAMAインターナル・メディシンに掲載された報告になります。

この研究では、肥満の成人が、継続的に1日16時間断食することを継続するため、全ての食事を正午から夜8時までの間に摂るように指示し、3カ月間調査しました。

この時の食事の方法や内容は指示されていませんので、つまり16時間断食を3カ月行ったんですね。

で、その結果どうなったかというと、体重の減少はわずかに0.9キロから1.6キロで、わずかに減っただけだったんです。

さらに、この体重が減少したのは脂肪が減った訳ではなく、ほとんどが筋肉が減ってしまっていたんですね。

具体的には体重減少したうちの約65%が筋肉であり、その減少割合は、普通にダイエットをした場合と比べて倍以上の割合で筋肉が減っていたという事なんです。

体重が減る時には筋肉も一緒に減少してしまうものなんですが、2倍以上というこの研究結果は予想以上に筋肉ばかりが消費されていたので、研究者も驚いたそうなんですね。

筋肉を落とさないダイエットが重要

「え、別に筋肉が落ちてもいいじゃん。」

って、筋肉なんていらないと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、それはとても危険な考えなんですね。

まず、筋肉は寿命に直結します。筋肉が十分にある人の方が寿命が長い事はすでに多くの研究から分かっている事なんですね。

筋肉量が減ってしまうと免疫機能が低下してしまいますので、肺炎や感染症など、様々な病気のリスクが上がってしまいます。

また、血糖値のコントロールが難しくなるため、糖尿病になってしまうリスクも高くなります。

そして、綺麗に痩せたくて朝だけ断食をしている方も多いと思うんですが、筋肉がないと引き締まったカラダと言うのは作れないんですね。

脂肪だけでなく筋肉まで減ってしまったカラダがどういうカラダになるのかと言うと、それはガリガリにやせ細ったような、やつれたように、病気かと疑われてしまうような痩せ方になってしまうんです。

あなたはそんなカラダになりたくてダイエットをするのではないはずですよね?

しかも、筋肉と言うのは基礎代謝の源ですので、筋肉が落ちるという事は基礎代謝がガクンと下がってしまいます。

そうすると、太りやすいカラダになってしまいますのでリバウンドしてしまうんですね。

ですから、筋肉を落とさないようにダイエットをすることが大切な事なんです。

消費されるエネルギーの順番が大切

で、じゃあ朝だけ断食の何がいけないのかと言うと、それは糖質を全く摂らないことなんです。

「えーっ、ダイエットするんだから、糖質は全く摂らない方が良いんじゃないの!?」

そう思うかもしれませんが、糖質を摂らないという事は筋肉をめちゃくちゃ落としてしまうことになるんです。

で、それがなぜなのかなんですが、人間が動くためにはエネルギーが必要で、そのエネルギー源は糖質・脂質・たんぱく質なんですが、エネルギーをどこから使うのか、その優先順位が決められているんですよ。

で、まず最初にエネルギー源になるのは糖質なんです。

ですから糖質は減らさないと、脂肪が消費されていきませんので、痩せることができないんですね。

ですから糖質を減らすことは必要な事です。

ですが、糖質を減らした場合、次に使われるエネルギー源が何かと言うと、筋肉や骨を作っているたんぱく質なんですね。

ですから、糖質が極端に不足すると、脂肪よりも先に筋肉や骨からタンパク質が奪われてしまって、無くなってしまうんです。

そしてタンパク質が不足すると次に使われるのが脂肪なんですね。

ですから朝だけ断食の場合、まったく何も食べないとすると糖質がゼロですので、初めからタンパク質がエネルギー源として使われてしまいます。

糖質:俺ちょっと足りないからエネルギーになれないわー、たんぱく質、代わりにエネルギーになってくれない?あ、脂肪くん、君はいいや待ってて

たんぱく質:じゃあ脂肪くん、先にいってきまーす!

そしてタンパク質が不足してきて、じゃあそろそろ脂肪を消費しようかという時に朝だけ断食が終わって食事を食べる時間になるんですね。

脂肪:よし、入念に準備もできたし、そろそろたんぱく質に代わってエネルギーになろうかなぁ。って、あれー、食事が入ってきた!

糖質:おっ、糖質が十分にあるから、じゃあ俺がエネルギーになるわ!

っていうことで、脂肪を消費する間もなく糖質が使われだしますので、たんぱく質だけが減ってしまって、脂肪は残った状態になるんですよ。

ですから、間違った朝だけ断食の場合には筋肉ばかりが減ってしまって、脂肪はそれほど減らないんです。

これだと危険ですし、綺麗に痩せられないじゃないですか。そしてリバウンドしてしまいますよね?

だから何も摂らないような、水だけ摂っているような断食方法は間違いなんです。

正しい朝だけ断食のやり方とは?

じゃあ正しい朝だけ断食と言うのはどういう方法なのかと言うと、適度な糖質とアミノ酸を摂る事なんです。

糖質が多すぎてはいけませんが、適度な糖質を適切なタイミングで摂ることで筋肉をエネルギーのために分解することなく、そして脂肪を優先してエネルギーに利用してくれるようになるんですね。

また、それでも少なからず筋肉も消費してしまうんですが、それを防ぐのがアミノ酸です。

筋肉が分解され取り出されたたんぱく質は、アミノ酸という物質へとさらに細かく分解されてエネルギー利用されます。

そこでアミノ酸を朝だけ断食の際にあらかじめ摂っておくことで、すでに血液中にはアミノ酸がある状態ですので、筋肉を分解することがなくなるんですね。

ですから、多すぎず少なすぎないように計算された糖質とアミノ酸の摂取、これが朝だけ断食には欠かせないんです。

じゃあ糖質ならなんでもよければ、フルーツとかジュースでもいいんじゃないのって思うかもしれませんが、それでは断食にならないんです。

朝だけ断食というのはダイエットだけでなく、カラダを修復する、健康になるために行うものなんですが、そのためには消化という過程が邪魔になるんですね。

ですのでまとめると、適切な糖質とアミノ酸を消化酵素を使うことなく摂取できる食品、これが朝だけ断食に必要なものになるんです。

で、それが何かというと、専用に作られたファスティングドリンクなんですね。

そしてアミノ酸ですが、それはアミノマキアになります。

これを適切に使うことで筋肉を落とさない、最適な朝だけ断食が行えるんですね。

あなたも自然と痩せていくような、そして健康になっていく朝だけ断食をしたいと思わないでしょうか。

朝だけ断食とても簡単ですし、ちゃんと酵素ドリンクを飲むことで空腹感も無くできて、そして食事の時間が無くなるのでとても便利なんです。

ですからやってみたい方が多いかと思うんですが、この酵素ドリンクとアミノ酸は、ファスティングライフという会社から販売されているんですね。

で、その私がいつも購入している販売元のホームページのリンクをタイトル下の説明欄に張り付けておきますので、もし朝だけ断食にチャレンジしたいという方はぜひ説明欄のリンクからご覧になってみてください。

で、この方法は朝だけ断食という呼び方の他に「半日ファスティング」と呼ばれる方法なんですよ。

朝だけでなく、夜でも行える1食置き換えのファスティングになるんですが、この具体的なやり方については私の別の動画で詳しくお伝えしていますので、同じくしたの説明欄にある動画のリンクからご覧になってください。

で、こういう話をしても、どうしてもあなたの独自の考えでオリジナルのやり方で水だけで断食してみたり、市販の質の低い酵素ドリンクで朝だけ断食にチャレンジしてしまって、そして失敗してしまう方ってとても多いんですね。

しかし、ちゃんと計算されたものでないと正しい効果は得られず、思わないようなリスクがありますので、ぜひちゃんとした方法で行いましょう。

【関連リンク】
◎半日ファスティングのやり方と効果
https://youtu.be/GRZNrHCdNYI

◎ファスティング専用ドリンク「MANA酵素」
http://general.shop-pro.jp/?pid=135313776

◎ファスティングとは
https://www.youtube.com/watch?v=q5HMupiiCec&list=PL1Eijt6K2-ycPt_OQ0r64xuyMdVRMTn_W

 

まとめ

今回は「「朝だけ断食」が危険な理由!間違った朝断食のリスクと正しい方法とは」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。