【危険な油】亜麻仁油マヨネーズは買わないで!実は健康じゃない危険な罠とは

【危険な油】亜麻仁油マヨネーズは買わないで!実は健康じゃない危険な罠とは

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【危険な油】亜麻仁油マヨネーズは買わないで!実は健康じゃない危険な罠とは」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎亜麻仁油マヨネーズの隠れた危険性がわかる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

亜麻仁油マヨネーズの隠れた危険性を知りたくはありませんか?

今回は、最近使う方が増えてきた便利な「亜麻仁油入りマヨネーズ」が健康そうなイメージの裏に隠された危険性がある事をお伝えします。

亜麻仁油マヨを使っている方、興味がある方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【危険な油】亜麻仁油マヨネーズは買わないで!実は健康じゃない危険な罠とは

今回は、亜麻仁油マヨネーズは買わないで!ということについてお伝えしたいと思います。

で、あなたは亜麻仁油マヨネーズって買ってはいないでしょうか。

「亜麻仁油って痩せるし綺麗になるし、血液もサラサラになって健康になるって聞いたからぜひ取りたい!けど、亜麻仁油を料理に使ってわざわざ取るにはちょっと面倒くさいな。」

そんな方に便利なのが、亜麻仁油マヨネーズです。

何と言ってもマヨネーズだから色んなものにかけるだけで簡単だし、にすでに亜麻仁油が入っているんですから、これならお手軽に亜麻仁油が取れて綺麗に健康になれる!って思いますよね。

ですが、そう上手くいかない理由があるんです。

実は亜麻仁油入りマヨネーズには逆に不健康になってしまう理由があるんですね。

そこで今回は、なぜ亜麻仁油マヨネーズを買ってはいけないのかという理由と、逆にこれであれば本当におススメできる亜麻仁油マヨネーズをご紹介しますので、ぜひ最後まで動画をご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

ということで、亜麻仁油マヨネーズは買わないで!ということについてお伝えしたいと思います。

亜麻仁油は難しい!

で、亜麻仁油って取り方がまあまあ難しいところはあるんですよ。

加熱できませんので揚げ物とか炒め物とかの加熱料理にはまず使えないですし、お味噌汁などの出来立て熱々の状態にはかけられませんので、取り方が難しいというところはあるんですよね。

ですから、出来たお料理に後からかけることができるマヨネーズinというのは素晴らしい発想だと思います。

酸化しやすいという問題

ただ、これを製品化するのはちょっと難しい問題があるんです。

では何がいけないのかなんですが、それは「油の酸化」なんですね。

これが亜麻仁油の最も注意すべき点であり、リスクになってしまう部分なんですが、亜麻仁油マヨネーズはすでに酸化してしまっている可能性が高いんです。

「油の酸化」とは、空気中の酸素と油が結合して起こす反応のことです。

油は酸化が進むと分解が起こり、様々な物質が発生します。

これらの物質が、油の色が悪くなったり嫌なニオイがしたりという、いわゆる「油の劣化」の原因となります。

亜麻仁油と言うのは健康に美容に素晴らしい効果があるんですが、非常に酸化しやすい油なんです。

酸化してしまった油は嫌なニオイや味に変わるだけでなく、リスクもあります。

酸化してしまった油は、過酸化脂質という危険な油に変化します。

この過酸化脂質は様々な危険性があって、まず細胞を傷つけてしまうという特徴があることです。

私たちの身体は37兆個ものたくさんの細胞から全て作られていますので、この細胞が傷つけられるということは、全身的に様々な影響が出てしまいます。

まず、肌の細胞が傷つけられるとシミやシワ、たるみなどの肌の劣化を作ってしまいますし、髪の細胞が傷つくとハリやコシが失われますので、見た目の老化が進んでしまいます。

また、血管内にあるLDLコレステロール、悪玉コレステロールが変化してできた過酸化脂質は動脈硬化の原因になってしまいます。

この過酸化脂質は血管の壁を傷つけて、そして傷から血管の壁の中に侵入し、血管の壁を内側に盛り上がらせてしまって血管を狭くしていってしまいます。

これが動脈硬化で、こうなると血管は詰まりやすく、そして脆くなってしまうんですね。

動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞、ガンを作ってしまう原因になってしまいますので、いずれ病気になるリスクを上げてしまう恐ろしい状態なんです。

ですから過酸化脂質は見た目を早く老けさせてしまいますし、体内も老けさせて病気を作りやすいカラダに変化させてしまうんです。

ですので、酸化しやすい油である亜麻仁油は扱いに注意が必要で、製品化されている亜麻仁油のうち信頼できる会社から販売されている亜麻仁油は、この酸化にとても気を使っています。

油が酸化する条件

油を酸化させてしまう条件は、高温にする、長時間酸素に触れる、光に当たる、という3つです。

ですから亜麻仁油はちゃんとした製品であればこの点について注意して作られています。

まず高温にしないために、亜麻仁油は50度以上から酸化が始まってしまいますので低温圧搾という低い温度で油を搾る方法が取られています。

私がおススメしているこの亜麻仁油であれば、30度以下と言う超低温圧搾をしているくらい気を使っています。

そして長時間酸素に触れさせてもいけませんので、ボトルの中は酸素を抜くために窒素を充填しているんですね。

また、ボトルからの酸素の浸透も防ぐために高密度ポリエチレンという素材を使っているほど、かなり気を使っています。

そして光に当たっても酸化していってしまいますので、ちゃんとした亜麻仁油はこのように黒いボトル、遮光ボトルが使われています。

これによって光を通さず、酸化をできるだけ防ぐように製品化されているんですね。

亜麻仁油マヨネーズの問題点と危険性

という事で、このような亜麻仁油と比べて亜麻仁油マヨネーズの場合はどうでしょうか。

マヨネーズの容器は薄いプラスチックボトルですよね。

これで酸素の浸透を防ぐことができるのかというとかなり難しいですし、光を防ぐ遮光ボトルにもなっていません。

また、圧搾方法も低温圧搾という記載もありませんので、高温で圧搾されてすでに酸化してしまっている油を使っている危険性もあるんですね。

ですから、酸化と言う部分ではかなり不安と言うか、危険性が高いものになります。

また、製品化されている亜麻仁油マヨネーズは食品添加物を始めとして取りたくない物質も入っているため余計なリスクを増やします。

さらに亜麻仁油マヨネーズには亜麻仁油だけではなくて菜種油とか大豆油も使われている製品が多いんです。

亜麻仁油を取る事でなんで血液がサラサラになり、そしてダイエットになったり綺麗に健康になれるかと言うと、日頃の食事でオメガ6脂肪酸を取る事が多いから亜麻仁油のオメガ3脂肪酸を取る事で油のバランスを取り戻すため、なんですよね。

しかしオメガ6脂肪酸の多い他の油も一緒に入れてしまったら、これはプラスマイナスゼロか、もしくはマイナス面の方が多いという事にもなってしまいます。

で、1日にどのくらいの量のオメガ3脂肪酸を取ったら良いかと言うと1日に亜麻仁油を15g程度なんですが、この亜麻仁油のうち約60%がオメガ3脂肪酸ですので、1日に9gのオメガ3脂肪酸を取る事ができます。

ですが亜麻仁油マヨネーズだと15g中に2.6gしか入っていませんので、これだけで十分にオメガ3脂肪酸を取れるかと言うと微妙ですし、反対にオメガ6脂肪酸も取っているわけですから、逆効果である可能性さえあります。

ですから、亜麻仁油マヨネーズは買わないでください、という訳なんですね。

亜麻仁油マヨネーズは良いんだけど…

ですが、最初にお伝えしたように亜麻仁油をマヨネーズにしてしまうのはとてもいいアイディアなんですよ。

これがちゃんとした製品であればいいんですけどね。

例えばちゃんと低温圧搾で作られていて、酸素を通さないボトルで、光を通さない遮光ボトルになっていて、そして他の油を使わずに亜麻仁油だけで作られて、食品添加物などを使わない、そんな亜麻仁油マヨネーズが理想なんです。

まあですが私が探した中ではそんな製品はありませんでした。

亜麻仁油マヨネーズは作りましょう!

ですが、どうしても亜麻仁油が入ったマヨネーズを使いたい、そんな方には自分で作ってしまうのがおススメです。

「えーっ、マヨネーズを自分で作れるの?もし作れるとしてもめんどくさそう!」

なんて思われるかもしれませんが、マヨネーズって結構簡単に作れるんですよ。

しかも味の調整も自分好みに簡単にできますので、かなりおススメです。

自分で亜麻仁油マヨネーズを作ってしまえば食費添加物は使わないですし、取りたくないものを入れられている危険性もないですよね。

しかもあなたが信頼できる亜麻仁油を使って頂く事で安心して取って頂くことができます。

ですので、ぜひ一度でもあなた自身で亜麻仁油マヨネーズを作ってみて下さい。

で、実際に亜麻仁油を使ってマヨネーズを作る方法については別の動画で詳しくお伝えしていますので、後でそちらの動画もご覧になってください。

こちらの動画の場合には卵を使わないで豆乳を使った、さらに健康的に美容的に優れたマヨネーズの作り方をご紹介しています。

私も実際に豆乳を使った亜麻仁油マヨネーズを作っていますが、結構おいしくておススメですよ。

で、亜麻仁油マヨネーズは今の段階ではまだ信頼して使えるものがありませんので、亜麻仁油自体でオメガ3脂肪酸を取って頂くか、あるいは自分で作るようにしましょう。

ただ、亜麻仁油マヨネーズじゃなければ取るのは面倒だからやーめた!と投げ出すのではなくて、これは健康的にも必要な物ですから、ちゃんと毎日とれるように頑張りましょう。

【関連リンク】
◎3分で簡単マヨ!美味しいのにカロリーオフ「豆乳マヨネーズ」の作り方レシピ
https://youtu.be/T2-X8ofEBrc

◎【実験つき】マヨネーズはカロリーハーフを選ばないで!ハーフに隠された2つの罠と選び方
https://youtu.be/cougw5pn4w4

 

まとめ

今回は「【危険な油】亜麻仁油マヨネーズは買わないで!実は健康じゃない危険な罠とは」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。