【痛風治し方】痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法とは

【痛風治し方】痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法とは

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【痛風治し方】痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法とは」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法がわかる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法を知りたくはありませんか?

今回は研究の結果から分かった、痛風を発症することに深く関わっている4つの要因と、効果的に予防する方法をお伝えします。

痛風でお困りの方、何度も繰り返している方、痛風を予防したい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【痛風治し方】痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法とは

今回は、痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは痛風を治したいとか、痛風になりたくないと考えてはいないでしょうか。

痛風になってしまうと「風に当たるだけで痛い」と言われるほどですから、本当に辛い思いをしてしまうんですね。

ですから、今のうちに予防したり、もし今すでに痛風になってしまっているなら治す努力をする必要があるんです。

そこで今回は、痛風の原因になってしまう4つの原因と、対策をすることで発症リスクを77%も低下させてくれる方法をお伝えしますので、ぜひ最後までご覧頂きたいと思います。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

ということで、痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法についてお伝えしたいと思います。

痛風とは

で、痛風と言うのはある日突然現れる足の親指などの関節が腫れて激痛が起こる男性に多い病気です。

この症状は突発的に起こり、2~3日は歩けないほどの痛みが続くものなんですね。

その後、痛みは徐々に引いていきますが、正しい対策を行っていないとずっと原因を抱えたままという事になりますので、何度も同じような激痛の発作が起こってしまいますし、原因はどんどん悪化していきますから、発作が起きるたびに酷くなっていくというとても恐ろしいものなんです。

痛風の原因物質①

この痛風を引き起こす直接の原因には尿酸が関わっています。

この尿酸という物質が血液中に多いと高尿酸血症という病気になります。

尿酸は体の新陳代謝を行う際に出てくる老廃物で、通常であればカラダの外に排出されてそれほど高濃度になる事は無いんですが、何かしらの原因でこの排出が上手くいかないと高尿酸血症となってしまいます。

尿酸が高くても自覚症状がないことから発見が遅れてしまうんですが、余分に増えすぎた尿酸は関節の組織で結晶化して免疫細胞を刺激し、炎症を起こして痛風の症状を作っています。

ですから、この尿酸値を上げないという対策が必要なんですね

痛風の原因物質②

で、一般的に言われている痛風の原因としてプリン体があります。

例えばビールとかホルモンなどにこのプリン体が多く、これらをよく取る方は痛風になりやすいと言いますよね。

またこれ以外にも、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ、カロリーの取り過ぎ、動物性食品の取り過ぎ、運動不足なども危険要因となります。

なんですが、もちろんこれらを全て守って対策をして頂ければ痛風は改善していくんですよ。

ですが、今回は研究の結果からどの要因が特に痛風を起こす原因を作っているのか、割合的に影響が大きい物はどれか、そしてそれを踏まえた改善のための対策と期待できる効果が分かりましたので、お伝えしたいと思います。

痛風と4つの要因に関する研究報告

この研究を行ったのはボストンのマサチューセッツ総合病院で、今までに痛風を発症したことがない男性、44654人を対象として26年間追跡調査を行っています。

で、この26年間の追跡期間中に、約3.9%となる1741人が痛風を発症しました。

で、この研究では痛風発作の原因となる4つの危険因子を挙げています。

それがBMI、食生活、アルコール、利尿薬の使用です。

これらの参加者にはこの4つの危険要因についてアンケート調査を行い、痛風を発症した方との検討を行ったんですね。

その結果、この4つの危険因子の中で最もリスク要因となったのはBMIでした。

BMIが23未満の方、つまりやせ型や普通体重の方に比べて、BMIが23以上25未満の方ではリスクが1.29倍、25以上30未満なら1.90倍、30以上なら2.65倍と、肥満度が上がるにつれてどんどんリスクが上昇していくことが分かったんですね。

ですからダイエットをする必要性はとても高いんです。

そしてアルコールの量との比較ですが、これは純粋なアルコール量で比例関係が見つかりました。

特にビールがダメとか蒸留酒なら良いとかそういうわけではなく、アルコール量が問題だったんですね。

で、アルコールを全く摂らない方に比べて、1日に摂取する純粋なアルコール量が5gから10gの方、これはビールであれば125mlから250mlですので、350ml缶の3分の1から3分の2ほどの量の方になります。

この方ではリスクが1.2倍、そして10gから30gの方、これはビールでは250mlから750mlの方ですので、350mlのビール3分の2から1本半ほどの量になります。

この方ではリスク1.57倍、そして30g以上の方、つまりビールなら1本半以上飲む方ではリスク2.1倍となりました。

これくらいなら飲んでいる方はかなり多いと思いますので、アルコールはやはり控えた方がいいですね。

そして食事ですが、これは健康的な食事として世界的に有名なダッシュ食が行えているかで比較しています。

これは高血圧を改善することにとても効果的な食事で、塩分やカロリーを控えて野菜や大豆製品、海藻類を沢山とるといった食事が中心となるものですね。

この食事を取る事を推奨して、対象者がどのくらいの割合でこの食事を守れたかで評価を行っています。

で、この食事を8割以下しか守れなかった方では変化がなかったんですが、8割から完璧にこの食事を守れていた方では、26%のリスク低下が見られました。

ですから、痛風を治したいのであれば食生活はこのDASH食に寄せていく必要がありますね。

で、DASH食の詳しい取り方については別の動画、「高血圧改善には健康食ランキング1位の食事法」で詳しくお伝えしていますので、あとで下の説明欄のリンクからご覧になってください。

そして利尿薬の服用ですが、利尿薬というのは尿の排泄を促し、尿をどんどん出しやすくするお薬です。

これは、尿を出してカラダの塩分を減らすことで血管内の血液量を低下させて血圧を下げるという、高血圧症の薬として出されることが多いクスリなんですね。

しかし利尿剤を使用すると尿酸の排泄が低下してしまいますので、痛風のリスクが上がってしまうんです。

この利尿薬を使用している方の場合、痛風のリスクは2.1倍も高くなってしまう事が分かりました。

ですから、これら4つの要因に対して対策を行うことで痛風のリスクを大きく減らすことができるんです。

そして、これらの要因は組み合わせによってより大きく痛風のリスクを減らしてくれます。

1つだけ改善するよりも、複数改善した方が効果がとても大きいんですね。

で、まずこの4つの要因のうち2つを改善する場合です。

まず肥満を解消してBMIが25未満になり、そして飲酒をやめた場合、つまり普通体重以下になって飲酒しない方の場合には、痛風のリスクは46%低下します。

または、普通体重以下で、なおかつDASH食をほぼ完ぺきに守れた場合には35%リスクが低下します。

そしてこの4つのうち3つを改善する場合。

まず体重を普通体重以下にして、飲酒をせず、DASH食をほぼ完ぺきに守れた場合には、痛風のリスクは69%も低下するんですね。

そしてこの4つの要因を全て守れた場合、ですから3つの要因からさらに利尿薬を使わないで良くなった場合には、痛風のリスクが77%も低下することが分かったんです。

ですから、最大77%もリスクを低下させますので、これらを気を付ければまあ痛風は発症しないでしょうし、確実に改善し、治っていくと思います。

ただ、肥満だけは関連度がとても高いですので解消しなければ改善が期待できないという事も分かっていますので、痛風を改善したければまずは痩せることが必須となりそうです。

ですので、いま痛風で困っている方、これから痛風になりたくない方は、ぜひこれらの対策を行いましょう。

ダイエットを始めるならファスティング

また、ダイエットをしたいけどなかなか痩せられないという方、特に食べる量が減らせないとか、何かの食べ物が好きすぎて辞められない、例えばラーメンとかカレーや丼もの、お菓子やアイス、ジュース、お酒などやめられない物がある方はファスティングがおススメです。

ファスティングは断食する事ですが、いまは専用の酵素ドリンクを使うことでほとんどお腹は空かないですし、ファスティングの期間中に食べ物や飲み物に対する依存を無くすことができますので、ファスティング自体でも痩せて、そしてファスティングの後も痩せ続けられるという凄いダイエット法なんですね。

ですから思い切ってダイエットを成功させたいとか、ダイエットに失敗してしまった経験のある方はぜひファスティングにチャレンジしませんか?

で、ファスティングの効果ややり方については別の動画がありますし、私がサポートを行う初心者でも安心のファスティングサポートは下の説明欄にリンクがありますので、そちらからご覧になって下さい。

で、痛風はものすごい激痛ですので多くの方が苦しめられていますし、なかなか改善することができない辛い病気なんですね。

治すだけでなくこれから発症しないためにも、ぜひ早い内に今回の対策を行いましょう。

【関連リンク】
◎まごわやさしい食事について
https://youtu.be/fRtIrOZ4Ggo

◎【初心者用3日断食】3日間ファスティングの正しいやり方と効果・効能とは【前編】
https://youtu.be/CBe9w-zgE8s

◎高血圧改善には健康食ランキング1位の食事法!血圧を下げる最適レシピ
https://youtu.be/vqkGY7J3mZw

 

まとめ

今回は「【痛風治し方】痛風の発症リスクを77%低下させる4つの方法とは」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。