【警告】特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5

【警告】特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【警告】特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎今すぐやめるべき特に危険な食品が分かる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

できれば今すぐやめたい危険性の高い食品を知りたくはありませんか?

この動画では、食品添加物の使用量や種類が多く、とても危険な食品についてランキング形式でワースト5までお伝えします。

痛みや不調のあるカラダではなく健康な体を作りたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【警告】特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5

今回は、特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5をお伝えしたいと思います。

で、いまスーパーとかコンビニとか、あらゆるところで色んな食べ物が選び放題の状態ですよね。

食べ物を買いたいけど買えない、そんなことはまずないような、飽食の時代です。

しかし、ちゃんと買うものは選んで頂かないと、あなたがいま食べようとしているその食べ物には、実は有害な食品添加物が大量に使われているかもしれないんです。

そして、それを知らずに食べ続けていった結果、将来あなたのカラダに不調が現れたり、がんなどの病気になったり、子どもの奇形までも作ってしまう危険性だってあるんですね。

これってとても怖い事だと思いませんか?そうですよね。

誰だって例えば痛みとか、めまいとか、だるさとか、眠気などの不調は起きて欲しくないですし、病気にだってなりたくない。

そしてお子さんが生まれて奇形があったら悔やんでも悔やみきれないと思います。

ですので、今回はそんな特に危険性が高いと思われる食品をランキング形式で5つお伝えしますので、ぜひご覧頂いて今日から摂る事を控えるようにして頂きたいと思います。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

摂っていませんか?食品添加物

ということで、特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5をお伝えしたいと思います。

で、あなたは食品添加物って知っていますか?そして避けるように努力をしているでしょうか。

まぁこのチャンネルをいつもご覧頂いている方であれば、ある程度は気を付けている方が多いと思いますが、日本人の多くの人は、

「食品添加物ってなに?なんかカラダに悪いの?何に入ってるのかよく知らない」

という方の方が多いのが現状なんですね。

しかし、食品添加物の中には危険性が指摘されているものがあって、

例えば発がん性があると言われている添加物はとても多いですし、アトピーなどの酷いアレルギー症状を出したり、他にも腎臓や肝臓に負担が掛かってしまい、働きを低下させてしまうだとか、白血病の原因になってしまうとか、骨粗しょう症になって骨がスカスカになってしまったり、不妊症になってお子さんができなかったり、お子さんを奇形にしてしまったり、脳の機能を低下させて精神障害を作ってしまうなど、本当に恐ろしい、そして様々な種類の危険性が指摘されているんです。

また、特に日本は食品添加物のルールが甘いですので、外国では危険とされている食品添加物も日本では使えてしまったり、外国から輸入する際に、その国では使用が禁止されているものでも、日本に輸出するものには使えてしまうなど、外交的な弱さもあって日本にはとても危険だと思われる食品添加物が使われた食品がありふれているんです。

ですが、日本はこのような危険な添加物から日本人を守るという努力が薄くて、あなた自身が知識を身につけて食品を選ぶ必要があるんですね。

ですので、今回の動画はその初級編と言うか、この5つの食品は当然ながらめちゃくちゃ危険ですので、うっすら危険性を知っていながらもなあなあで摂ってしまっていた今までのようにではなく、今日からできるだけ避けられるように、今回の動画は最後までご覧頂きたいと思います。

では早速始めていこうと思います。

今回は悪い食品順に、ワーストランキングと言う形を取らせて頂きましたが、ただ単に食品添加物の種類が多いとか量が多いとか、その比較をするのはメーカーが明らかにしていない情報が多すぎて不確定すぎるんですね。

ですので、よく摂りやすいものであるとか、実は食品添加物が多いと気づかないような食品が上位になるように考えてランキング付けさせて頂きました。

第5位 加工肉

という事で早速始めたいと思いますが、食品添加物の多い危険な食品の第5位は、加工肉です。

まずはこれかなと思いますね。
加工肉と言うのはハムやベーコン、ソーセージなどのことなんですが、これらの食品には約800もの論文から危険性が高いことが指摘されているんです。

この加工肉の高い危険性は世界が認識していることで、世界保健機関WHOの専門組織である、国際がん研究所からは2015年に、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対して発がん性がある」物質に指定したんです。

この評価は最も危険性が高いGroup1というもので、確実ながんリスクがあるということを発表したんです。

そしてこの発表では、加工肉の摂取量が多いほどガンになってしまうリスクが高いとしていて、できるだけ摂取量を減らすことを促しているんですね。

加工肉には他にも、サラミ、コンビーフ、ジャーキー類、ホットドッグ、缶詰肉、肉ベースのソースなどがありますので、結構私たちの生活にも沢山使われている食品になります。

ですので、まずはこの加工肉は避ける必要がありますので、第5位にしました。

第4位 コンビニ食品

そして食品添加物の多い危険な食品の第4位は、コンビニ食品です。

コンビニ食品と言っても種類が多くて、もちろん食品添加物が使われていないものもありますが、結構沢山使われている物の方が圧倒的に多いです。

例えばおにぎりとかお弁当、パンやお惣菜、スイーツやお菓子類など、これらのほぼ全てで食品添加物が使われているんですね。

もちろんこれらに使われている食品添加物は、保存性を良くしてコンビニに常に商品を揃えるための工夫ではあるんですが、じゃあ便利だからと言って毎日摂っていると確実に食品添加物の摂りすぎになってしまいますので、できるだけ避ける努力というのは必要ですね。

また、コンビニのレジ前に置いてあるから揚げとかおでんとか中華まんとか、このようなホットスナック食品にはどのような食品添加物がどのくらいの量使われているのか確認する手段が無く、そして使っている食品添加物の種類も量も多くて、とても危険性が高いですので率先して避けて頂きたいと思います。

そして添加物以外の危険性として、コンビニ食品はどうしても糖質と脂質ばかりが多くなりすぎて、たんぱく質とビタミン・ミネラルが不足してしまいます。

ですので、ちゃんと食べているのに体調が悪くなってしまう、新型栄養失調になりやすいので、コンビニ食品を毎日食べている方で体調不良がある方は新型栄養失調の可能性も考えた方がいいです。

第3位 インスタント食品

そして食品添加物の多い危険な食品の第3位は、インスタント食品です。

インスタント食品って食べることがありますか?

これはカップラーメンとか袋麺とか、カップ焼きそばだったり、カレーのご飯だったりと色んな種類がありますが、このような即席でお湯だけで作れるような食べ物になります。

このような食品って、明らかにおかしいんですよ。

例えばカップラーメンがあったとして、あんなにガチガチに固まった麺がお湯でたった3分で食べごろに柔らかくなるとか、ラーメンの複雑な味を粉末スープだけで作るとか、まぁおかしいんですよね。

ですので、インスタント食品は例外なく食品添加物の使用量も、使っている種類も大変なことになってしまっています。

また、インスタント食品で取れる栄養素は糖質と脂質、ほぼこれだけです。

雰囲気だけ出すくらいでネギが入っていたり、お肉が入っていることもありますが、もちろんあんな程度じゃ全く足りてないですよね。

ですから、インスタント食品ももれなく栄養不足になってしまいますので、いますでに何かしらの体調不良のある方は新型栄養失調を疑ってください。

途中で不安になりました

あの、途中なんですけど、あなたは食品添加物を摂りすぎていたり、栄養不足が進んだらどうなると思っていますか?

最近けっこう怖いなって思ってるのが、食品添加物を摂りすぎても70歳くらいまでは病気にはならないだろうって考えている方や、いきなり倒れたりはしないだろうなんて考えてる方が多いんですよ。

そして、そのような重大な状態、重症な状態になるまでは何も症状のない身体で動けるだろうなんて考えている方が多いんですよね。

しかし今、昔と比べてかなり若くで発症している方が多くなっていますよね。

早い方は40代で脳梗塞になったり、糖尿病になったり、結構早い年齢で大変な病気になってしまっている方が増えています。

これは、昔に比べて今の方は食生活が酷くなりすぎていることも大きな要因です。

まあ40代の方は分かると思うんですが、あなたが小さいころ、毎日どんな食事をしていたか考えてみて下さい。

昔はコンビニなんてなかったですので、食事は手造りの方が今よりは多かったんですよね。

そしてそれよりももっと前では、さらに手作りのご飯を食べていた方が多いはずです。

しかし今は時代が違いますので、コンビニ食、ファーストフード、外食、テイクアウト、様々な危険の中で自然と食事も悪くなっています。

ですので、以前までは病気は70代からなんて考えられてましたが、いまは違うんですよ。

若くても大変な病気になる方がとても多くなっているんですね。

ですので、年を取らないと病気にはならないと言うのは考えが甘すぎると思います。

また、病気になるまでは何も症状がないと考えている方も多いんですが、そんなことはないです。

悪い食事、摂らない方がいい物を摂っていると徐々に内臓が弱っていきますので、それに伴って様々な症状がでてきます。

例えば肩こりや腰痛などの関節痛、頭痛、眠気、だるさ、吐き気、めまい、うつ病の発症、謎の高熱、不安や焦り、更年期症状などなど、実に様々な症状を出してしまって、あなたの毎日を大きく侵害し、仕事ができなくなったり、家事ができなくなったりなど、本当に困っている方が増えているんです。

ですので、甘く考えずに本当に今すぐにでも食事を変える努力をして頂きたいと思います。

という事でちょっと酷い食事状況への私の想いが話をそれさせてしまいましたが、続きに行きましょう。

第2位 外食

食品添加物の多い危険な食品の第2位は、外食です。

外食と言うと広い言い方になりますが、例えばレストランとか、和食処とか、ラーメンとか中華、あるいはテイクアウトのお弁当屋さんとかファーストフードもありますが、もうこれらを分けずに広い意味で外で買った食事という枠組みにしました。

で、こう言うと「外食でも食品添加物を使っていないお店もあるでしょー!」というご意見もあるかと思いますが、外食系で食品添加物を使っていないお店って、ごくわずかなんですよ。
まぁ20軒に1軒とか、それ以上かもしれないくらい少ないんですよね。

しかも、無添加を謳っているお店であったとしてもキャリーオーバーとか、あるいはギリギリ食品添加物には分類されていないだけで危険性のあるものを使っているお店ばかりですので、まぁ外食はねー、無理ですよ。

とても健康的に良い食事というのは無いです。

全くそういうお店が無いというのは違うと言われるかもしれませんが、まぁそういうお店に出会う確率から考えると、全くそういうお店が無いと言った方が、私は多くの方が結果的に幸せになれると思います。

ですので、外食はたまに、が良いですね。

第1位 菓子パン

食品添加物の多い危険な食品の第1位は、菓子パンです。

菓子パンはとても多くの方が“食べてしまっている”ものなんですね。

もちろん食品添加物の使用もエグいんですが、そんなに危険じゃないと思っている方がほとんどで、また知っていても菓子パンが好きすぎて離れられない方も多いですので、今回は1位にしました。

まぁここでは分かり易いように、そして最も被害の大きい菓子パンにしましたが、食パンやお総菜パンも同じように危険性が高いですので、そのつもりでご覧ください。

で、あなたも菓子パンって食べることがあるんじゃないですか?

菓子パン、まぁいわゆるパンですが、パンってそんなに健康的に悪い物じゃないって考えている方が多いんですね。

しかしそのイメージとはうらはらに、結構ヤバい食品だなって思います。

で、パンって食品添加物結構使っていて、食パンでさえも10種類以上含まれているものも多いですし、菓子パンお総菜パンになると30種類を超えることもあるんですね。
ですからパンというだけで食品添加物がかなり多い食べ物なんです。

そして、そんな危険性のあるパン、その中でも危険性が高い物があります。

例えば、乳化剤や甘味料、増粘多糖類、香料、着色料、膨張剤、などはよく聞く食品添加物なんです。

で、食品添加物はそれぞれいろんな危険性があることが分かっていますが、それは以前の動画でもお伝えしていますので、今回は特に危険性のある臭素酸カリウムについてお伝えします。

臭素酸カリウムというのは食品添加物の1つで、有毒であり、遺伝毒性発がん物質である、つまり遺伝子の突然変異による異常を招いてしまい、ガンを発生させてしまう危険性があると指摘されています。

その高い危険性から、EU諸国やイギリス、ドイツ、カナダ、中国、さらに他の多くの国で使用が禁止または制限されています。

しかし日本では臭素酸カリウムを使用しても、最終的な製品に残っていなければよいというルールとして禁止してはいないため、現在も多くの製品に使われています。

また、パンにはイーストフードの問題もあります。

イーストフードとは、その名の通りイースト菌の食べ物、餌という意味で、小麦粉を発酵させる際に働くイースト菌の餌となることでイースト菌の働きを活発にして、短時間で大量のパンを作る事を可能にしています。

イーストフードは、こういう名前の食品添加物ではなく、15種類の合成添加物と1種類の天然添加物、それらの添加物をメーカーの好みで5~6種類くらい使っているのがほとんどです。

しかし、原材料欄にはどの食品添加物を使用したかは記載する必要がなく、ただ一つだけ「イーストフード」と記載すれば良いことになっています。

イーストフードにはどの食品添加物が使われているか分かりませんが、嘔吐や昏睡を起こす危険性のある塩化アンモニウムや、骨粗しょう症や心筋梗塞を起こす危険性のあるリン酸塩なども含まれています。

ですので、多くの種類を使っているほど危険なものが食品添加物なんですが、パンはそれだけで食品添加物の種類が多彩ですので、結構危険性の高い食品なんですね。

また、パンにはトランス脂肪酸という物質も入っています。

トランス脂肪酸というのは自然界にほとんど存在しない脂質のことで、摂取することで様々な健康被害を招きます。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品は、マーガリンやファストスプレッド、ショートニング、サラダ油などですが、菓子パンにはこれらの食品が非常に多く使用されているんですね。
ですから大量のトランス脂肪酸をとることによる健康被害もあるんです。

ですから、パンというのはできるだけ摂らないようにして頂いて、やっぱり健康のためにはご飯の方がいいんですよね。

ということで、食品添加物の多くて危険な食品を5つご紹介させて頂きましたが、あなたも食べてしまっているものが結構入っていなかったですか?

もしもこういう食品が多かったら、できるだけ減らせるように頑張った方が、例えば痛みとか不調が起きにくくなりますし、もしある方は改善する可能性もあります。

そして将来、病気で入退院を繰り返してとか、苦労することも、あなたを介護する家族に苦労を掛けることも無くなりますので、メリットが大きいんですよね。
ですから今日から少しづつ減らせる努力をしましょう。

で、食品添加物というのは完全に避けるのは難しいんですが、だからといって摂りすぎは危険が大きいと私は思います。

ですので、あなたなりにできるだけ減らせるように頑張って頂ければ良いと思いますので、まったく気を付けてませんということはないように、少しづつ努力しましょう。

【関連リンク】
◎食品添加物のワーストランキングと危険性【健康生活】
https://youtu.be/YyCRIv5vw6I◎コンビニ食品の食品添加物ワーストランキング【危険性 ワースト7】
https://youtu.be/QfLYWiWi_vc

◎食品添加物とは?危険性とデトックスの方法【健康生活】
https://youtu.be/NlBRYnUqiq4

 

まとめ

今回は「【警告】特に食品添加物の使用が多い危険な食品ランキングワースト5」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。