頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響とは【脳の症状】

脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響とは【脳の症状】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

睡眠不足が脳を壊し寿命まで短くする理由を知りたくはありませんか?

今回は研究の結果から分かった、脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響についてお伝えします。

病気や死亡リスクが高くなる睡眠不足になりたくない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響

どうも、健康生活チャンネルの蛯原孝洋です。

今回は脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響についてお伝えしたいと思います。

で、睡眠というのは人間に必須のもの、それはあなたも知っていますよね?人間は4日寝ないと死んでしまうと言われていますが、長期的にみても寝不足が続いただけで寿命が短くなってしまったり、死亡リスクだけじゃなくて病気のリスクや体調不良、精神的な症状などに繋がるとても重要な行動なんですね。

そこで今回は、睡眠の重要性と対策について、睡眠不足が脳と身体を破壊してしまう危険性があるのか、実際に私たちの生活にどのような悪影響があるのかをお伝えします。

睡眠不足であるとか睡眠の質が低いという方は今後一生に関わる重要な情報ですから、必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、今より1歩健康になりたい方は今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

睡眠時間が短くなっている

で、私たちのカラダは、寝ている間にカラダの修復を行うため、健康になりたい方にとって十分な睡眠時間はとても、とっても大事な事なんですね。

しかし、私の整体院へ来て頂いている方には必ず睡眠時間がどれくらい取れているのかという質問をさせていただくんですが結構短い方が多いんですよね。

例えば仕事が忙しくて夜中の1時に寝て、朝6時に起きるから睡眠時間は5時間とか、酷い方の場合には夜中までずっとネットフリックスとかの動画配信サービスを見ていて、毎日の睡眠時間が4時間というめちゃくちゃ短い方もいらっしゃって、これはとても怖い事だなと思って動画を撮る事にしました。

理想的な睡眠時間

で、睡眠の重要性について睡眠研究の第一人者である、カリフォルニア大学サンディエゴ校のDaniel Kripke(ダニエル・クリプキ)教授による最新の研究では、理想的な睡眠時間は、6時間半から7時間半と言われているんですね。

睡眠不足というのは、健康にとって最悪の敵と呼べるほどカラダに悪いものなんです。

睡眠不足は眠りの「借金」

睡眠が足りていないことを通常は睡眠不足と言いますが、専門用語では「睡眠負債」と呼ぶんです。

つまり、「眠りの借金」なんですね。

睡眠が足りていないのは借金と同様で、いずれ負債が溜まっていくと脳とカラダが「自己破産」するようにバランスを崩して一気に健康を害してしまいます。

例えば、突然病気になってしまったり、うつ病になってしまったり、自律神経の症状が出てきてしまうなど、このような対策も難しいような大変な状態になってしまうんですよ。

睡眠不足のツケは突然

しかも恐ろしいのは、このような状態は突然やってくることなんですね。

私の整体院に来られる方には自律神経症状でお悩みの方も来られることが多いんですが、その多くの方、ほとんどの方は突然症状が出てきたとおっしゃってましたね。

また脳や心臓の病気も突然ですよね。

そしてうつ病も本人が気づかないうちにとても重度になってしまうものなんですよ。

これが、徐々に徐々に体調が悪くなるならまだ危険性が分かるじゃないですか。

例えば脳血管障害であれば、徐々に腕が痺れて使えなくなってきて、日に日に悪化していくと、これはめちゃくちゃヤバイ事が起こっている!と気づいて病院を受診しようと思いますよね。

そして例えば自律神経症状なら、ある日ちょっと動悸がして不安になって、それが日に日に動悸がでる回数が増え、不安も強くなってきたら、いずれは「あーこれは結構大変になってきたから、ちゃんと治そう」と思って睡眠を取ろうと考えると思うんですよ。

でも、そうじゃないんですね。

これらの症状は一気に現れますので、睡眠が重要だと気づいたときにはもう遅くて、それから慌てて睡眠時間を長く取るようにしても、治るまでとても時間がかかってしまう、というケースが多いんです。

だから怖いんですよ。

今のうちに、何も症状がないうちに、十分な睡眠時間を取ってほしいんですね。

日本人は睡眠不足症候群

で、そんな借金のように膨れ上がる睡眠負債ですが、実は日本は、世界一「睡眠偏差値が低い国」と言われていて、睡眠負債を抱えている「睡眠不足症候群」の人数が、外国に比べて多いという統計があります。

世界の睡眠時間をみてみると、アメリカ人の平均睡眠時間は7.5時間、フランスの平均睡眠時間は8.7時間なんですね。

それに比べて日本の平均睡眠時間はどのくらいかというと、6.5時間なんですよ。

ですから日本は平均的にとても睡眠時間が短い種族なんです。

また、日本人は睡眠時間が6時間未満の人が約40%もいるという統計もあります。

6時間というのはこれは「短時間睡眠」に入る数値で人間が健康的に生きるためには十分とは言えない時間になってしまいます。

睡眠負債の利子で破産する

で、実は睡眠負債は、借金を作ると利子がどんどんと膨らむように、睡眠負債も同様に負債が雪だるま式に増えてしまいます。

ですから、平日は睡眠時間が十分に取れないからと、週末だけ「寝だめ」をする方もいらっしゃると思います。

しかし、週末だけではとても足りないんですね。

例えば平日5日間で1時間ずつ睡眠が足りないとすれば、計算通りでは週末に5時間長めに睡眠をとればいいや、と考えがちですが、そう上手くはいきません。

5時間睡眠が足りなければ例えば、10時間睡眠を取らなければならないなど、必要な睡眠時間がとても長くなってしまいます。

ですから、毎日の睡眠時間を確保した方がいいんですね。

睡眠不足と死亡率に関する研究報告

そして睡眠時間は死亡率とも密接な関係があります。

サンディエゴ大学の行った睡眠時間と死亡率の関係を調べた研究では、最も死亡率が低いのは毎日7時間の睡眠時間を取っている人だったという結果になりました。

そしてさらにこの研究からは「短時間睡眠では6年後の死亡率が1.3倍高くなる」ということが分かったんですね。

短時間睡眠、つまり睡眠時間が足りない人は6年間で死亡率が1.3倍にまで上がってしまうというのは、これはとても恐ろしいことだと思いませんか?いまは若いから大丈夫と思っている方も、急に死亡してしまうリスクも上がってしまうんですね。

ですので、短時間睡眠は確実に寿命を短くすると言えます。

怖いですよね。

睡眠不足とマイクロスリープ

また、睡眠負債のある状態では、「マイクロスリープ(瞬間的居眠り)」という、瞬間的に寝てしまっている状態になるということも分かっています。

ですから、車の運転中にこれが出てしまうと、いかがですか?非常に危険が伴うようになりますよね。

また睡眠不足の状態というのは脳の機能が著しく低下することが分かっています。

この状態は、お酒に酔っているのと同じくらい働きが低下しているそうなんですね。

そうすると、仕事の効率はもちろん下がりますよね。

学生さんであれば、勉強などは当然頭に入るわけないですよね。

ですから、仕事や勉強を頑張りたい方、運転をする方は睡眠不足はデメリットがとても大きいんです。

もしあなたがいま、寝る時間が十分に取れなくて睡眠不足の状態なのであれば、それはとってもとっても損をしている状態なんですね。

ぜひ十分な睡眠時間を取るようにしましょう。

睡眠不足を解消するメリット

で、逆に今までショートスリーパーだった方は、睡眠時間を正常に戻すことで仕事の効率や勉強の効率、さらにスポーツの効率まで上がりますので、睡眠時間を確保するだけで素晴らしい効果が得られることがわかります。

また、睡眠時間は長すぎても短すぎてもいけないんですね。

平均以上に眠っている人の死亡率は、睡眠時間が短い人と同様に高いと言われています。

ですから正しい睡眠時間に収める必要があるんですね。

たぶん、仕事の都合や家事、育児などでなかなか睡眠時間を取れない方が多いとは思います。

とはいえ、健康には変えられないと私は思うんですよね。

ですので、ぜひこの機会にあなたとあなたの家族の睡眠時間を見直してみてください。

いかがでしたか?

という事で脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響についてお伝えしました。

で、睡眠と言うのは病気や体調不良、そして死亡率に直結するとても重要なものなんですね。

睡眠が足りていないことであなたはいずれ人生において大きく損をしてしまう可能性がありますので、ぜひ今のうちに十分な睡眠を取れるようにしましょう。

で、私の別の動画では、スッキリ起きたいあなたに「スタンフォード式最高の睡眠」の解説と今日からできる実践法という動画や、確実に不眠症を改善する9つの習慣という動画、2分で寝れる米軍式睡眠法という動画などもありますので、ぜひ次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の内臓の働きを高める根本改善専門の整体院や、食欲を抑えて健康的にダイエットできるサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、高評価とコメントで応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【睡眠の質】スッキリ起きたいあなたに「スタンフォード式最高の睡眠」の解説と今日からできる実践法
https://www.ebi-seitai.com/work-blog/saikou-suimin/

◎確実に不眠症を改善する9つの習慣!誰でも眠れて睡眠の質が上がる方法
https://youtu.be/ofipnMYOg6A

◎2分で寝れる米軍式睡眠法!成功率96%の必ず眠れる睡眠導入ルーティンとは
https://youtu.be/emjMvAwJzSY

 

まとめ

今回は「脳を破壊し死亡率を1.3倍に高める睡眠不足の影響」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋