【新型コロナ】ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間について【研究報告】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間について」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

ファイザー製ワクチンがどのくらい効果が続くのか知りたくはありませんか?

今回は研究の結果から分かった、ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間についてお伝えします。

ワクチンの効果を知りたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間について

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、新型コロナのワクチンのうち、ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間についてお伝えしたいと思います。

で、新型コロナワクチンの接種がいまは10代の方にも進められてきて、もうすぐ全年齢でワクチンの接種が完了しようという所ですが、ワクチンの接種を行ったとして、これから一生新型コロナに感染しないんだろうと考えている方がとても多いんですよ。

ですが、実際にはワクチンを接種してからその効果は徐々に低下していき、ある時期で効果がかなり減少してしまう物なんですね。

そこで今回は、新型コロナのワクチンにはファイザー製とモデルナ製のものがありますが、このうちファイザー製のワクチンについて効果や持続時間の実際について研究報告がありましたので、お伝えしたいと思います。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしています。

チャンネル登録をしておくと、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けることができますので、お見逃しが無いように今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

ファイザー製とモデルナ製のどちらがいいか

で、新型コロナのワクチンは先ほどお伝えしたようにファイザー製、モデルナ製がありますが、現在の所はファイザー製のワクチンの方が接種している方が約2倍くらいと、かなり多いですね。

また、どっちが優れているの?副反応が少ないの?という点についても気になるところだと思いますが、ワクチンの接種後に38℃以上の高熱が出てしまうような副反応についてはモデルナ製の方が2倍以上出ているようで、かなり高熱になりやすいようです。

また、モデルナワクチンは摂取した後に腕が腫れあがってしまうモデルナアームになる、なんて話も聞かれた方は多いと思いますので、副反応の強さはモデルナ製品の方が強いのではと思いますね。

しかし、ワクチンを接種した後に亡くなってしまうような重篤な状態になる方はファイザー製の方がかなり多いような状況となっています。

9月12日までに報告されたファイザー製ワクチン接種後の死亡者は1157件で、モデルナ製は33件でした。

ファイザー製ワクチンの方が接種した方が2倍近く多い件を含めても、ファイザー製の方がかなり死亡者は多いと考えられますね。

ただし、この死亡については専門家から「情報不足等により、ワクチンと死亡との因果関係が評価できない」とされています。

まあですから、ワクチンどっちを打ったらいいのかって考えると、どっちがいいんでしょうか。

ワクチンの効果と持続時間に関する研究報告

で、ちょっと話が逸れましたが、今回の研究報告は実際の効果と期間についてですね。

この研究は、PCR検査が大規模に実施されている中東の国、カタールのライヤーン大学からの報告で、ファイザー製ワクチンの効果の持続性について検討を行ったものです。

この対象期間は2020年の12月21日から2021年9月5日までで、対象者はこの間にワクチンを接種した方ですが、1回目のワクチンを接種した方が94万7035人、2回目を接種した方が90万7763人ですので、とても多い方を対象とした調査になっています。

ですから研究の信頼性としてもかなり期待できる内容じゃないでしょうか。

で、この結果ですが、まず感染に対する予防効果、感染を防ぐ効果ですが、これは初回のワクチン接種後2週間の間は非常に感染予防効果が低かったんですが、初回接種後3週間が経過した時点では36.8%に感染予防効果が増加し、そして2回目の接種のあとの最初の月には77.5%、これがピークとなりますが、ここまで感染予防効果が上昇しました。

そしてこの感染予防効果は徐々に低下していき、4カ月後に急激に減少するカーブを描いて、ワクチン2回目を接種した後、5~7カ月経過後は約20%にまで感染予防効果が減少したんですね。

またこの効果は、いまデルタ株とかの新規株も出てきていますが、このような変異株であっても同様で、年齢別からみても同じような効果の変化パターンとなりました。

また、感染予防効果はこのような経過になったんですが、じゃあ新型コロナの重症化を防ぐ効果はどうなったか、この点についても気になりますよね。

世界保健機関WHOの発表では、新型コロナワクチンの主な目的は新規感染を防ぐ効果ではなく、重症化を防ぐ効果こそが大事であって、その目的のためであれば3回目のワクチン接種、ブースター接種は必要ないと発表しています。

では、この重症化を防ぐ効果はどのような経過をたどったのかと言うと、ワクチン2回目の接種後、2週間の間は重症化を防ぐ効果はとても低いものでしたが、接種後3週間を経過した時点で重症化を防ぐ効果は66.1%と急激に上昇し、2回目の接種後2か月後には96%と非常に高い状態にまで達しました。

重症化を96%防ぐって凄い効果になっていますね。

そして、感染予防効果はここから7か月目までに大きく効果が低下したんですが、重症化を防ぐ効果は6ヵ月間の間追跡調査を行いましたが、ほぼ効果が持続した、この96%重症化を防ぐ効果が持続していた、という事が分かったんです。

ですから、WHOは重症化を防ぐ効果が目的なのであればブースター接種は必要ないと言っているんですね。

また新型コロナの感染者は増えると思います

まあですので今、新型コロナワクチンのブースター接種の話がいろいろ出てきているんですよ。

2月に医療関係者とか高齢者がワクチンを接種しましたが、もう8ヵ月が経過するいま、感染予防効果はかなり減少してきてしまっているんですね。

そこにいま緊急事態宣言も解除されて、Gotoトラベルも再開されようとしていますので、また新型コロナの新規感染者数は増える傾向になることが予想されています。

ですから、また新規感染が増えてしまって怖い思いをされる方も多いと思いますが、少なくとも感染しても重症化は防いでくれそうですので、その点は安心できるんじゃないでしょうか。

まあそうはいってもちゃんと感染はしますし、いくら重症化を防いでくれたとしても感染したら2週間は外出できないですし、家族や職場など周りの方に迷惑をかけてしまいます。

ですので、ワクチンを打ったうえで緊急事態宣言が解除され、もう解放感で出歩いたり旅行に行ったり、酷い方になるとマスクを着けていない方も増えてきてしまっていますので、また感染者が増えてしまって緊急事態宣言にならないように、日頃の感染予防対策はしっかりと行っておきましょう。

で、私の別の動画では、研究から分かった新型コロナに感染しやすい場所や重症化しやすい人の特徴や、感染を防ぐためにはマスクの着用が重要なんですが、コロナウイルスを92%もカットする二重マスクの付け方、マスクの効果を3倍にするマスクテクニックなどをお伝えしていますので、あなたやあなたのご家族が新型コロナに感染しなくて済むように、ぜひ次はこちらの動画をご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたら次回もお見逃しが無いようにチャンネル登録をしておいて欲しいですが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【ブースター接種】新型コロナワクチン、3回目接種の効果と副反応について【研究報告】
https://youtu.be/iAvXpLuYJoI

◎【感染症予防】新型コロナウイルスを92%カットする二重マスクと正しい付け方とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/vwSa8dc1xOo

◎マスクの予防効果を3倍にするマスクテクニック!新型コロナウイルス肺炎予防できていません
https://youtu.be/TWEaUOG3ebc

◎【感染対策】新型コロナに感染しやすい場所と重症化しやすい人の特徴とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/c23PPODynbw

 

まとめ

今回は「ファイザー製ワクチンの実際の効果と持続期間について」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋