最新・新型コロナウイルス対策!ウイルスに負けない免疫力を作る方法s(1)

最新・新型コロナウイルス対策!ウイルスに負けない免疫力を作る方法

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「最新・新型コロナウイルス対策!ウイルスに負けない免疫力を作る方法」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎新型肺炎、新型コロナウイルスに負けないカラダを作る方法が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

新型コロナウイルスに負けないカラダを作る方法を知りたくはありませんか?

この動画では、新型コロナウイルスについての最新情報と、ウイルスに負けないカラダを作る研究から分かった方法をお伝えします。

新型肺炎から予防したい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

最新・新型コロナウイルス対策!ウイルスに負けない免疫力を作る方法

はい今回は、新型肺炎、新型コロナウイルスの最新情報と予防方法、新型コロナウイルスに負けないカラダ作りについてお伝えします。

新型肺炎の広がり方は驚異的で、とんでもないスピードで感染していますね。

そこで、結構短期間で新型肺炎、新型コロナウイルスについての動画も4本目になるんですが、やはり今一番恐怖を感じていると思われる事ですので、感染対策のまとめと、研究からわかっている新型コロナウイルスに負けないカラダ作りのための方法をお伝えします。

この動画をご覧いただくことで新型肺炎、新型コロナウイルスに負けないカラダを作る方法が分かります。

これは理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容になります。

このチャンネルでは、健康、美容、ダイエットに必要な食事や生活習慣の情報とか、なかなか治らない痛みや症状を改善する方法やセルフケアの方法などを、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。

新型コロナウイルスの最新情報とは

ということで、新型肺炎、新型コロナウイルスの予防についての話です。

これは中国の武漢市から発生したもので、

1月31日の時点で感染が確認された人数が9692人、死者が213人だったんですが、

現在は感染者が2万8018人、死者が563人と爆発的に増えているんです。

感染者は1日に3000人のペースで増え続けており、感染疑いの方も2万5000人いる状態ですので、まだまだ増えそうですね。

また、日本国内での新型肺炎の感染者も1月31日時点で15人だったのが45人へと増え、今も世界2位の感染者数です。

そして、国内での感染も確認されています。

新型コロナウイルスの潜伏期間は最大14日と言われており、症状がない方からも感染する可能性がありますので、これからも油断はできないですね。

また、いまクルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号では10名の感染者が確認されていて、潜伏期間を考慮して最長で14日間の船内待機をしている状態なんですが、そのクルーズ船の乗客で、感染が発覚した男性が発覚以前に私の住んでいる宮崎県のお隣、鹿児島県で42名が参加するバスツアーに参加していたという話もあり、それが2月5日なので、14日後の2月19日までに鹿児島で感染が広がらないかがかなり心配なところですね。

この新型コロナウイルスのやっかいなポイントでもあり特徴なんですが、無症状でもウイルスだけ持っているケースがあるんですよね。

そうすると、症状がないので色んな所へ行って感染が拡大してしまっている現状があります。ですから、どこへ出かけるにも油断はできないですね。

ただ、新型肺炎は感染力こそ強いですが、致死率は意外と低いですのであまり慌てすぎないことも大事です。

ただ、お子さんや60歳以上の方や、心臓病など基礎疾患を持っている方は重症になる危険性はありますので、十分な感染対策を行っておくことは必要ですね。

マスクの買い占めは逆に感染拡大を招きます

いまは新型肺炎の恐怖からマスクを買いだめする方が多く、マスクの品切れも社会問題になっています。

この状況は外国でも同様で、感染が疑われている方がマスクを入手できないというケースまであるんです。

実はマスクは感染予防としては効果が薄いんですが、それよりも感染の疑いのある方、症状のある方がマスクをつけることで他の方に感染させない、感染防止のために非常に有効なものなんですね。

ですから、健康な方がマスクを買い占めて感染した方や感染疑いの方がマスクを入手できないというのはとても本末転倒なことで、感染拡大を助長してしまいますので、やめましょう。

新型肺炎をお金儲けに使う悪人現る

また、いまの状況をお金儲けに使おうとする悪い奴もいるんですよ。

オークションとか、フリマアプリのメルカリとかでは転売屋と呼ばれる人たちが安く買ったマスクをものすごい高額で販売していますので、とても悪質ですよね。

そういう人は人の不幸を喜ぶような人種なので、もしあなたの身近にそのような方がいらっしゃったら今後のお付き合いは考えた方がいいです。

私ならそんな人がいたらすぐに縁を切ります。

外国でもマスク切れは深刻

で、マスク切れの状況は外国でも同様で、例えばシンガポールではマスクが不足する状況が続いていて、シンガポール政府が「健康ならマスクをつけないで」と呼びかける新聞広告を出しています。

日本もそうすればいいのになーって思いますね。

現在の日本は正しいモラルが失われつつある状況ですので、正しい情報発信が必要となっています。

新型コロナウイルスの正しい感染対策は2つ

で、こんな新型コロナウイルスが猛威をふるっているところですが、正しい感染対策を知っておかないと感染が防げないですし、恐怖でメンタルを害してしまいます。

また後で研究からわかるウイルスに負けないカラダを作る方法はお伝えするんですが、まずは手短に正しい感染対策をお伝えします。

まず最も有効な感染対策は、手洗いとアルコール消毒です。

これ以外の予防法は予防効果が薄いので、現状この2つだけが有効な方法だと言えます。

そして次にマスクです。

マスクは実は予防効果は薄くて、それがなぜかと言うとウイルスがマスクの隙間から吸い込まれてしまうためなんですね。

ウイルスを持っている方から咳やくしゃみによって飛散したウイルスは、床などにあるホコリに付着して風の動きによって舞い上がります。

そのウイルス付きのホコリは、呼吸をするときにマスクの隙間からスルッと吸い込まれてしまうため、通常の使い捨てマスクでは予防効果が薄いんです。

そしてうがいですが、うがいも効果は薄いと言われています。

インフルエンザウイルスほどでは無いんですが、ウイルスは口腔内に入るとすぐに体内に侵入してしまうため、よほど頻繁に行わなければ効果が得られません。

ということでこれらが主な感染対策なんですが、手洗いやアルコール消毒はほとんどの方がやり方を間違っており、マスクは効果的なものを選択する必要があります。

ですので、正しい手洗いやアルコール消毒の方法や、予防効果の高いマスクなどは別の動画でご紹介していますので、下の説明欄から私の過去の動画をご覧下さい。
【正しい手洗いとアルコール消毒についての動画】
◎新型肺炎に最も効果的な予防法【日本も危ない】
https://youtu.be/l9TvTjjeZ7o

【感染症に負けないカラダを作る方法】
◎新型肺炎の根本的な予防と対策
https://youtu.be/8GRLhtz4AXg

それでもウイルスは入ってくる

でも、どんな予防方法を行ったとしてもウイルスの侵入を全く許さない方法というのは通常の方法ではなくて、ガスマスクや防護服を使うレベルじゃないとどうしても体内に入ってきてしまうんですね。

ですから、感染対策と同じくらい大切なのが、ウイルスが体内に入ってもウイルスを倒すことができる、ウイルスに負けないカラダ作りなんです。

そこで今回の本題のウイルスに負けないカラダづくりの方法ですが、これは研究の結果からわかっていることになります。その方法はと言うと、断食、つまりファスティングなんです。

新型コロナウイルスにファスティングが効果的な理由

この研究は断食が免疫機能に及ぼす影響を調べたもので、マウスに水だけ摂る断食を行わせたものです。

この研究から得られた結果として、免疫機能の1つに白血球の1種であるマクロファージの活性化が認められました。

マクロファージと言うのは生き物のカラダの中をアメーバのように移動する細胞で、体内に現れた変性物質や、侵入してきた細菌などの異物を食べて消化する免疫機能の中心となるものです。

断食によってこのマクロファージの働きが促進された、つまり免疫機能が強化されたということなんですね。

この研究では、3日目までの断食ではマクロファージの働きが活性化したんですね。

従来の考え方では食べないと免疫機能は落ちると考える方が多いと思うんですが、ファスティングは元々腸内環境を改善することで免疫機能が改善することが知られているんです。

その理由のひとつにマクロファージの質的な改善、働きの亢進があるんですね。

この研究からは少なくとも断食3日目までは免疫機能の活性化が認められているので、新型コロナウイルスに負けないカラダを作りたい方は、まずは3日間のファスティングにチャレンジしてみるといいでしょう。

他の研究でも

また、断食で免疫機能を活性化する他の研究もあって、これは南カリフォルニア大学長受験救助のヴァンテル・ロンゴさんの行った断食についての研究なんですが、被験者に6カ月ごとに2~4日間の断食を行った研究で、この研究の結果からは、断食によって免疫機能全体を再生させたというものです。

この研究の考察では、短期間食事をしないことで細胞が刺激を受けて新しい白血球を生み出すということと、断食によって幹細胞を活性化して、幹細胞は免疫機能を再生し、化学療法によって起こる免疫機能抑制の防止を可能にした、またマウスを使った研究において免疫系を若返らせたとしています。

ですから、ファスティングを行うことで免疫機能を高めることができますので、新型コロナウイルスがもし体内に入ってきても負けないような免疫機能、カラダづくりを行える、ということなんです。

正しい食生活、生活習慣も重要

また、ファスティング以外にも免疫機能を高める方法があって、それは正しい食事と適切な運動、ストレスの軽減、十分な睡眠なんです。

これらによって免疫機能の働きが変わってきますので、日頃から正しい食生活、生活習慣を継続することが、ずっと感染症に負けないカラダ作りのために重要なことなんですね。

ということで、新型肺炎、新型コロナウイルスの基本的な感染症対策と、新型コロナウイルスに負けないカラダを作るためにはファスティングが研究からも有効性が認められいてますので、まずは3日間のファスティングから行うことをおススメします、という話をさせて頂きました。

今回ご紹介した方法を始めとして、私がこのチャンネルでご紹介する方法はあなただけでなく、あなたの大切な方を助けることになる大事な情報ですので観ただけで終わらず実践して、そしてあなたの大切な方に教えて一緒に健康になれるよう努力しましょう。

 

まとめ

今回は「最新・新型コロナウイルス対策!ウイルスに負けない免疫力を作る方法」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。