冷え性の原因と根本改善する方法

冷え性の原因と根本改善する方法

冷え性の原因と根本改善する方法

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「冷え性の原因と根本改善する方法」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎あなたの冷え性の原因と根本から改善する方法が分かる
◎一時しのぎの低体温改善方法にとらわれることなく1年中、冷えで悩まされることがなくなる

✅動画の信頼性
◎私が理学療法士とファスティングマイスターとして様々な知識を集めた結果わかった内容

冬のつらい冷え性、夏のエアコンによる冷え性でお悩みではありませんか?

冷え性は、腹巻きや靴下の重ね履き、半身浴でも一時的には改善しますが、根本的に改善しようとなると4つの原因と対策法が必要なんです。

この動画では、一時的には効果がある従来の冷え性対策に加えて、冷え性を根本から改善する方法についてお伝えします。

夏も冬も冷え性で、今年の冬は楽に乗り越えたい方は必見です!

ぜひ動画をご覧ください!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

 

【治療院】初回限定お試しキャンペーンはこちら

【ファスティング】モニター価格キャンペーンはこちら

動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

冷え性の原因と根本改善する方法

この動画を見て頂くことであなたの冷え性の原因と根本から改善する方法が分かります。

また、一時しのぎの低体温改善方法にとらわれることなく1年中、冷えで悩まされることがなくなります。

これは私が理学療法士とファスティングマイスターとして様々な知識を集めた結果わかった内容になります。

まだ残暑が残るような日になぜ冷え性の話をしようかと思ったのかですが、私は普段テレビを見ないのですが、今日はたまたま車に乗った時にテレビをつけて、その時にテレビショッピングが流れていたんですね。

そこで話していたのが冷え性の改善のためのテレビショッピングだったんですが、そこで話していたのは、冷えの原因には運動不足や睡眠不足、あるいは乱れた食生活などが原因で起こっています。と言う出だしから始まっていたんです。

最初は全く期待してなかったんですが、この出だしを聞いて「もしかして良い話をしそうだなぁ」と興味を持って見ていたんです。

で、新商品は、ニンニク+生姜のサプリメントでした。

そっちじゃないんだよーと言う気持ちでした。

確かに、生姜は冷えには聞くんです。

生姜は血液循環の改善や血管拡張作用、発汗作用、便通の改善効果、体温を上げる作用など様々な冷え性に良い効果があるので、確かに効果はあるのですが、あくまでその効果は一時的なんです。

で、話はだいぶそれてしまったのですが、先週、夏のエアコンで冷え性に困っている方の施術をさせて頂いたし、冬に向けて冷え性を改善するには少し時間がかかりますので、冷え性のあなたには、今年の冬は楽に乗り越えて頂きたいので、このタイミングで冷え性の改善方法についてお話しさせて頂こうと思います。

このチャンネルでは今回のようにあなたを健康にするために役に立つ食事や生活習慣、セルフケアなどをお伝えしますので、ぜひ下のチャンネル登録ボタンからチャンネル登録をお願いします。

冷え性の冷え以外の症状

冷え性は、慢性的なだるさや疲労感とか、頭痛や不眠、便秘、下痢、食欲不振、肩こり、腰痛、むくみなど、様々な痛みや症状の原因になりますし、結果的に免疫力が下がってしまうので早めに治しておきたい症状なんですよね。

でもちゃんと治す努力をすることで改善できる症状ですので、努力するようにしましょう。

冷え性の一般的な対策は一時しのぎ

で、一般的な冷え性対策と言えばさっき話したような生姜ですね、生姜湯なんかは一般的です。

あるいは、冬が旬の野菜、根菜類はカラダを温める作用がありますので、よく摂られます。

または、朝起き掛けに頂く白湯とか、半身浴、腹巻き、靴下2重履き、湯たんぽなど様々な方法がありますが、どれも根本から改善する方法ではなく、あくまで一時しのぎの対策法なんです。

冷え性を根本的に改善しようと考えた時、冷え性の原因と対策は大きく分けて4つあります。

冷え性の問題その1 食生活の問題

まず1つ目が食生活の問題です。

冷たい飲食物や甘い物の摂りすぎはカラダを冷やしてしまいます。

また、同じく甘い物や肉や牛乳、乳製品など動物性たんぱく質の摂りすぎは悪玉コレステロールを増やしてしまい、動脈硬化や血液がドロドロになることで全身的に血流が悪くなることで冷え性を作ってしまいます。

また、体温の一部は全身の細胞がエネルギーを作り出すときに生み出されますが、エネルギーを作り出す工場であるミトコンドリアが活性酸素によって傷つけられている危険性もあります。

活性酸素は食品添加物や赤身の肉、インスタント食品やスナック菓子などによって大量に作られてしまうため、これらを摂る食生活ではエネルギー産生効率が下がってしまい、体温が下がってしまいます。

また、食べ物が悪いために腸内環境が悪くなると、自律神経の乱れが起きてしまい、冷え性を作ってしまうことも少なくないです。

ですから、基本的にはカラダに良い食事である、マゴワヤサシイ食事を心がけて頂きたいと思います。

マゴワヤサシイ食事というのは、いわゆる和食ですね。

マゴワヤサシイについては詳しく説明してある動画がありますので、下にリンクを載せておきます。

◎動画でご紹介したマゴワヤサシイ食事はこちらから
・【9日間ファスティング日記 準備食1日目】準備食レシピの基本と食材
https://www.youtube.com/watch?v=K60yxFtYIgA&t=33s

冷え性の問題その2 筋肉量の不足

そして2つ目は筋肉量の不足です。

熱を作り出すために最も貢献しているのは筋肉で、熱の生産量の約6割が筋肉なんです。

ですから、筋肉の多い人は効率的に短時間で熱を作り出せるのに比べると、筋肉の少ない女性は冷え性になりやすいんですね。

でも筋肉をつけるからといって、バッキバキの筋トレをしろと言うわけじゃないんです。

まずタンパク質の摂取量は足りていない女性がとても多いので、タンパク質を多めに摂取することが重要となります。

ただそのために肉を大量に摂取してしまうと腸内環境が悪化して逆に冷え性が悪化してしまう危険性がありますので、植物性のたんぱく質も十分にとることが大事です。

逆に植物性のたんぱく質だけでは必須アミノ酸が十分ではなく、筋肉を作ることができませんので、あくまでバランスが必要です。

ただ冷え性の女性は食の細い方が多いですので、追加でたんぱく質を沢山摂るのが難しい方もいらっしゃると思います。

そこで私がオススメするのは、日ごろの食事にプロテインを足すことです。

ただし、プロテインもですね、普通のプロテインはホエイプロテインと言って、牛乳から作り出したプロテインですので、腸内環境を悪化させてしまうんですね。

そこで私が整体院でいつもお勧めしているのは、このヘンププロテインです。

これはヘンプつまり麻の実をすりつぶしたプロテインなので、植物性で、腸の善玉菌を増やしてくれる食物繊維も豊富で、オメガ3脂肪酸も含まれており、ビタミンやミネラルまで豊富に含まれていますので、健康や美容にもとてもオススメな商品です。

このヘンププロテインについても今後の動画で詳しくお話しするつもりですが、動画が長くなってしまうので今回はご紹介だけにしておきます。

この商品の購入先は下にホームページのリンクを載せておきますので興味のある方はそちらをご覧ください。

◎動画でご紹介したヘンププロテインはこちら
・ファスティングライフ株式会社 ヘンププロテイン
http://general.shop-pro.jp/?pid=78630690

筋肉をつけるためには、このようにタンパク質をプラスして、さらに1日30分以上の運動をすることがお勧めです。

運動は、筋トレが良いですが、ストレスを軽減させてメンタルを強くしてくれるウォーキングも良いでしょう。

冷え性の原因その3 悪い生活習慣

3つ目は、悪い生活習慣です。

主に睡眠不足やストレスが大きすぎる場合ですね。

睡眠は以前の動画でもお話ししましたが、短すぎても長すぎても体に悪影響があります。

例えば6時間睡眠を5年間続けると死亡率が1・3倍になるとわかった研究などもあって、物凄く悪影響が大きいんですね。

逆に長すぎても死亡率が上がってしまいますので、睡眠時間をきちんと取れるように、睡眠時間を優先としたスケジュール管理が重要です。

ストレスは自分でできるだけ無くすように行動する、しかないですよね。

ただ1つだけ言えることは、他の人を変えようとしてストレスを感じている方が物凄く多いんですが、他人は変わらないんですよ。

自分にできることは自分の行動とか性格とか環境を変えることだけですので、そのどれかの方法でストレスを減らせるように努力することが必要です。

冷え性の原因その4 カラダの問題

4つ目は、カラダの問題です。

まず、猫背や反り腰など見た目から明らかに関節のズレのある方は、関節のズレによって筋肉や内臓の血流量が減っていますので、治す必要があります。

ただ原因はそこだけではなく、関節をずらしているのが内臓であることも非常に多いですし、内臓の硬さや偏りがあるせいで自律神経性の冷え性になっている方や、ホルモン分泌の問題から冷え性になっている方も多いです。

一時的に冷え性を改善するためであれば、セルフケアでも可能なのですが、根本的に改善するとなるとやはり施術を受けていただく必要があります。

冷え性を改善するなら今です

特に猫背や反り腰などある方は、今は冷え性だけだとしても、いずれは必ず肩こりや腰痛、またそれが発展して頭痛やぎっくり腰になる方も非常に多いですので、今のタイミングで体を改善しておく方が、後になってひどい状態になり、仕事や家事などが行えなくなることを防ぐことができます。

私の整体院では、かなりひどい症状の方しか来られませんので、前はまだ我慢できる程度だったのにとか薬さえ飲んでおけば仕事に支障はなかったのに、あの時にちゃんと治しておけば良かった~、と後悔される方が非常に多いですので、早めに改善しておくことが良いですね。

まだ冬までに間に合います!

今回は冷え性の原因と対策をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

今日が10月2日ですので、今から頑張れば、まだ年明けまでに冷え性を根本改善することも可能だと思いますので、ぜひ今日から頑張ってみましょう。

また、冷え性を改善するためには自律神経を整えるため、全身の細胞を綺麗にしてエネルギー効率を上げるため、筋肉をつけるため、カラダを改善するためにファスティングを行うこともとても効果的ですので、急いで冷え性を改善したい、と言う方はぜひファスティングにもチャレンジしましょう。

 

まとめ

今回は「冷え性の原因と根本改善する方法」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンはこちら

【ファスティング】健康・美容・ダイエットを叶えるファスティングはこちら

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋