頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品【危険で効果のない物】2022

亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品【危険で効果のない物】2022

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎危険で効果のない物を選ばないために必須な、亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品が分かる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

健康的に正しい亜麻仁油を選ぶポイントを知りたくはありませんか?

今回は、危険で効果のない物を選ばないために必須な、亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品についてお伝えします。

亜麻仁油で健康で痩せて綺麗な体を作りたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品

どうも、健康生活チャンネルの蛯原孝洋です。

今回は亜麻仁油の効果・効能と危険な理由についてお伝えしたいと思います。

今回の話は、亜麻仁油をすでに摂っている方も、これから摂る方も必見の動画になります。

前回の動画で亜麻仁油にはとても素晴らしい効果があり、摂らないことでとても損をしてしまうこと、大変な症状まで現れてしまうというリスクまである、摂らないといけない油だという事をご説明しました。

ですので、すぐに亜麻仁油を摂って、あなたも若くて綺麗で痩せて健康な身体を作りたいと願っていると思います。

しかし、すぐに亜麻仁油を摂るのはやめてくださいとお伝えしました。

それが何故かというと、亜麻仁油というのは正しい選び方があって、正しい商品じゃないと効果がなかったり危険なものまであるからなんですね。

そこで今回は亜麻仁油を選ぶ際にこれだけは守って欲しいというポイントを5つご紹介しますので、亜麻仁油で沢山の良い効果を手に入れたい方は必ず最後までご覧になって下さい。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、今より1歩健康になりたい方は今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

亜麻仁油の製品の品質に違いがある理由

で、なぜ亜麻仁油の製品に違いがあるかというと、安く作ろうと思うと品質が下がり、品質を上げようとするとどうしても高くなるからなんですね。

ですから基本的に安い製品は質が悪くて、質が良い製品は値段は高くなります。

ただ、値段が高いからといって質が良いわけではないですので、値段だけではなくちゃんと選び方に注意する必要があるんです。

ということでとても重要な、亜麻仁油を選ぶ際のポイントについて順に解説したいと思います。

亜麻仁油を選ぶポイント①黒い遮光容器

で、亜麻仁油を選ぶ際のポイント1つ目は、黒い遮光容器であるということです。

まず知っておかないといけないのは、亜麻仁油は熱と光にとても弱いという事です。

油は全て熱と光によっていずれは酸素と結びつくことで酸化してしまうものなんですが、酸化した油と言うのは過酸化脂質という危険な油に変化し、細胞を傷つけてしまいますので、血管を傷つけてしまい動脈硬化を進めてしまいます。

動脈硬化が進むと、脳血管障害や心筋梗塞などの恐ろしい病気をを引き起こしてしまいますので、できるだけ避ける必要があるんですね。

ですが亜麻仁油は熱や光にとても弱く、すぐに酸化してしまいます。

ですので、光を通さないように黒っぽい遮光できる容器である必要があるんですね。

しかし安い亜麻仁油は結構透明なボトルとか、白っぽいボトルであることが多く、遮光できていないために販売時にすでに酸化してしまっている危険性があります。

ですので、黒っぽい容器を選ぶ必要があるんですね。

また、瓶ならばいいんですが、それがプラスチック製のボトルであれば強度も重要になります。

正しいボトルというのは高密度ポリエチレンといって、酸素をほとんど通さない素材で作られている物なんですが、市販品の安い亜麻仁油のボトルは薄っぺらいものが多く、酸素を通してしまうため、すでに酸素と結びついて酸化してしまっている可能性があります。

ですから亜麻仁油のボトル、容器がどのようなものかチェックする必要があるんですね。

亜麻仁油を選ぶポイント②低い温度で圧搾

そして亜麻仁油を選ぶポイントの2つ目は、低い温度で圧搾されたものであるということです。

亜麻仁油は、亜麻という植物の種子を搾ることで油を抽出しているんですが、この方法によって品質が変わってきます。

植物から油を搾り取る際、基本的に高温に加熱することによって大量の油を抽出できますので、メーカーはコストを安くすることができるんですね。

しかし先ほどお伝えしたように亜麻仁油は熱に弱いですから、高温での圧搾は酸化させてしまいますので、危険な油になってしまいます。

ですので、亜麻仁油は必ず低い温度で圧搾する必要があります。

また、酸化した亜麻仁油は味にクセがあり、香りも悪いですので、とても食べづらくなるんです。

低品質になるんですね。

では低い温度で絞られた亜麻仁油をどうやって選ぶかですが、それは低温圧搾、あるいはコールドプレスという方法が使われているかを見ればいいんです。

この2つはどちらも低い温度で圧搾しているという意味ですので、このどちらかが記載されていれば大丈夫です。

反対に、この記載がパッケージにもその製品のホームページにも記載されていないのであれば高温で圧搾しているということですので、避けた方がいいでしょう。

安い製品は特にこの低温圧搾ができていない事が多いんですが、これが出来ていないのであれば取らない方がいいですね。

たまに「低品質でも安ければいいやー」って方がいらっしゃるんですが、酸化してしまった亜麻仁油は良い効果が少なく、悪い効果、リスクの方が大きくなりますので、そうであれば取らない方がいいと思います。

私は昔、間違った選び方をしてしまって酸化している亜麻仁油を摂ってしまったことがあるんですが、えぐみがあって苦い味になりますし、私は生臭いような臭いが気になって摂れなくて捨てたことがあります。

正しい製品はとても美味しいですので、亜麻仁油を不味いと感じたら注意して調べてみてください。

亜麻仁油を選ぶポイント③未精製

そして亜麻仁油を選ぶポイントの3つ目は、未精製であるということです。

亜麻仁油は製品の質によって、味にクセがある物や香りが悪いものがあります。

それは高温で圧搾された製品に多いんですが、そうするとなかなか売れませんので、そこで「精製」という加工をするメーカーがあるんですね。

工業的に5~6工程ある精製という加工をされた亜麻仁油は無味無臭になりますのでとても取りやすくなるんですが、その分だけ栄養価が失われてしまいます。

せっかく亜麻仁油で若返ったり健康になりたいのに、それでは意味がないですよね?ですので本来の栄養をまるごと摂り入れるため、未精製の製品を選ぶ必要があります。

亜麻仁油を選ぶポイント④食品添加物とトランス脂肪酸ゼロ

そして亜麻仁油を選ぶポイントの4つ目は、食品添加物とトランス脂肪酸ゼロのものです。

亜麻仁油というのはどうしても酸化のスピードが速いですので、開封したら1ヵ月以内には使い切って頂いた方がいいんですね。

しかしメーカーはその保存性を良くするために保存料を添加している場合や、その他にも食品添加物を使っている場合があります。

また、製造工程のなかでトランス脂肪酸というカラダにとってとても害の大きい物質が入ってしまっている場合もあるんです。

健康のために亜麻仁油を摂りたいのに、カラダに悪い物質が入ってしまっていると意味がないじゃないですか?ですので、食品添加物が不使用で、なおかつトランス脂肪酸ゼロの製品を選ぶ必要があります。

亜麻仁油を選ぶポイント⑤オーガニック

そして亜麻仁油を選ぶポイントの5つ目は、オーガニックのものであるということです。

オーガニックというのは有機栽培という意味で、化学的に作られた肥料や農薬を使わないで作られた亜麻仁油であるという事ですね。

化学農薬や化学肥料は発がん性のある物質を生成してしまうことが分かっていますし、土の中の微生物を減らし過ぎてしまいますので、その結果栄養素が少なくなってしまいます。

ですからデメリットが大きいですし、何より重要なのは、化学農薬や化学肥料を使った製品は美味しくないんですよ。

化学農薬や化学肥料を使うと窒素分が多くなってしまうんですが、そうすると苦みなどが出てしまうんですね。

ですから単純に美味しくなくて続けられないという方もいらっしゃいますので、オーガニックの物を選んでいただきたいんです。

今後この亜麻仁油をずっと取り続けて健康な体を作っていくわけですから、美味しくない物、まずい製品だと長続きしないですよね。

ですから美味しい製品というのはとても大切な選び方です。

この5つだけは守って下さい

ということで亜麻仁油を選ぶ5つのポイントをお伝えしましたが、いかがでしたか?

あなたがもし亜麻仁油を持っているなら、この選び方に当てはまっているか、ぜひチェックしてみてください。

1.黒い遮光容器
2.低い温度で圧搾
3.未精製
4.食品添加物とトランス脂肪酸ゼロ
5.オーガニック(有機栽培)

で、実は他にも見るべきポイントはあるんですけど、最低限この5つだけは守った製品がいいですよね。

亜麻仁油はハズレもあるので大変

ただ、亜麻仁油って本当にたくさんの製品がありますので、じゃあ実際に選べと言われても、「調べるのが大変すぎて、もうやだ!」って方もいらっしゃると思います。

そして亜麻仁油って製品が多いので、ハズレの製品を選んでしまったら摂りきるのが大変じゃないですか。

私もいままでいろんな亜麻仁油を試してきましたが、味や香りってほんとうに千差万別で、美味しいものから不味いものまであったんですよ。

でもそれを買うたびに摂りきらないともったいないので、使い切るまでが苦痛だったんですよね。

そんな方のために私が選んだ、いつも使っている製品もご紹介しておこうと思いますが、それがこちらですね。

私が使っているおすすめの亜麻仁油

これはニューサイエンス社の有機亜麻仁油という製品なんですが、これめちゃくちゃ気を使って企業努力されて作っている製品なんですよ。

この製品を今回の選び方に当てはめてみるとよく分かるんですが、これは
1.黒い遮光容器  黒いボトルかつ高密度ポリエチレンで酸素を通さない構造になっています。

2.低い温度で圧搾 亜麻仁油業界随一とも言える温度30度以下での圧搾を実現しています。

3.未精製 もちろん未精製ですね。

4.食品添加物とトランス脂肪酸ゼロ もちろん亜麻仁油の他には何も入っていません。

5.オーガニック(有機栽培) もちろんオーガニックの製品ですね。

ですから、もし今までに他の亜麻仁油を取ったことがある方はぜひ味の違いを比べてみて頂きたいんですよ。

今まで他の製品を試していた方がこの有機亜麻仁油を食べた時、味が全然違います!とか、クセが全くなくて摂りやすいですっていうご感想を頂くんですね。

ですから、オーガニックの製品で、なおかつこの製品は質がとても良いですので、それだけ味が違うんです。

美味しいのでとても続けやすい亜麻仁油なんですね。

ですので、もしこの製品にご興味のある方は下の説明欄にこの亜麻仁油の正規販売店のリンクを載せておきますので、そちらからご覧になってください。

いかがでしたか?

という事で今回は、亜麻仁油の効果・効能と危険な理由についてお伝えしました。

亜麻仁油はとても素晴らしい効果があるんですが、選び方次第では反対に悪い効果ばかりが目立ってしまい、摂らない方がいい油になってしまいます。

あなたやあなたの家族が正しく健康になれるよう、ぜひ間違いない亜麻仁油選びをされてください。

で、私の別の動画では、亜麻仁油の効果・効能という動画や、亜麻仁油の凄い効果・効能ランキングBest9という動画、亜麻仁油のダイエット効果という動画などもありますので、次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の内臓の働きを高める根本改善専門の整体院や、食欲を抑えて健康的にダイエットできるサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、高評価とコメントで応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎私がおススメする亜麻仁油「ファスティングライフ社 オーガニックフラックスオイル(ニュージーランド産)」
http://general.shop-pro.jp/?pid=49219253

◎亜麻仁油の効果・効能【危険な理由】2022
https://www.ebi-seitai.com/work-blog/amaniyu-4/

◎亜麻仁油の凄い効果・効能ランキングBest9!摂らないと大損している理由
https://www.ebi-seitai.com/work-blog/amaniyu-ranking/

◎亜麻仁油のダイエット効果とは【健康生活】
https://www.ebi-seitai.com/work-blog/amaniyu-diet/

 

まとめ

今回は「亜麻仁油5つの選び方とおすすめ品」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋