白い炭水化物は砂糖と同じ!太るしダイエットできない理由

白い炭水化物は砂糖と同じ!太るしダイエットできない理由

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「白い炭水化物は砂糖と同じ!太るしダイエットできない理由」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎白い炭水化物は砂糖と同じで痩せられない、ダイエットできない理由がわかる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

白い炭水化物は砂糖と同じで太ってしまう理由について知りたくはありませんか?

この動画では、白米や小麦粉などの「白い炭水化物」がなぜ砂糖と同じなのか、その理由と何を摂ったらいいかということについてお伝えします。

まだ白米や白い小麦粉製品を食べている方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

白い炭水化物は砂糖と同じ!太るしダイエットできない理由

はい今回は、白い炭水化物が砂糖と同じである理由についてお伝えしたいと思います。

で、白い炭水化物というのは白米とか小麦粉を使った食品などですが、ほとんどの家庭でこういった白い炭水化物が食べられている状況なんですよ。

しかし、白い炭水化物は実は健康的にも美容的にも、ダイエットの面から見ても非常にもったいないことをしているんですよ。

ですので、ぜひこの動画でその理由を知っておいてください。

この動画をご覧頂くことで、白い炭水化物は砂糖と同じで痩せられない、ダイエットできない理由がわかります。これは理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容になります。

このチャンネルでは、健康、美容、ダイエットに必要な食事や生活習慣の情報を、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。

白い炭水化物とは

ということで白い炭水化物についてなんですが、白い炭水化物というのは白ご飯とか小麦粉のことですね。

白いご飯は白米なのでそのままですが、小麦粉を使った食品というのは、例えばパンや粉物の食品、あるいはうどんやパスタ、ラーメンなどの麺類になります。

で、これを聞いてみてあなたの毎日の食事はどうですか?

白いご飯や、小麦粉を使った製品ではないでしょうか。

もしあなたがいま、白いご飯や小麦粉を使った食品を食べているのであれば、本当にもったいないことをしているんですよ。

これはこの動画をご覧頂ければわかるんですが、健康的にも、美容的にも損をしていて、しかもそのせいで太りやすくなっている、ずっと損し続けているんですね。

ですから、ちゃんと知っておく必要があります。

で、今回の話はご飯を食べるな、小麦粉を食べるなという話ではなく、炭水化物は摂る必要があるんですが、摂り方を選ばないといけないということでですので、炭水化物が好きな方もご安心ください。

今後ずっと得する炭水化物の摂り方になりますので、ぜひ知っておいてください。

白い炭水化物が病気のリスクを上げる研究結果

で、白米や小麦粉といった白い炭水化物は健康的にマイナスですとお伝えしたんですが、これらは血糖値を上げ、脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化による病気のリスクを上げることが様々な研究から分かっているんです。

ですから、白い炭水化物はできるだけ避ける必要があるんですが、なぜいけないのか、その理由を知っていますか?

白い炭水化物はほとんど糖質

炭水化物というのは糖質と食物繊維が組み合わさったものなんです。

ですから、炭水化物から食物繊維を全て無くしてしまえば糖質、つまり砂糖と同じになるわけです。

砂糖と言うのは食物繊維が無く糖質のみですからね。

そこで、例えばお米を例に挙げると、お米はもみ殻を取る、脱穀をした時点で玄米になります。

そして、玄米の表面を削って行って、中の白い部分が完全に露出するまで精米したものが白米です。

しかし、お米の食物繊維やビタミンやミネラルという健康的に良い栄養素はお米の外側の茶色い部分に豊富で、中の白い部分はほとんどが糖質なんです。

ですから、外側を削り取ってしまった白米はほとんどが糖質ですので、ほぼ砂糖と同じで太ってしまいますし病気のリスクが上がります。

小麦粉に関しても同じです。

小麦と言うのは元々は茶色なんですが、小麦粉は表皮と胚芽を取り除いて白い胚乳という部分のみを粉にしたものです。

胚乳もほとんどが糖質ですので、白米と同じなんです。

ですから、白い炭水化物は基本的に太るし糖質以外の栄養素がほとんどない食品なんですね。

研究からわかる白米のデメリット

白米に関しては研究からもそのデメリットがわかっていて、白米と糖尿病の関係に関する4つの研究をまとめたものでは、白米の摂取量がご飯茶碗一杯増えるごとに糖尿病になるリスクが11%増えるとされています。

ですので、毎日おかわりをしてご飯茶碗2杯食べる人は22%、3杯食べる人は33%増える計算になるわけです。

非常に恐ろしい結果ですよね。

例えば私の友達で、毎日ご飯を丼で4杯食べる人がいるんですが、そういう方は将来がとても心配になりますよね。

私もちょいちょいアドバイスはするんですが、なかなか難しいです。

また研究では、男性では白米を食べる量が1日2杯以下のグループに比べて、1日2~3杯食べるグループでは5年以内に糖尿病になるリスクが24%高いことがわかっています。

また、女性ではさらにシンプルな結果が出ていて、白米を食べる量が多ければ多いほど糖尿病リスクが上がっていくという結果が出ています。

白米を1日1杯しか食べないグループと比較して、1日2杯のグループでは15%、3杯食べるグループでは48%、4杯食べるグループでは65%も糖尿病になるリスクが上がっているという結果がでたんですね。

ですので、白米を食べる量が多いほど、糖尿病リスクが上がるという事なんです。

ですからもちろん太りますし、ダイエットには向かないですよね。

じゃあ何を食べたら良いんだ!と思われるかと思いますが、それは茶色い炭水化物です。

茶色い炭水化物を摂りましょう!

茶色い炭水化物という言葉はあまり聞いたことがないかもしれませんが、白米ではなく玄米とか、小麦粉ではなく小麦を全て粉にした全粒粉を使った食品になります。

このように玄米とか全粒粉というのは茶色ですので、茶色い炭水化物と呼ばれているんですね。

茶色い炭水化物にすることで、食物繊維だけでなくビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に摂り入れることができますので、とても健康・美容・ダイエット敵に優れた食品になるんです。

また、茶色い炭水化物にすることで糖質を食物繊維がカバーする形になりますので、血糖値の上昇を穏やかにし、脂肪を取り込むインスリンの分泌を抑えることができますので太るのを抑える効果があります。

ですから茶色い炭水化物に変えるだけで様々なメリットがあるんです。

ちょっと待ってください

なので今日から変えられる方は茶色い炭水化物に変えて頂きたいんですが、じゃあ玄米か全粒粉の食品にしようと考えられている方はちょっと待ってください!

実は、その2つにもデメリットがあり、それよりも良い物があるんです。

で、まず玄米ですが、玄米は籾を取り除いただけですので、農薬が残留している危険性が高いんですね。

でまた、炊飯する際に水につけておく必要があったり、消化に悪いという点が気になります。

そして全粒粉の方はと言うと、こちらも農薬ですがさらに問題があって、外国産の全粒粉の場合にはポストハーベストといって、日本へ輸入する際にカビが生えないように収穫後の小麦に農薬をかけて輸送しているという実態があります。

これは作物を育てている際に農薬を使うよりも危険性が高いものですが、小麦粉全般に言えることです。

しかし全粒粉の場合には小麦粉のように精製しないため、より農薬を大量に摂取してしまいます。

ですから、全粒粉を購入する場合には必ず国産の物を選ぶ必要があります。

また、全粒粉にはもう一つ問題があり、それはグルテンというたんぱく質が入っていることにより腸に穴を空けてしまう危険性があるんです。

グルテンの問題

いまグルテンフリーと言う言葉が流行っているのはご存知ですか?

これは、グルテンが人体に与える腸へのダメージや消化不良、アレルギーを引き起こす危険性などを避けるために、グルテンを摂らないようにする食事ということなんです。

ですから、小麦粉でも全粒粉でもグルテンによる被害は避けられないため、あまり積極的に摂りたい食品ではないんですね。

おススメなのは「分づき米」

ということで、様々なデメリットが分かったところで私がおススメする炭水化物をご紹介しますが、それは何かというと「分づき米」になります。

分づき米とは玄米と白米の間にあたる、玄米から何割か精製するお米になるんですが、分づき米にすることで農薬を除去し、食物繊維やビタミン、農薬などを摂取することができますし、グルテンを避けることができますので最もおススメの炭水化物、穀物であると言えます。

ただ分づき米を選ぶ時には、その精米度合いが選べるんですよ。

例えば3割精米する3分づき米だと玄米に近いので少しボソボソ感はありますが、食物繊維やビタミン、ミネラルはそれだけ多くなります。

そして7割精米する7分づき米では、かなり白米に近いのでほとんど白米と同じ感覚で食べることができますが、精米が進んでいる分だけ栄養素は少なくなります。

ですので、私が一番、味と栄養のバランスが良いと感じているのは半分精米する5分づき米です。

これは個人の好みの問題ですので感じ方は違うと思うんですが、私は白米とそれほど変わらずに食べられて美味しいので、気に入っていますね。

ただ、いきなり5分づき米にするのが失敗しそうで怖い方は、まずは7分づきから始めて、大丈夫そうであれば5分づき米にステップアップするのが良いと思います。

分づき米の入手方法

分づき米はお米屋さんで購入できる所がありますし、もし無い場合には玄米を購入して近くのコイン精米機で分づき米を選択しても精米できますよ。

また、近くにお米屋さんも精米機もないという方には私がおススメする、分づき度合いが選べる無農薬のお米のAmazonのリンクを下に載せておきますので、ご興味のある方は説明欄のリンクからご覧ください。

【無農薬の分づき米はこちら】
◎奈良産 ヒノヒカリ 10kg (5kg×2袋) 明日香 レンゲ栽培米 (5分づき)
https://amzn.to/2UOpDYF

また、お米については私の過去の動画「お米のオススメな選び方」という動画でも詳しくご説明していますので、そちらの動画も下の説明欄からぜひご覧になってください。

【お米の選び方についての動画はこちら】

◎お米のオススメな選び方!健康&ダイエットできる理由【健康生活】
https://youtu.be/Dp6cPrK2YAE

ということで今回は、白い炭水化物は砂糖と同じですという話をさせて頂きました。

これから何十年も白い炭水化物を取り続けるということは糖尿病リスクがどんどん上がってしまいますし、ずっと食物繊維やビタミンやミネラルを捨てた炭水化物を取り続けることになりますので非常にもったいないですよね。

ですのでぜひ早い内に分づき米にチャレンジしてみてください。

今回ご紹介した方法を始めとして、私がこのチャンネルでご紹介する方法はあなただけでなく、あなたの大切な方を助けることになる大事な情報ですので観ただけで終わらず実践して、そしてあなたの大切な方に教えて一緒に健康になれるよう努力しましょう。

 

まとめ

今回は「白い炭水化物は砂糖と同じ!太るしダイエットできない理由」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。