頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【間違いランチ】お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてください!体にも仕事にも悪い7つの理由とは【English sub・全文字幕】

【間違いランチ】お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてください!体にも仕事にも悪い7つの理由とは【English sub・全文字幕】

【間違いランチ】お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてください!体にも仕事にも悪い7つの理由とは【English sub・全文字幕】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてほしい体にも仕事にも悪い7つの理由」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎お昼ご飯にコンビニおにぎりが危険な理由が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてほしい体にも仕事にも悪い7つの理由を知りたくはありませんか?

今回は、ついやってしまいがちな「お昼ご飯にコンビニのおにぎり」が招く危険な理由についてお伝えします。

お昼ご飯をコンビニで買う方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてほしい体にも仕事にも悪い7つの理由

はい、健康生活チャンネル、ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてください!ということについてお伝えしたいと思います。

で、あなたはお昼ご飯にコンビニのおにぎりを選んではいないでしょうか。

「お昼ごはんはどこでも食べられるものがいいし、食べる時間を短縮したいからおにぎりがいいなぁ。

コンビニで買えばいろんな種類があるし飽きないし、お家で作るよりも美味しいからコンビニおにぎりで固定しちゃうのが楽だし、パンよりはごはんがいいでしょ!」なんて考えて、コンビニおにぎりを選んでしまってはいないでしょうか。

私はこの気持ちめちゃくちゃ分かるんですよね。

実を言うと私も以前は毎日のようにコンビニおにぎりをお昼ご飯に選んでいた時期があって、やっぱりお手軽だし安いし美味しいしかさばらないし、便利なんですよね。

でも私は、お昼ご飯にコンビニのおにぎりを選ぶことの危険性を知ってしまいましたから、もうやめました。

ですので今回はお昼ご飯にコンビニおにぎりを選ぶことのリスク、あなたが健康的にも美容的にも、そして仕事的にも損をしてしまう危険性が7つありますので、お伝えします。

この動画をご覧頂くことで、コンビニおにぎりのリスクを理解して正しいお昼ご飯を選ぶことで、健康的に綺麗になり、そして仕事の効率も上がってとても得をすることになります。

逆にご覧頂かないと、お昼ご飯にコンビニおにぎりを選ぶリスクが分からず、ずっと続けることで様々なことで損をしてしまいますし、いずれ病気になってしまうリスクもありますので、ぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

コンビニおにぎりのリスクを知っていますか?

で、ランチにコンビニのおにぎりを選ぶリスクって結構沢山あって、7個あるんですよ。

「えっ?多すぎない?お昼ご飯をおにぎりにしてるだけで7個もあるの?」なんて考えてしまいそうですが、あるんですよ。

「いやいや、さすがにちょっと話を盛りすぎでしょ!」なんて声がもういまにも聞こえてきていますが、これは全然盛っている話ではなく、理屈を考えると当然のことなんですね。

ですので、この7つのリスクを知ったうえでお昼ご飯を考えて頂きたいと思います。

コンビニおにぎりの危険性①仕事の効率が下がる

という事でコンビニおにぎりのリスクの1つ目からですが、まずは仕事の効率が下がってしまうということです。

そうなんですよ。

コンビニのおにぎりを選ぶだけで、あなたの仕事の効率がガクッと下がってしまうんですね。

で、この理由が何故かと言うと、血糖値が関係してきます。

コンビニに限らずおにぎりというのは、おかずに対してご飯の占める割合がとても大きいもの、ですよね。

「いやいや、ちゃんと具が入っているし、味もしっかりとしますがな」なんて言う方もいらっしゃると思いますが、あなたはコンビニおにぎりの具ってどのくらい入ってるか、半分に割ってみたことありますか?あれってめちゃくちゃ少ないんですよ。

特にコンビニのおにぎりは、おかずの量を少なくして味付けをめちゃくちゃ濃くすることで味を補っているものなんですね。

ですから、5大栄養素には糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルという5種類があるんですが、このうち糖質の占める割合がとても多いものなんです。

実は後で説明しますが、脂質もめちゃくちゃ多いんですけどね。

ですので、コンビニおにぎりを選ぶ時点でたんぱく質・ビタミン・ミネラルはほぼ取れない状態になります。

しかもコンビニのおにぎりのお米は、周りの食物繊維や栄養素を全て削り落とした白米ですから、これは炭水化物とは名ばかりのほとんど糖質みたいなもの、砂糖みたいなものなんですよ。

で、このコンビニおにぎりを食べると、ほぼ純粋な糖質ばかりを摂ることになりますので、体の反応として血糖値が上がってしまうことになります。

胃の中に入ったおにぎりは、すぐに消化されて腸に流れ込みますから、腸で糖質がすばやく吸収されて血糖値が上がりすぎる状態となります。

そして、血糖値が上がりすぎると、これは体にとって危険なことですから、体はインスリンというホルモンを使って血糖値を急いで下げようとします。

この時、急激に上がった血糖値を急いで下げようとするため、血糖値は通常の値よりも下がりすぎてしまう、つまり低血糖の状態になってしまいます。

この低血糖の状態というのは血液の中に糖分が少ない、という状態なんですが、脳のエネルギー源は糖質ですので、脳は一時的にエネルギー不足の状態になり、強い眠気が出てきたり、フラフラしたり、意識がちょっとぼやけてしまう状態となってしまうんですよ。

ですからお昼ご飯の後って眠くなってしまうんですよね。

で、この低血糖の状態というのは脳がエネルギー不足で思考力が落ちている状態です。

いわば、酔っている時と同じような状態になってしまっているんですよ。

こんな思考力が落ちていて考えがまとまらないような状態で、いい仕事ができると思いますか?酔っぱらっているような状態で考えたり、交渉したりして、効率が上がるわけがないですよね。

ですから、仕事に悪影響が出て効率が下がり、出世できない、昇進できないために年収が下がってしまうことになるんです。

この低血糖状態を続けることによって年収が下がってしまうということは研究の結果からも分かっていることですので、やはりできるだけ回避すべき事態だと思います。

コンビニおにぎりの危険性②老化が早くなる

そしてコンビニおにぎりのリスクの2つ目は、老化が早くなるということです。

これはおにぎりを食べた後の高血糖状態に関係するんですが、高血糖状態というのは、血液の中に糖分が余っている状態なんですね。

この状態だと余った糖質とたんぱく質が糖化という反応を始めてしまいます。

糖化によって糖質とたんぱく質が組み合わさるとタンパク質はボロボロに脆くなってしまいますので、肌のコラーゲンが劣化してシワが増えたりたるみが増えたり、髪のタンパク質がボロボロになるとハリやツヤが失われてしまいます。

人の見た目年齢は肌と髪がいかに綺麗か、という所が大きな割合を占めていますので、糖化によって肌や髪が劣化してしまうと、実際の年齢よりもかなり老けて見られてしまうんですよ。

ですから、毎日のコンビニおにぎりがあなたを早く老けさせてしまうんですね。

で、糖化のリスクについては別の動画で詳しくお伝えしていますので、詳しく知りたい方はこちらの動画も下の説明欄のリンクからご覧になってください。

コンビニおにぎりの危険性③病気のリスクが上がる

そしてコンビニおにぎりのリスクの3つ目は、病気のリスクが上がるということです。

これは2つ目の老化が早くなるということに関連しますが、実は老化が進むのは見た目だけではなく、体の中でも老化が進むことになります。

特に危険なのは動脈硬化です。

血管のタンパク質が糖化によってボロボロになってしまうと、悪玉コレステロールが血管の内側の壁に入り込んで血管を狭くしてしまい、動脈硬化が進行します。

すると血管はさらに脆くなり、狭くなってしまいますので、脳血管障害や心臓病になるリスクが上がってしまうことになるんですね。

ですので、老化が早くなることで命の危険性も出てきてしまうんです。

怖いですよね。

コンビニおにぎりの危険性④太りやすくなる

そしてコンビニおにぎりのリスクの4つ目は、太りやすくなるということです。

で、この太りやすくなるということには2つ理由があって、一つはコンビニおにぎりを食べて高血糖状態、血糖値が高い状態になりますが、この血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが働くことになります。

しかしこの血糖値をどうやって下げるかと言うと、余った糖質を中性脂肪に変化させて体の中に溜めることで糖質を減らしていくんですよ。

つまり糖質を脂肪に変えているんですね。

ですから太ってしまいます。

また、低血糖状態になると体はエコモードという、食べ物からできるだけ栄養を吸収しようとするモードに入ってしまいます。

この状態になって夜ご飯を食べてしまうと、通常よりも沢山のエネルギーを吸収してしまうことで太ってしまうんですね。

ですから、ダブルの効果で太ってしまうことになります。

ですから、ダイエットをしたい方はランチにコンビニおにぎりというのは避けるべきなんです。

コンビニおにぎりの危険性⑤栄養失調になってしまう

そしてコンビニおにぎりのリスクの5つ目は、栄養失調になってしまうという事です。

ごはんを食べているのに栄養失調になってしまうという事がよくわからないという方もいらっしゃると思いますが、これは先ほども説明したように、コンビニおにぎりというのは糖質と脂質だけが異常に多くて、その他のタンパク質やビタミン、ミネラルはほとんど入っていない、そういう食べ物なんですね。

まずご飯が糖質ですのでとても多くて、コンビニのおにぎりは炊飯用の油、炊飯油で炊いていますので、ものすごい油まみれで脂質の多いものなんですよ。

それなのに中に入っている具は少ないですので、タンパク質やビタミンミネラルが少ない、という食事になるんです。

で、食事からバランスよく栄養素を摂るって結構大変なんですよ。

1日3食でしっかりとたんぱく質とビタミンとミネラルを積極的に摂ろうとして、やっと栄養素って足りるような状態ですので、その大切な1食であるランチに糖質と脂質ばかりを摂ると、その他の栄養素はあと2回の食事ではカバーできず、1日の必要量に足りくなってしまいます。

また、お昼にコンビニおにぎりを選ぶ方は、朝食と夕食で健康的な食事を摂っている方はそらく少ないと思うんですよね。

お昼はコンビニのおにぎりだけだけど、朝と晩の食事ではお豆腐とか大豆製品とか、野菜や果物などがとても多くて健康的な食事をしています!なんて方はかなり少数だと思うんですよ。

ですから、このような食事を続けていると特定の栄養素が不足して不調を作ってしまう、新型栄養失調になってしまうリスクがあります。

そしていずれ不調や病気を作ってしまう危険性まであるんですね。

ですから栄養素の面からみてもコンビニおにぎりはリスクがあります。

コンビニおにぎりの危険性⑥食品添加物の摂りすぎ

そしてコンビニおにぎりのリスクの6つ目は、食品添加物です。

コンビニのおにぎりは日持ちをしないといけないですし、味を加えるために様々な食品添加物が使われています。

まず保存料としてpH調整剤という食品添加物を使っている事が多いですが、pH調整剤は複数の食品添加物の混合物ですので、どのようなリスクが起こるかまだ分かっていないものですし、リン酸塩という食品添加物が入っていることでカルシウムやマグネシウムというミネラルが失われてしまいます。

また、中の具によっては発がん性のある危険な食品添加物も使われていますので、わりと食品添加物まみれの物なんですよ。

家で握るおにぎりに比べるとかなりリスクの高いものなんですね。

で、コンビニの食品というのは、夏の炎天下の中で48時間放置しても絶対に腐らないというのが必須条件ですので、それだけ強力な添加物が使われることになります。

でも、毎日の食事にそこまで保存性が高すぎるものって必要ないじゃないですか。

少なくともお昼まで持てばいいですよね。

ですから過剰な食品添加物を摂ることになるリスクがあります。

コンビニおにぎりの危険性⑦値段が高い

そしてコンビニおにぎりのリスクの7つ目は、値段が高いということです。

で、コンビニおにぎりって大体は100円くらい、シャケとか梅干しとかシンプルなもので100円くらいで、ちょっと豪華な具になると160円とかになりますよね。

おにぎり1個にこの値段って、わりと異常に高いんですよ。

あなたは、コンビニおにぎりの原価ってどのくらいかご存じですか?この100円とか160円とかで売ってるおにぎりの原価って聞かれると、まぁ利益を相当のせてるだろうから、50円くらいはかかってるんじゃないかなぁ?なんて考えそうですよね。

しかし、コンビニおにぎりの原価って1個当たりが3円から5円くらいなんです。

めちゃくちゃ安いですよね。

それだけ利益をのせているものがコンビニおにぎりなんです。

で、毎日コンビニおにぎりをお昼に食べるとして、さすがに1個じゃ足りないでしょうから、毎日2個食べるとするじゃないですか。

そうすると、大体毎日240円くらい使うことになりますので、これを20日間買うと4800円になります。

で、もしこれを自分でおにぎりを作るといくらくらいかかるかを計算すると、大体1個当たりが30円になるんですよ。

これを毎日2個食べるとして1日に60円、これを20日間続けると1200円ですので、添加物いっぱいのコンビニおにぎりと比べると、無添加の安全なおにぎりの方が1月あたり3600円安いということになります。

1年で言うと43200円の節約になるんですね。

ですから、1回あたりの食費としてはコンビニおにぎりは安く感じますが、実は結構高いものなんですよ。

節約のためにもコンビニおにぎりは良いものではないんですね。

これだけリスクがあるのでぜひ避けましょう

ということで、ランチにコンビニおにぎりを選ぶリスクを7つお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

仕事の効率が下がり、老化が進んで、病気のリスクが上がり、太ってしまうと。

そして栄養バランスが悪く、食品添加物いっぱいで、値段が高い。

これだけのリスクがありますので、ぜひランチにコンビニおにぎり、という習慣はやめて頂いた方がいいですね。

代わりに何を食べればいいのか

で、じゃあ代わりに何を食べたら良いかなんですが、まあ一番いいのはお弁当を作って頂くのが一番いいんですよ。

それも、栄養バランスが簡単に整う食事、まごわやさしい食事がオススメなんですね。

で、まごわやさしい食事をまだご存じでない方は別の動画で詳しくお伝えしていますので、あとでこちらもご覧になって頂きたいんですが、このような食事のお弁当に変えて頂けると安全なだけでなく、体を若く保つし太らないしコストも安いしでかなりお得なお弁当になります。

ただ、そんなお弁当作る時間がない!という方は、まずはおにぎりを自分で作るところから始めましょう。

とりあえずは中に入れる具もなんでもいいですから、具なんてもうできたやつが売ってますよね。

シーチキンでも高菜でも昆布でも、既製品でもあると思うんですよ。

このようなものからでいいですので、ぜひ具沢山にして頂いて、タンパク質やビタミンやミネラルを沢山摂れるおにぎりを作って頂きたいですね。

そして余裕が出てきたら、徐々にタンパク質が取れるおかず、例えばお魚を一品加えるとか、お野菜をプラスするとか果物をプラスするとか、少しづつ栄養バランスも整うお昼ご飯に変えていって頂けると、あなたが得するお昼ご飯になると思います。

ですので、ぜひ初めてみてください。

で、コンビニでお食事を選ぶならこんな選び方が良いですよーという例であるとか、コンビニで避けるべき食品などの動画もありますので、次はこちらの動画をご覧になってください。

で、コンビニおにぎりだけで済ます昼食には様々な危険があるかなり問題のあるランチになってしまいます。

いずれあなたが損をしてしまわないように、早いうちに食事を見直しましょう。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたらチャンネル登録するかはお任せしますが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎コンビニ食品の食品添加物ワーストランキング【危険性 ワースト7】
https://youtu.be/QfLYWiWi_vc

◎健康美容食育士が選ぶ!健康的なコンビニごはん【ローソン編】
https://youtu.be/E8LKA3nqCEY

◎健康美容食育士が選ぶ!健康的なコンビニごはん【セブンイレブン編】
https://youtu.be/qmsJlUoFFLU

 

まとめ

今回は「お昼ご飯にコンビニおにぎりはやめてほしい体にも仕事にも悪い7つの理由」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋