頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【COVID-19】新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果

【COVID-19】新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

新型コロナ「オミクロン株」にワクチンが有効なのか知りたくはありませんか?

今回は研究の結果から分かった、新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果をお伝えします。

オミクロン株ってなに?オミクロン株に感染したくない!という方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、新型コロナ「オミクロン株」へのファイザー製ワクチンの効果についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは新型コロナに罹りたくないと考えてはいないでしょうか。

いまかなり新型コロナの新規感染者が減少してきて、ようやく収束するのかなという雰囲気になってきたんですが、最近になって今度はオミクロン株という新しい新型コロナが出てきていま徐々に新規感染者が増えてきている状況です。

そして、いまから年末年始を迎えることになりますから、一気に感染拡大してしまう危険性があると言われているんですね。

で、いますでに新型コロナワクチンを2回接種した方がほとんどだと思いますが、新しく表れたオミクロン株に対してワクチンの効果があるのか、あなたはご存知でしょうか。

オミクロン株も新型コロナの一種だから、同じように感染予防できるんじゃないの?とか、新しい種類のウイルスだから、効かないんじゃないの?なんて、様々な意見があると思います。

そこで今回は、研究の結果から分かったファイザー製ワクチンの接種によるオミクロン株に対する効果をお伝えしますので、オミクロン株を始めとした新型コロナに感染したくない方は必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けるために、今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

オミクロン株とは

で、まずオミクロン株へのワクチンの効果の前に、このオミクロン株ってなんやねんと言う方も多いと思うんですよ。

今までにも変異株は他に、ベータ株とかガンマ株、デルタ型などの新種となる変異株が確認されています。

まあ細かく言うとまだイプシロン株とかゼータ株とか、沢山の変異株があるんですよ。

そして今回のオミクロン株、これは13番目の変異株となります。

変異株ってこれくらいどんどん現れてしまうものなんですね。

新型コロナウイルスは、タンパク質の殻があって、その中に遺伝子を持っただけの非常に単純な構造の微生物で、このような変異を繰り返すことでより人間や生物の中で増えやすいように、生存しやすいように適応していく、そういった生き物なんです。

まあ非常に迷惑な話ですよね。

で、新型コロナウイルスは遺伝子の情報に従って増殖するんですが、この時に一定の確率で遺伝子の複製にミスが生じます。

本来は遺伝子通りに複製元と同じウイルスが作られるはずが、遺伝子異常のウイルスができてしまうんですね。

これが変異株が生まれてしまう仕組みになります。

オミクロン株の特徴は「感染力」

そしてオミクロン株が出来たわけですが、このオミクロン株の特徴はこのようなものになります。

オミクロン株は、従来のコロナウイルスに比べて、今までにワクチンの予防接種によって作られた抗体では対応できない、対応できにくいために感染しやすいという特徴があります。

また、ヒトの細胞に入りやすくなった構造となってしまい、コロナウイルスは飛沫やマイクロ粒子と言った感染形態で口の中に入り込んできて、そして喉の所に付着して、細胞の中に侵入してくる、という感染経路をとるんですが、オミクロン株はこのとき、細胞内に侵入しやすいという特徴がありますので、今までのウイルスはワクチンの接種でかなり防げていたとしても、オミクロン株は簡単に細胞内に侵入して感染してしまう、という恐ろしいウイルスなんです。

オミクロン株の感染拡大予測

ただオミクロン株はまだまだ感染者が少ない状況ですので、そんなに強いウイルスって感じもしないじゃないですか。

ですから軽く考えている方が多いと思いますが、AIによる東京都の市中感染の予測では、早ければ2月には3千人を越え、遅くても4月までには2千人を越えるという予測になっているんですよ。

ですから、遅かれ早かれ今後また新型コロナの感染拡大が予想されているという状況なんですね。

これくらい感染力が強いウイルスなんです。

ですから、まあ基本的には感染対策をきちんとしましょうと。

マスクは外さずに外出するなら必ず着用して、手洗いうがいを徹底しましょうという話なんですが、そこで気になるのはワクチンがどの程度オミクロン株に有効かという話だと思うんですよ。

せっかく新型コロナに感染しないようにワクチンを接種したのに、これほど変異株がどんどん出てきて、そして感染してしまうならワクチンって何だったの?ってちょっと不満に思うでしょうし、今後の感染がやっぱり怖いじゃないですか。

ですので気になる所だと思いますが、今回研究の結果から、ワクチンのオミクロン株に対する有効性が判明してきたんですね。

ですので、この研究報告についてお伝えしたいと思います。

オミクロン株とワクチンの有効性に関する研究報告

この研究は、ファイザー製ワクチンを製造しているファイザー社が行ったもので、オミクロン株に対するファイザー製ワクチンの効果を調べたものですね。

この研究結果によると、現在すでに日本人の7割が摂取が完了しているというデータになっている従来のワクチン、これは2回接種した方が7割を超えている状況なんですが、この2回接種を行った方では、オミクロン株に対する効果が大幅な減少を示していて、保護効果が十分ではない可能性があるという事なんです。

ですから、2回のワクチンを接種し終わった方は、従来の新型コロナウイルスに対しては感染から守る効果があるんですが、オミクロン株には有効性が低いという状況だと。

じゃあオミクロン株には新しくワクチンが開発されないといけないのかと不安になるじゃないですか。

むしろ変異株が出るたびにそれに対応するワクチンが開発されないといけないのかなーなんて考えちゃいますよね。

しかしこの不安に対して少し希望が持てる研究結果が出ていて、いまコロナワクチンの3回目の接種が始まっているじゃないですか。

3回目のワクチン接種をブースター接種と言うんですが、これを18歳以上の希望者には開始されている状況なんですね。

この3回目の追加接種を行った場合、従来の新型コロナウイルスと同程度の保護効果が得られることが分かったんですね。

3回目の接種を行うことで、2回目までの接種を終えたよりも25倍にまで効果が増強され、高い保護レベルが観測されたという事なんです。

ですから、オミクロン株が怖いと、恐怖を感じている方や感染を防ぎたい方には3回目のブースター接種が希望となるんじゃないでしょうか。

また、オミクロン株に対するブースター接種の有効性は他の研究報告でも上がっていて、イギリス、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームからの報告では、新型コロナワクチンの3回目の接種、ブースター接種を行うことで、オミクロン株による重症化を85%も防ぐことが出来るということが分かっているんですよ。

ですから、かなりの確率で重症化を防いでくれますので、これであれば結構安心できる人がいるんじゃないでしょうか。

また、追加のブースター接種を行うことはオミクロン株だけでなく、今までのコロナウイルスにももちろん効果があって、このような従来種にはなんと97%も保護効果が手に入るという事なんですね。

ですので、従来種も防いで変異種も防いでくれるという安心な効果があるんです。

ですので、もしオミクロン株を防ぎたいという方は、3回目のブースター接種を検討してみてはいかがでしょうか。

オミクロン株に対するワクチン接種のベストタイミング

で、じゃあいつこのブースター接種を受ければ一番効果的なのかなんですが、ワクチンの効果がちゃんと手に入るのは、摂取してから2週間程度経過してからなんですよ。

それまでの間は感染予防効果が薄く、感染してしまうリスクがあるんですね。

それを考えると、早ければ2月には感染拡大が予想されている状況ですので、1月半ばくらいには感染予防効果がほしいと思いますよね。

となると、その2週間前だともうお正月の時期ですから、お正月が明けたらすぐにブースター接種を行うのがベストじゃないかなと思います。

ただし3回目の接種は2回目の接種から原則8カ月が経過した方が対象ですので、まだ8カ月経過していない方はもうちょっと待つ必要がありますね。

恐らく医療従事者と高齢者が2月くらいに接種を行いましたので、今の時点で8カ月が経過している人と言うと、60歳くらいの方なんじゃないでしょうか。

いかがでしたか?

という事で今回は、新型コロナ「オミクロン株」へのファイザー製ワクチンの効果についてお伝えしました。

ぜひ今回の話もあなたの役に立てていただければ嬉しいです。

で、私の別の動画では、新型コロナワクチンを打っても感染するブレークスルー感染のリスクについて話した動画や、新型コロナに感染しやすい場所と重症化しやすい人の特徴、新型コロナウイルスを92%カットする二重マスクと正しい付け方などの動画もありますので、ぜひ次はコチラの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたらチャンネル登録と高評価もお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【ブースター接種】新型コロナワクチン、3回目接種の効果と副反応について【研究報告】
https://youtu.be/iAvXpLuYJoI

◎【効果なし?】新型コロナワクチンを打っても感染するブレークスルー感染のリスクとは
https://youtu.be/xI0pszep2nE

◎【感染対策】新型コロナに感染しやすい場所と重症化しやすい人の特徴とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/c23PPODynbw

◎【感染症予防】新型コロナウイルスを92%カットする二重マスクと正しい付け方とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/vwSa8dc1xOo

◎マスクの予防効果を3倍にするマスクテクニック!新型コロナウイルス肺炎予防できていません
https://youtu.be/TWEaUOG3ebc

まとめ

今回は「新型コロナ「オミクロン株」を85%防ぐ3回目ワクチン追加接種の効果」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋