寒い冬はみかんで美味しく冷え性対策!3秒でできるみかんの剥き方もご紹介

寒い冬はみかんで美味しく冷え性対策!3秒でできるみかんの剥き方もご紹介

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「寒い冬はみかんで美味しく冷え性対策!3秒でできるみかんの剥き方もご紹介」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎体の中から温まる冷え性対策の方法が分かる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

冷え性をみかんで改善できる理由について知りたくはありませんか?

この動画では、冷え性対策は着込むよりもみかんを食べることが効率的な理由と、とても簡単にみかんが剥ける方法をお伝えします。

冷え性を美味しく綺麗に痩せながら解消したい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

寒い冬はみかんで美味しく冷え性対策!3秒でできるみかんの剥き方もご紹介

今回は、寒い冬はみかんで美味しく温まろうということについてお伝えしようと思います。

で、あなたは寒い季節はとても辛い思いをしていないですか?

それは、もしかしたら今回ご紹介する方法をやっていないからかもしれません。

外だけじゃなくて部屋の中まで寒くて、暖房をつけても底冷えするから下半身はめちゃくちゃ寒いし、冷え性の方になると手や足は特に冷えますので、寒いどころか痛くて辛い!そんな思いをしていないでしょうか。

で、そんな方の対策の多くは靴下を2枚履くとか、厚手のアウターを着るとか、酷い方は家の中でも手袋とか、ブクブクになるほど着込んでいる方もいらっしゃいます。

ですが、そんな対策よりももっと有効なのが今回ご紹介する方法である、みかんを食べる事なんですね。

えーっ、意外!って思うかもしれませんが、これはみかんに含まれている成分が最近の研究によってわかってきたことなんです。

ですので、みかんの凄い冷え性改善効果が分かって、今年の冬はみかんで美味しくあったか過ごせることができますので、ぜひチェックしてください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットにとても効果的な食事や生活習慣の情報を、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。また、多くの方にこの情報が伝わるように高評価のご協力もお願いします。

みかん食べてますか?

ということで、寒い冬はみかんで美味しく温まろうということについてお伝えしたいと思います。

で、あなたはみかんって食べてますか?

もし食べていないのであれば、それってとてももったいない事なんですよ。

みかんには健康的にも良い効果がありますし、美容的にも良い効果がありますし、そして今回ご紹介するように冷え性にとっても嬉しい改善効果があるんですね。

さらにいろいろ着こむよりも根本的に冷え性に効果がある理由がありますので、冷え性の方はぜひ試して頂きたい方法なんです。

で、じゃあなぜみかんにそれほど冷え性を改善する効果があるのかと言うと、冷え性の方と言うのは手や足など、末梢、末端部分へ近くなるほど血管が細くなって血流が悪くなることで、熱い血液が届かなくて冷えてしまっているんですね。

ですので、手や足を手袋とか靴下とかで覆って熱を逃がさないようにしても血流は改善しないんですが、みかんを食べることによって末梢血管が拡張すると、血管が広がって血流量が増えると、末端である手や足にまで身体の熱を届けてくれますので、効率的に冷え性を改善することが出来るんです。

冷え性を改善する有効成分

じゃあそんな冷え性に嬉しいみかんなんですが、何がそんなに冷え性を改善してくれるのかと言うと、これはヘスペリジンという成分によるものです。

ヘスペリジンというのは柑橘類に多く含まれているポリフェノールの一種で、いまご紹介したように血管の拡張作用があり、その他にも高い抗酸化力がありますので老化を抑えてくれて若いカラダを作ったり、ビタミンCを再利用できるようにすることでくすみや肌荒れを改善するといった効果もある優れた栄養素なんです。

この美容効果についても研究の結果から分かっているんですね。

で、このヘスペリジンですが、体内で一酸化窒素という血管を拡張する物質を作りだす助けをするんですね。

そうすることで一酸化窒素をたくさん作る事ができ、一酸化窒素の働きによって血管が拡張されて、手や足に熱い血液が届くようになって冷え性を改善することが出来るんです。

ですので、冷え性の方と、そして美容面も強化したい方はぜひみかんを食べて頂いた方が良いんです。

みかんで冷え性を改善する食べ方

なので今日からみかんを食べたい所なんですが、じゃあみかんを食べてくださいね!って言って食べて頂いても、実はそんなにこの有効成分であるヘスペリジンを取れない方が多いんです。

ヘスペリジンを摂るためには一つコツがあるんですね。

それは、まわりの薄皮や筋まで一緒に食べるという事です。

みかんのめんどくさくない剥き方

で、みかんを食べることに抵抗がある方がいらっしゃるんですが、そのほとんどはみかんを剥くのがめんどくさいって言われるんですよ。

ですので今回は、とても簡単にできて、しかもやりたくなってしまうようなみかんの剥き方もご紹介しようと思います。

この剥き方は和歌山むきとか、有田むきという剥き方なんですが、知ってますか?

これってプロのみかん剥きニストの方であれば3秒でむけるそうなんですよ。

凄いですよね。

私はまだまだ素人ですからこの程度ですが、慣れた方を見ると本当に早いのでおすすめです。

ですので、こういった剥き方であれば簡単に食べることができますので、これなら食べてみようかなって思いませんか?

みかんは薄皮と筋も一緒に食べる理由

で、じゃあさっき言ってた薄皮や筋なんですが、ここを食べない方って多いんですよ。

ですが、それってとてももったいないんですね。

この薄皮と筋の部分にこそ、今回ご紹介した冷え性を解消してくれる成分であるヘスペリジンが大量に含まれているからなんです。

この部分にはなんと、果肉の10倍から30倍ものヘスペリジンが含まれていますので、ぜひこの部分といっしょに食べてください。

で、もしもみかんを食べるのであれば、果肉だけでなく薄皮とか筋なども一緒に食べるのであればですが、間食としておやつの代わりに食べて頂くのも良いですし、食事量を減らすために食事の前にみかんを食べるというのもおススメになります。

食後に食べちゃうとどうしても食べ過ぎになっちゃいますからね。

ですので、ぜひ今日から冷え性対策に、美容強化に、ダイエットにみかんを食べましょう。

【関連リンク】
◎《有機栽培》【食事療法専門】無農薬有機栽培温州みかん あま柑【単品5kg】
https://amzn.to/3nYZAcF

 

まとめ

今回は「寒い冬はみかんで美味しく冷え性対策!3秒でできるみかんの剥き方もご紹介」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。