コンビニおでんは買わないで!そこに潜む健康被害の罠と超簡単おでんを作る方法

コンビニおでんは買わないで!そこに潜む健康被害の罠と超簡単おでんを作る方法

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「コンビニおでんは買わないで!そこに潜む健康被害の罠と超簡単おでんを作る方法」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎コンビニおでんのヤバい危険性がわかり避けることができる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

コンビニおでんが危険である理由を知りたくはありませんか?

この動画では、コンビニおでんに潜んだとても怖い危険物質と、安全かつ美味しく簡単におでんを作れる方法をお伝えします。

寒くなりおでんを食べたくなってきた方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

コンビニおでんは買わないで!そこに潜む健康被害の罠と超簡単おでんを作る方法

今回は、コンビニおでんは買わないでということについてお伝えしたいと思います。

で、もう11月に入って冷え込む日が増えてきましたが、つい先日、コンビニの前を通った時に「おでんを始めました」というのぼりを見かけたんですね。

で、これはヤバいと思って、今回の動画の内容にしました。

もう本当にヤバいと思うくらい、コンビニおでんって危険性の高いものなんですよ。

ですので、ぜひ今回の内容をご覧頂いて、その危険性を覚えて頂きたいと思います。

また、おでんって作るのが難しいと考えている方が多いと思いますが、ある方法によってめちゃくちゃ簡単にとても美味しいおでんを作る事が出来ますので、お楽しみにして頂ければと思います。

この動画をご覧いただくことで、コンビニおでんの危険性が分かって避ける事ができて健康な体を作る事ができますので、ぜひチェックしてください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットにとても効果的な食事や生活習慣の情報を、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。また、多くの方にこの情報が伝わるように高評価のご協力もお願いします。

コンビニおでんは危険です

ということで、コンビニおでんは買わないでということについてお伝えしたいと思います。

で、コンビニおでんってつい買いがちなんですよね。

やっぱりコンビニって便利ですのでコンビニに寄る機会って多いと思うんですが、その時にダシの良い香りがしてくると、「あぁ、おでん食べたいなー」って思うじゃないですか。

私はそんなときは家でおでんを作って食べるんですが、まあ多くの方はおでんを食べたいって思ったらコンビニで買うことが多いと思うんですよ。

でも、コンビニのおでんは本当にやめて頂きたいと思うほどの危険性、理由があるんですね。

ですので避けて頂きたいんですが、じゃあなぜコンビニおでんにそれほど危険性があるのかって言うと、早く老けるし、痛みや不調などの原因になりますし、そしてガンなどの病気に罹るリスクを上げてしまうからなんです。

ですので、この危険性について順にお伝えしていきます。

コンビニおでんの食品添加物がヤバイ

で、コンビニおでんの危険性が何かと言うと、それは食品添加物です。

食品添加物とは、食品製造の際に添加する物質のことで、保存性を高める保存料とか、商品の見た目を良くする着色料などがあるんですが、この食品添加物には危険性が指摘されている物が沢山あるんですね。

ですので、できるだけ避けたい食品添加物なんですが、普通の商品であれば裏に書いてある原材料欄を見て頂ければ書いてあるんですよ。

材料名の「/」のあとに書いてある漢字だったりカタカナの名前の物が食品添加物ですので、もちろんその食品添加物について知っていれば避けることができますし、分からなくても沢山の種類の添加物の名前が書いてあると、「これめちゃくちゃ添加物使っててやばい奴や」って分かりますよね。

でも、コンビニのおでんの場合にはその原材料名はおろか、食品添加物を確認することができないんですよ。

ですから、その危険性も分からないまま食べてしまっている状態なんですね。

なので非常に恐ろしい物なんですが、じゃあコンビニおでんの場合にはどのような食品添加物が使われているんでしょうか。

練り物や加工肉は避けましょう

で、コンビニおでんに使われている具材と食品添加物で言えば、最も避けたいのは練り物製品です。

例えばちくわとかはんぺん、つみれやかまぼこなどや、あるいは加工肉であるソーセージなどは、保存料として発がん性が指摘されているソルビン酸カリウムが使用されます。

また、コンビニおでんの具は見た目的に最低8時間は浮いた状態を維持しないといけないんですが、練り物製品は具材が汁を吸って型崩れを起こし沈んでしまうため8時間も浮いていることができないんですね。

そこでどうするかと言うと、ソルビン酸に加えてリン酸塩という添加物をプラスすることで出汁を吸いにくくして浮いている状態を維持するんです。

しかしこのリン酸塩は、ミネラルを吸収しにくくなるという危険性が指摘されているんですね。浮くために添加物を使うって驚きですよね。

また、ソーセージなど加工肉に関しては発色剤と言って、見た目の色を良くするための添加物が使われていますが、これも発がん性が指摘されています。

また着色料を使っている具材ももちろん沢山ありますし、保存料を使っている物も多いんです。

コンビニおでんはだし汁も危険

そして、さらに具材だけじゃないんですよね。これらの危険性のある具材を煮込むだし汁にも大量の食品添加物が使われているんです。

コンビニおでんのだし汁のだしは、本物の昆布とかかつおとかからとっているわけでは無いんです。それはコストの問題から、本物の出汁なんて使えないんですよね。

ですからコストを落として、でも味を良く保つためにどうするかと言うと、代替品を使うんですね。

で、まず使われるのはたんぱく加水分解物です。

これはコクやうま味を足す目的で加工食品によく使われているアミノ酸の混合物です。

たんぱく加水分解物は、大豆油を作る過程で出てくる大豆の搾りかすや、小麦のグルテン、とうもろこし、動物のくず肉などを使用しており、これらの原料を塩酸で分解することでコクやうま味を取り出しています。

で、このたんぱく加水分解物は、発がん性が指摘されているクロロプロパノールという物質が含まれてしまっているんですね。

また、同じようにうま味を足すために酵母エキスというものも使われています。これはビール製造で出る酵母の残りかすを分解して作り出したものです。

で、たんぱく加水分解物や酵母エキスなどの人工の旨味には問題があって、それは強烈すぎるうま味のために、他の食べ物では満足できなくなってしまうという事なんですね。

脳というのは常に刺激を求めてしまいますので、これらの強烈なうま味は脳を惹きつけて、依存を作ってしまいます。

そうすると、このような人工の旨味、調味料が使われた食品でないと美味しくなかったり、このような加工食品ばかりを欲しがるようになってしまうんです。

そうすると、健康的な食事からはどんどんかけ離れていってしまうのでこれもデメリットなんです。

また、コンビニおでんの具材やスープには、いま挙げた他にも非常に多くの種類の食品添加物が使われていますが、それを確認する手段はなく、コンビニおでんの危険性というのは計り知れない物なんです。

で、食品添加物というのはその一つずつではちゃんとした検査に合格していますので安全性が確認されているんですが、2種類以上を同時に使用した場合については検査はされていないんです。

ですから、食品添加物は多くの種類を合わせて使う場合に危険性が高いものなんですね。

食品添加物の混合プールになってます

ですが、コンビニおでんの場合にはどうでしょうか。

複数の食品添加物が使われただし汁の中に、これまた複数の添加物が使われた複数の具材が入れられている状態ですよね。

それぞれの具材に使われた食品添加物はだし汁の中に溶けだして、何十種類という食品添加物が混在している状態になります。

これだけ多くの種類の食品添加物を同時に摂る事になりますので、コンビニおでんは危険性が高いんです。

安全かつ美味しく簡単なおでんの作り方

ですので、安全におでんを楽しんで頂くためには、やはり自分で作る事が一番なんです。

ただ、おでんって作るのは大変そうですよね。結構煮込まないといけないし、調理時間が長くなりがちなので、めんどくさいって思う方も多いと思います。

ですが、もしもおでんの調理時間が15分くらいで終わるのであればどうでしょうか。

しかもコンビニおでんよりもずっと美味しくできる方法があるんです。それなら作ってみようと思いませんか?

もし自分でおでんを作れば、好きな具材は入れ放題ですし、なにより安全です。

それなら作りたいですって言う方のためにご紹介したいんですが、おでんを簡単に、かつとても美味しく作る方法が何かと言うと、それは電気圧力鍋を使う方法なんですね。

で、電気圧力鍋については先日の動画でお伝えさせて頂いたんですが、このおでんに関しては本当に美味しく作れちゃうので、ぜひ試して頂きたいんですね。

で、具材に関しては卵とか、厚揚げとか、大根とか、コンニャクとか白滝とか、軟骨とか、この辺は食品添加物がかなり少なくて安全な物が売ってますので、買ってきて切って入れるだけなのでまあ簡単です。

で、練り物系に関してはやはり添加物は多くなりがちですので、パッケージの裏の原材料欄を確認して頂きながら選ぶ必要がありますね。

ソーセージとかも入れるのであれば同じです。

まあでも、そんなに難しくないですよ。

作ってみたら分かるんですが、わりと買ってきて切って入れるだけ、みたいに簡単に作れますので、火加減を見る必要が無ければおでんって簡単なんだなって思えるはずです。

出汁に関しても、簡単にだしが取れるだしパックとかありますしね。

どうしてもだしをとるのが難しそうという方は、最低限顆粒だしを使っても、コンビニおでんよりは安全です。

ですので、これからの寒い季節は、ぜひあなたの手作りおでんで美味しく過ごして頂きたいと思います。

で、コンビニおでんだけでなくコンビニの食品は、食品添加物が多い物がほとんどですので、あなたや家族の健康を考えると、あまり頻繁に使うことは避けたいんですね。

ですので、今回のおでんだけでなく、できるだけ自分で安全なお料理を作って頂いて、健康な体づくりを始めましょう。

【関連リンク】
◎入れるだけで簡単時短調理!電気圧力鍋でお手軽健康料理を始めましょう
https://youtu.be/ynlGIItwAoE◎ティファール 電気圧力鍋 マルチクッカー クックフォーミー エクスプレス 6リットルタイプ
https://amzn.to/3lS7gw5

◎ティファール コンパクト電気圧力鍋 ラクラ・クッカー 3リットル
https://amzn.to/3k6a5cE

 

まとめ

今回は「コンビニおでんは買わないで!そこに潜む健康被害の罠と超簡単おでんを作る方法」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。