頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【食品添加物】毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由!専門店ほど危険なパンの闇とは

【食品添加物】毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由!専門店ほど危険なパンの闇とは

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

毎朝の「パン」がいけない理由を知りたくはありませんか?

今回は、毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由をお伝えします。

パンを食べる機会が多い方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、毎朝のパンは老けるし心臓や脳が壊れる理由についてお伝えしたいと思います。

で、毎朝パンを食べてはいないでしょうか。

例えば朝は必ず食パンにマーガリンを塗って、コーヒーと一緒に頂く、このような朝食の習慣の方って多いと思います。

また、朝は簡単に食べられる菓子パンとかお惣菜パン、あるいは高級な食パン屋さんで買った美味しい食パンを何もつけずに食べるという方もいらっしゃると思います。

やっぱりねぇ、美味しいですよね、パンって。

もう焼き立てのパンにマーガリンを塗っただけでめちゃくちゃ美味しいですし、菓子パンもいろんな種類があって美味しいし飽きないし、高級食パンなんてもっちりふわふわで幸せの塊なんじゃないかな、という幸福感まで感じます。

でも、もうその習慣は昨日までで終わりにしてください。

そうなんですね。

私はパンのおいしさを知っていますが、その上であなたに残酷なことを告げることになります。

それが、パンは太るし、老化を早めてしまうし、あなたの心臓や脳を壊してしまうから止めてください、ということなんです。

もうパン好きな方にとってはショックすぎる話かもしれないんですが、あなたの健康を守るためには知っておかなければいけない知識ですので、朝はパンという習慣の方は必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けるために、今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

パンが危険な理由①大量の糖質

で、なぜパンを食べるだけで太るし老けるし心臓や脳を壊してしまうのかなんですが、これにはいくつか原因があります。

まず、原因の1つ目になりますが、それは大量の糖質です。

パンをよく食べる方はこれを結構知らないんですが、実はパンには大量の糖質を使っているんですね。

「まあ確かに、菓子パンとかはチョコがかかってたりメロンパンとかは砂糖が付いてるから、砂糖は多そうだよねー」なんて考えるかもしれませんが、糖質が多いのは菓子パンだけではなく、食パンでさえ大量の砂糖が使われているんですね。

で、こちらが食パンの原材料欄、つまり食パンの材料の欄なんですが、原材料欄というのは材料の多い物から順番に記載されているんですね。

で、食パンの材料を見てみると、まず小麦粉が1番に来て、2番目を見ると糖類と記載されていますよね。

これが砂糖などの甘味になります。

ですから、食パンというのは小麦粉に次いで砂糖の量がめちゃくちゃ多い食品なんですよ。

で、なんでパンに糖質が多いのかなんですが、食パンに限らずパンというのは発酵させて膨らませないとふわふわにならないんですが、砂糖を加えることで発行が進みますので必要ですし、砂糖があることで周りの焼き色が付きますので香ばしくなります。

また、砂糖というのは保水性がある、つまり水分を蓄えやすい性質がありますので、砂糖が多いとしっとりと焼き上がり安いですし、時間が経っても水分を保つため、固くなりにくいという特徴があるんですね。

ですから、砂糖を使わないパンがどのようなパンになるかと言うと、フランスパンみたいなガチガチのパンになるんです。

このようなガチガチのパンであれば糖質が少ないですので、太らないですし健康的にはいいんですね。

でも、あなたが食べたいのはふわふわもっちり、柔らかくて甘いパンじゃないでしょうか。

ですから、どうしてもパンを食べると糖質の摂りすぎになってしまいます。

糖質を摂りすぎるともちろん太ってしまいますし、「糖化」という老化反応が起こってしまいます。

糖化とは余分な糖質がカラダのタンパク質と結びついて細胞がボロボロに劣化してしまうという反応で、この反応が全身で起こってしまうんですね。

例えば肌が劣化するとシワやたるみが出てしまったり、髪はバサバサ、枝毛が多くなったりキューティクルが失われてしまいます。

そして見た目が老けるだけではなく、血管もボロボロに劣化させてしまい、動脈硬化が進行して、いずれは脳や心臓の血管が詰まったり破裂したりで、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害や、心筋梗塞や狭心症などの心臓病になってしまうという恐ろしいリスクがあるんですね。

このように食パンでさえ糖質の摂りすぎになってしまいますので、菓子パンなんてとんでもないことなんですよ。

また、最近は高級食パンも結構多くのお店がありますが、このようなお店では糖質を使っているとバレたくないために、はちみつなどの他の糖質を使っているお店が多いです。

でも結局は糖質の摂りすぎになってしまいますので、太る、老ける、病気になるリスクとしては同じですよね。

パンが危険な理由②大量の油

で、パンが危険な理由は実は糖質だけではないんですよ。

まだあります。

それが、大量の油を使っているという事なんですね。

「えーっ!パンを食べても油を摂っている感じはしないけど、油が入ってるの?」なんて思いますよね。

でも実はそうなんです。

パンというのはどうしても油を沢山使わないと美味しくならないんですね。

で、先ほどご覧頂いた食パンの原材料欄ですが、もう一度ご覧になってみてください。

先ほど見て頂いた糖類の次の項目はマーガリンになってますよね。

マーガリンというのは植物油を水素で固めたものですので、その成分のほとんどは油なんです。

ですので、食パンというのは小麦粉の次に糖類が多くて、その次には油が多いという食べ物なんですよ。

結構怖いと思いますよね。

で、まだあるんですが、パン酵母、食塩の次にはバターがありますよね。

バターは牛乳の脂肪分を固めた動物性脂肪ですので、ここでもまた油を追加しています。

さらにその次は発酵種がきて、その次、また植物油脂を添加していますね。

マーガリンでさえ植物油脂なのに、さらに植物油脂を重ねるという、ダブル植物油脂を実現しています。

そしてその次は粉末油脂があります。

どうですか?こうやってみると、油がめちゃくちゃ使われているのが分かりますよね。

小麦粉に砂糖を沢山入れて、そこに油+油+油+油、これがパンの正体なんですよ。

ですので、パンを食べるだけで、それも何も塗っていない食パンだけでも大量の油を摂ることになるんですが、ここからさらにマーガリンとかバターを塗って食べる方は追加で油を摂ることになりますし、菓子パンやお惣菜パンも大量の油を使いますから、どんどん油の量が増えてしまうんですね。

ここまで油を摂っていたら、簡単に考えても健康的とは言えないと思います。

で、油を摂りすぎた場合のデメリットなんですが、まず植物油脂は酸化しやすい油ですので、過酸化脂質という老化物質を作り出してしまいます。

過酸化脂質は細胞を傷つけてしまいますので、先ほどの糖化と同じように肌や髪を傷つけて見た目年齢を老けさせてしまったり、動脈硬化を進行させて病気のリスクが上がってしまう事になりますね。

また、油の摂り過ぎは悪玉コレステロールを増加させてしまいますので、血液はドロドロになり、動脈硬化はさらに進行してしまう事になります。

ですので病気のリスクはどんどん上がってしまうことになるんです。

恐ろしいですよね。

パンが危険な理由③大量の食品添加物

そしてもう一度原材料欄をご覧頂きたいんですが、乳化剤やイーストフードなどの食品添加物も追加されています。

食品添加物は発がん性があったり子どもの奇形を作ったり不妊率を高めるなど、様々な健康被害を作ってしまう可能性があると言われていますので、できるだけ摂取量は減らしたい物質なんですね。

しかし、食パンにさえ食品添加物は使われていますので、これが菓子パンやお惣菜パンなどになると大量の食品添加物が使われていて、このようなパンを毎日食べていると当然ながら食品添加物を大量に摂ることになってしまいます。

ですので、毎朝、朝食でパンを食べるという事は、糖質の摂りすぎ、油の摂りすぎ、そして食品添加物の摂りすぎになってしまい、太るし、老けるし、脳や心臓、それだけじゃなくガンや他の病気のリスクも上げてしまう可能性があるという、結構怖い食習慣なんですよ。

パンの代わりに食べるものとは

ですのでできるだけ早く辞めて頂きたいんですが、じゃあ代わりに何を食べれば良いと思いますか?そうなんです、ご飯なんですね。

で、先ほどはパンの原材料欄をご覧頂きましたが、次はお米の原材料欄をご覧ください。

で、これがお米の原材料欄なんですが、パンと比べてみていかがですか?原材料は、このお米の場合には新潟産コシヒカリ、としか書いていないですよね。

まあお米だから当然ながら、原材料は米だけ、なんですよ。

しかもお米は水だけ入れて炊けばできあがりじゃないですか。

パンだったら砂糖を加えて油に油を足して食品添加物を足してという体に悪いものを沢山使わないといけないんですが、お米はシンプルで、米と水、これだけなんですよ。

ですから、パンに比べるとまだ健康的な食材なんですね。

ですので、毎日パンを食べて糖質や油を摂りすぎている方は、ぜひ早いうちにご飯を食べる習慣を作って頂きたいと思います。

まあただパンが大好きという方は多いでしょうから、例えば土曜日だけとか、日曜日だけとか、お休みの日のご褒美にだけパンを食べる、という習慣などにして頂けると、まだ実現しやすいんじゃないかなと思いますね。

いかがでしたか?

という事で今回は、毎朝のパンは老けるし心臓や脳が壊れる理由についてお伝えしました。

で、パンはとても美味しいものなんですが、実は健康的に良い食べ物とは呼べない食品なんですよ。

で、毎日の継続による効果ってとても大きいですので、毎日パン、という生活は避けて頂いた方がいいと思います。

で、パンよりもご飯がオススメなんですが、さらに健康的にするには白米ではなく別のお米がオススメなんですね。

で、私の別の動画では、お米のオススメな選び方と言う動画や、玄米の効果やメリットデメリットとおススメのお米という動画、朝食はパンよりもご飯の方が仕事や勉強がはかどる理由という動画などもありますので、次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、チャンネル登録と高評価で応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎お米のオススメな選び方!健康&ダイエットできる理由【健康生活】
https://youtu.be/Dp6cPrK2YAE

◎朝食はパンよりもご飯の方が仕事や勉強がはかどる理由【健康的にもご飯がいい】
https://youtu.be/XAyIN7ljUH4

◎【玄米ダイエット】玄米の効果やメリットデメリットとおススメのお米とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/nEklopweG4E

まとめ

今回は「」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋