【肥満を止める水】太りたくないなら水を飲むべき理由!水が脂肪に変わるという驚きの事実

【肥満を止める水】太りたくないなら水を飲むべき理由!水が脂肪に変わるという驚きの事実

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【肥満を止める水】太りたくないなら水を飲むべき理由!水が脂肪に変わるという驚きの事実」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎水が脂肪に変わり太ってしまう理由と痩せる方法が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

太りたくないなら水を飲むべき理由を知りたくはありませんか?
この動画では、水を飲まなければ太ってしまう驚くべき理由についてお伝えします。
太りたくない方、痩せたい、ダイエットしたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【肥満を止める水】太りたくないなら水を飲むべき理由!水が脂肪に変わるという驚きの事実

今回は、太りたくないなら水を飲むべき理由についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは太りたくない、痩せたいという希望がないでしょうか。

誰でも痩せて綺麗な体になりたいという願望はあると思います。

そんな方にお伝えしたいのが、今回、研究の結果から恐るべきことが分かったんですね。

それは、水が脂肪に変わるという事なんです。

水が脂肪に変わる?ちょっと想像つかないですよね。

水を飲みすぎると水太りするという事を言っている方は以前からいましたが、脂肪に変わるというのは驚きでした。

しかしそこには、あるホルモンが関わっていて、そして水を飲む量にも関連している事だったんです。

ですので今回は、これが出来ていないと太ってしまうという理由を研究報告と共にお伝えしますので、太りたくない方、痩せたい方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

水を沢山飲んでいますか?

ということで、太りたくないなら水を飲むべき理由についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは水って飲むようにしているでしょうか。

あまり意識して水を沢山飲むようにしていない方が多いんですが、実は結構飲まないといけないものなんですよ。

人間はカラダの80%が水から構成されていますので、水が無ければ生きていないですし、ほんの数%不足するだけで集中力が著しく低下してしまうものなんですね。

ですから十分な水分量の摂取はとても大切な問題なんです。

そんな大切な水なんですが、そこに追加で水の重要性が分かったのが今回の研究報告なんです。

水と肥満に関する研究報告

これはアメリカ、コロラド大学からの研究報告になります。

この研究では、水分の摂取を増やすだけで効果的に肥満やメタボリック症候群を抑えることができるのかを検証するために行われたものです。

つまり、太らないためにとにかく水を沢山飲めば肥満が抑えられるのか、ということを調べたんですね。

で、この研究ではフルクトース、これは果物などに多い糖質の種類の果糖なんですが、これがバゾプレッシンというホルモンの分泌を刺激するんですが、水分を摂ることでこの効果を抑えて症状を緩和できるかをマウスを使って実験したものです。

このバゾプレッシンについてなんですが、これは抗利尿ホルモンとか血圧上昇ホルモンと呼ばれるホルモンなんですね。

このバゾプレッシンが増えすぎてしまうと、尿が出にくくなったり、血圧が上がるという作用があります。

で、この実験の結果、フルクトース入りの水をマウスに与えたところ、脳を刺激してバゾプレッシンの分泌が促進されることを発見したんです。

このバゾプレッシンは、水を脂肪の形に変えて溜める働きがありますので、バゾプレッシンの分泌量増加は脂肪の蓄積を促進したんです。

ですから果糖を与えるとバゾプレッシンの働きによって水が脂肪に変わってしまうため、太ってしまうという事が分かったんですね。

じゃあ反対に、果糖の入っていない、ただの水を与えたところどうなったかと言うと、バゾプレッシンの分泌が抑えられてマウスの肥満が減少したんですね。

で、この研究から、水分を補給することがバゾプレッシンの効果を抑えて、肥満の予防と治療に有効であることが分かったんです。

また、この研究者は、脱水の状態、水分が足りない状態では脂肪が作られやすいということも発見しています。

つまり、水分が多いほど太りにくく、水分が少ない状態であるほど太りやすいという比例関係にあることが分かったんですね。

ですので、痩せたい方は水分があまり摂れていないというのはNGで、多めに水分を摂るようにしましょう。

正しい水分の取り方

水分量の目安としては、1日あたり1.5リットルから2リットルくらいが適量になります。

できるだけ2リットルを取れるようにして、一気には飲めませんので、1時間ごとにコップ半分くらいとか、ちょこちょこ飲みができるようにしましょう。

また、飲み物は水分補給をする際にはノンカフェインの飲み物、またはただのお水がおススメです。

カフェインは利尿作用があり水分を失わせてしまいますので水分補給には向かないんですね。

また、お水でいいんですが、お水も正しい選び方をして頂かないといけませんので、そちらはまた私の別の動画で詳しくお伝えしていますので、そちらの動画を下の説明欄からご覧になってください。

ダイエットならこれもおススメ

また、ダイエットをしたい方は水分補給を多めにすることに合わせて、ファスティングもおススメです。

ファスティングを一度行うことで、その後の食事量が減り、甘い物などの摂取量を減らすこともできますので、ぜひファスティングを行ってから効率よくダイエットをしましょう。

で、ファスティングについても別の動画でお伝えしてますので、そちらの動画もご覧になって下さい。

で、水分を摂るという事は脳の機能の面からも、便秘を解消するためにも、そして肥満を防ぐためにもとても大切な事なんですね。

ですので、不足することがないように、毎日の飲む量を正しく摂れるようにしましょう。

【関連リンク】
◎正しい水の選び方【健康生活】
https://youtu.be/qIgvhUZNs14

◎3日ファスティング(断食)基本のやり方【初心者必見!】
https://youtu.be/cz1Oldm1apk

◎ファスティングとは
https://www.youtube.com/watch?v=q5HMupiiCec&list=PL1Eijt6K2-ycPt_OQ0r64xuyMdVRMTn_W&index=1

 

まとめ

今回は「【肥満を止める水】太りたくないなら水を飲むべき理由!水が脂肪に変わるという驚きの事実」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。