頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【危険】高血圧を放置したあなたの未来とは!いま血圧を下げる必要があります

高血圧を放置したあなたの未来とは!いま血圧を下げる必要があります

高血圧を放置したあなたの未来とは!いま血圧を下げる必要があります

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「高血圧を放置したあなたの未来」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎高血圧を放置したあなたの未来が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

あなたが高血圧を今すぐ改善する必要がある理由を知りたくはありませんか?

今回は、高血圧を放置したあなたの未来といま血圧を下げる必要があるという理由をお伝えします。

高血圧を放置している方、薬に頼っている方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

高血圧を放置したあなたの未来

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、高血圧を放置したあなたの未来についてお伝えしたいと思います。

で、もしあなたが高血圧の状態であれば、これは今日からすぐに改善しなければならない理由があるんですね。

これを放置していると、あなたは必ず後になって後悔することになってしまうからです。

今回はこの理由と、いまからでもカバーできる方法をお伝えしますので、ぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしています。

チャンネル登録をしておくと、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けることができますので、お見逃しが無いように今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

日本人の〇分の1は高血圧

で、日本人は高血圧の方がかなり多くて、高血圧の治療を受けている患者数は993万7000人と、大体1000万人くらいいるんですね。

しかしこれは高血圧を診断されて治療を受けている方の数ですから、まだ高血圧だと診断されていない「かくれ高血圧」の方も数多くいらっしゃると言われています。

で、実際に診断を受けた方は1000万人なんですが、かくれ高血圧の方まで含めるとどのくらいの人数になるかと言うと、約4000万人もの人数が該当すると言われているんですね。

日本の人口は約1.2億人ですから、約3分の1の方、3人に1人は高血圧だという状況なんですよ。

日本人めちゃくちゃヤバいですよね。

高血圧はどこから?

で、高血圧といってもどのくらいからが高血圧というのかを知らずに、ちょっと血圧高めかな?程度に考えている方が多いんですが、高血圧というのは収縮期血圧、つまり上の血圧が140以上で、拡張期血圧、つまり下の血圧が90以上の場合を指します。

いかがですか?

あなたもこのくらい血圧が高い時があるんじゃないでしょうか。

で、これが病院で測った場合の高血圧の基準で、自宅で測った場合はまた基準が変わってきます。

自宅で血圧を測った場合には、上の血圧が135以上、下の血圧が85以上が高血圧だと言われているんですね。

高血圧は薬で抑えればいい?

でも、高血圧の方ってほとんどの方が「高血圧治したいんだけどなかなか治らないよねー」とか、「血圧を下げる薬を飲めばいいんじゃないの?」とか、「高血圧って言っても、すぐに死ぬわけじゃないんだしそのうち治すわ!」なんていう方がとても多いんですよ。

中にはお医者さんでもこういう事を言っている方がいらっしゃるんですよね。

しかし、あなたが思っているほど高血圧というのは危険性が低いものではなく、とても恐ろしい病気なんです。

で、じゃあ高血圧がどのような危険性があるのかなんですが、これは絵を使った方が分かりやすいので絵を使って説明していきますね。

まず血管があって、この中を血液が流れています。

これが通常の状態ですね。

で、高血圧の状態というのは2種類あって、それは血管が狭くなってしまっている場合と、血液の量が多い場合の2つなんです。

まず血管が狭くなってしまっている場合、このケースの場合は肥満の方やお酒を飲む習慣がある方、タバコを吸う方が当てはまります。

まず肥満の場合、この方の場合に脂肪によって全身で血管を外から押さえつけてしまうため、血管が狭くなってしまいます。

このため、血液に圧がかかってしまうことになりますから、つまり血圧が高くなってしまうんですね。

そしてお酒を飲まれる方の場合、この方の場合、アセトアルデヒドという物質が関係しています。

お酒にはアルコールが含まれていますが、体内に吸収されたアルコールはアセトアルデヒドという物質に変化します。

このアセトアルデヒドが血液中に多くなると血管を広げる作用があるため、お酒を飲んだ時には一時的には血圧が下がるんですが、飲酒が続くとこのアセトアルデヒドが酢酸という物質に変化します。

そのためにアセトアルデヒドの血中濃度が下がるため、血管が収縮して狭くなり、血圧が上昇してしまうんですね。

そして喫煙、タバコを吸う習慣がある方の場合、この場合にはタバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる作用があるため、これも同じように血管が狭なり血圧が高くなってしまうんですね。

そして血液の量が増えることで血圧が上がってしまっている方の場合ですが、この場合は塩分の摂りすぎになります。

よく血圧を下げたいなら塩分を控えなさいと言われますが、これがそのためなんですね。

塩分を摂りすぎた場合、血液中に塩分が多い状態となります。

しかし、人間の体内の塩分濃度は一定に濃度でないといけないという特徴があるんです。

しかし、例えば小さな梅干しを1個食べた場合、その梅干しには結構な量の塩が使われています。

まあ小さな梅干しであれば2g程度の食塩を含んでいますが、この程度の塩分を摂るだけでも体液量が2リットル増加することになるんですね。

たった2gの食塩で水分が2リットル増加するわけですから、かなりの量ですよね。

で、この量の水分が血液中に増えることになりますので、通常時はそんなに血液に圧がかかっていないような状態でも、水分量が増えることで逆に血液に圧がかかってしまい、高血圧になってしまいます。

ですから、肥満、喫煙、飲酒、塩分、これらは控える必要がある、ということなんですね。

で、じゃあこの高血圧だとどうなってしまうのかなんですが、これは結果的に言えば、脳の血管が詰まってしまったり、破裂してしまう脳卒中や、心臓の血管が詰まって心停止してしまう心臓病、あるいは心臓の血管にこぶができてしまう大動脈瘤という状態や、そのこぶが破けて出血してしまう大動脈瘤破裂、というという状態になってしまうんです。

いわば脳や心臓が働けなくなってしまう、という状態になるんですね。

あなたもこれらの病気はご存じだと思いますが、これを原因として亡くなられている方がかなり多い、死亡率の高い病気なんですよ。

ですから、血圧が高いとこのような命を落とすリスクが高くなってしまいます。

で、これが何故なのかと言うと、血圧が高いからすぐにこの状態になるわけではなく、動脈硬化が進むことによって血管が狭くなり、また脆くなることでこのような心臓病、脳卒中になっちゃうんです。

死ななかった場合も怖い

ただ、私がもっと怖いと思っているのは、これらの病気で死ななかった場合なんですね。

私は理学療法士ですので、これらの病気になった後、迅速な治療のおかげで命を取り留めて、そして機能を回復するためにリハビリを行う方を沢山お手伝いしてきたんですが、リハビリって本当に大変なんですよ。

その中でも特に大変なのは脳卒中ですね。

脳卒中の場合、脳梗塞でも脳出血でも、少なからず脳の機能を一部失った状態となってしまいます。

それは、人によっては植物状態になるほど重篤な方もいらっしゃいますし、軽度だと「脳卒中の影響あるかな?」なんて方もいらっしゃいますが、脳というのは非常に繊細な組織ですので、一時的に血流が失われただけでもかなりの脳組織が壊死してしまう物なんです。

で、脳の組織がかなり多く壊死してしまった方は片麻痺といって、片方の手足が麻痺して動かせなくなったり、動かしにくくなったりするものなんですよ。

ですから、この片麻痺になってしまとその後の生活がとても大変になってしまいますし、仕事は出来なくなる方が多いですし、出歩くのも一苦労してしまうようになるんですね。

で、あなたがもし高血圧なのであれば、このように急に死亡してしまったり、あるいは重い後遺症を持ちながら生きていくことをぜひ想像してみて欲しいんですよ。

これを全く考えないまま不健康な生活をして、いずれ脳卒中や心臓病になり後悔する方がとても多いんですね。

ですから、今のうちに予防をしておいて欲しいんです。

ただ、後になって血圧が上がりすぎてから対策すればいいわーなんて言っている方や、血圧の薬を飲んでおけばいいんでしょー?なんて言う方がいると思うんですよ。

ですので、まだ血圧が上がりきっていない今、対策を始める必要があるんですね。

で、じゃあ具体的にどのように対策をするかなんですが、私の別の動画では3パターンの血圧レベルに応じた対策方法や、血圧を下げるための塩の出し方、最も効率的に血圧を下げる方法などもお伝えしていますので、次はこちらの動画も下の説明欄からご覧になってください。

で、高血圧というのはあなたを不幸に導いてしまうジェットコースターがすでに発進してしまったような状態なんですよ。

これを止めるためには本気で早めに対策を行う必要がありますので、ぜひ今日から始めましょう。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたら次回もお見逃しが無いようにチャンネル登録をしておいて欲しいですが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【高血圧改善】血圧を下げるための「塩の出し方」!上手に排塩し血圧を安定させる食べ物
https://youtu.be/Y91Iy0Mhe3c

◎【高血圧】3パターンの血圧レベルに応じた最適な血圧を下げる運動!血圧の薬よりも効果的な理由とは
https://youtu.be/a_ShBsUeZQs

◎【高血圧を改善】最も効率的に血圧を下げられる方法
https://youtu.be/xoN8fdCuQ1M

 

まとめ

今回は「高血圧を放置したあなたの未来」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋