【怒り】大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由

【怒り】大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由

【怒り】大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由を知りたくはありませんか?

今回は、私がどうしても大食い番組を許せない理由と、あなたが損をしてしまう理由を3つずつお伝えします。

食べる量が多い方や健康でいたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、私が大食い早食い番組を反対する3つの理由についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは大食い番組ってみたことはないでしょうか。

最近特に大食いが流行っていて、あるテレビで去年くらいからかな?継続的に始まったと思ったら、急に人気が出てきていまやYoutubeやブログなどでもいろんな方が大食いに挑戦するようになっています。

しかし、私はこの風潮がどうしても許せないんですよね。

このような番組があることであなたが損をしてしまいますし、世界的にも大きな損失となってしまっているんです。

ですので今回は、私が大食い番組を見ないで欲しい3つの理由についてお伝えします。

この動画をご覧頂くことで、大食い番組をみないことであなたが得する理由がわかります。

逆にご覧頂かないと、全くメリットがなく、しらずしらずのうちにあなたが損をしてしまうことになりますので、ぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

大食いと早食いの番組とは

で、動画を2つに分ける必要もないなと思って今回は、大食い早食いとまとめさせて頂いたんですが、早食い(はやぐい)とは、食料や料理をともかく早く食べる行為で、大食い(おおぐい)とは、時間に関係なく大量に食べる行為のことを指しています。

で、いまある番組を中心にこのような大食いや早食いをする企画が沢山あるじゃないですか。

「この普通のお料理の10倍の量のオムライスを10分で食べきったら景品がもらえます、みたいにして、様々な芸能人がチャレンジしていますよね。

カレーとかパスタとかロコモコとか、様々なお料理やお店を変えて毎週放送している番組があるんですよ。

で、私はいつもはテレビってあまり付けないんですが、たまに目に入る機会があるんですね。

で、まあテレビの中だけで、芸能人だけでするならいいかーって思ったんですが、最近はYoutubeでも素人の方が自分でチャレンジして動画を出したり、撮影しなくてもチャレンジしたりしている方が多いみたいなんですね。

これはさすがにおかしくないかな、と思って今回の動画にさせて頂きました。

大食い早食い番組を見ることであなたが損をする3つの理由

で、大食い早食い番組を見ることであなたが損をする3つの理由があるんですね。

で、この理由になる部分なんですが、まず1つ目は、大食い番組を見ることで、あなたも知らないうちに大食いをしてしまう、食べ物の欲求が大きくなってしまうことが問題になるんですよ。

あなたも経験があるかもしれませんが、大食い番組とか大食い動画を見ていると、お腹が空いてきたり、それまで全く考えていなかった食べ物への強い欲求や甘い物への欲求が高まってしまうんですね。

このように、大食い番組は見ているとお腹が空いてしまうとか、影響されて食べてしまう、ということが起こります。

そして2つ目は、影響されてあなたの食事量が増えてしまった結果、健康的な悪影響が大きいことです。

大食いというのは胃や腸、肝臓や腎臓など、消化に関する内臓への負担がとても大きく、太ってしまったらダイエットして痩せればいい、なんて考えてしまっている方が多いですが、実は大食いによって内臓にダメージを与えて、その後の無理なダイエットによってまた内臓にダメージを与えてしまい、不調が出てきてしまったり、病気になるリスクを高めてしまうんですね。

ですから健康的に考えてもこのような番組は見ない方がいいです。

そして3つ目は、時間の無駄になることです。

テレビやスマホ、タブレットにおいて有意義な時間というのは、何かに感動することで精神的に安定するか、あるいは何かを学ぶこと、この2点だけなんですよ。

それ以外のバラエティなどは無駄な時間だと言えます。

中には、「私はテレビを見ることでストレス解消になってるからいいんだ!」と言われる方もいらっしゃると思うんですが、実は研究の結果から、テレビを初めとした電子機器の視聴はストレスを逆に溜めてしまうことが分かっているんですね。

ですから、休日にテレビや好きな動画を見る方が結構いらっしゃるかと思うんですが、それはストレスを溜めてしまっている、無駄な時間になってしまっているんです。

また、大食い番組を見てもあなたの人生に役に立る情報は全くないですし時間の無駄になるんですが、それだけじゃなくて無駄にお腹が空いてしまいますし、あなたが損をしてしまうことばかりなんですよね。

ですから、この3つの理由からあなたは損をしてしまいますので、大食い番組を見ることはやめて欲しいんです。

ですから、あなたに健康面でも損をして欲しくないので見ないでいただきたいんですが、さらに私が大食い番組を反対する大きな理由があるんですよ。

これはあなた個人にも経済的にも健康的にも関係のある話ですし、家族単位で考えてもとても重要で、さらに地球単位で考える必要のある話ですので、こちらも最後までご覧頂きたいと思います。

この私が大食い番組を反対する理由も3つありますので、順にご説明しますね。

私が大食い番組を反対する3つの理由

まず私が反対する理由の1つ目は、食料を無駄にするからです。

まあこれは当然ですよね。

あれだけ大量の食べ物を食べるわけですから、10人前の量であれば、10人がお腹いっぱいになる分の食料のはずなんですよ。

しかしそれを1人で食べるわけですから単純に9人前は無駄にしてしまっているんですよね。

ですがこのように言うと、「いやいや、その人にとってはそれがお腹いっぱいになる量だから、別にいいじゃない」って言われそうなんですが、実はそうではないんですよ。

確かに、人によってお腹がいっぱいになる食事の量はかなり差がありますよね。

肉体労働で体をガンガン動かしてカロリーを消費している方であれば、かなり沢山の量を食べることでお腹がいっぱいになるでしょうし、痩せた女性はほんの少しの量でもお腹いっぱいになってしまって、ほとんど食べてないのに、「もうこれ以上食べられません!」という方もいらっしゃいます。

で、なんでこれだけ食べる量に違いがあるかなんですが、人によって胃袋の大きさが違うからなんですよね。

よく聞くじゃないですか。

お相撲さんは胃袋が大きいからあれだけ食べられるんだよ、体が小さい人や細い人は胃袋が小さいからあまり食べられないんだよって、あなたも聞いたことがありますよね。

このように、いわゆる胃袋の大きさが違うため、食べる量は個人差があるんです。

では、実際に胃を見てみると、本当にたくさん食べる方やあまり食べない方では10倍も大きさが違うんでしょうか。

これが、実はそんなに違いは無いんですね。

沢山食べる方もあまり食べない方も、胃袋の大きさはほぼ一緒なんです。

というのも、胃袋というのは物凄く伸び縮みができる臓器で、いわば風船みたいなものなんですね。

胃の大きさ、容量は、空の状態、元々の状態で約100mlだと言われています。

ですが、このままだと500mlのペットボトル一本のお水も、コップ一杯の200mlのお水でさえも入らないじゃないですか。

実は私たちが食べ物を食べるとき、この胃はどんどん膨らんで収納していき、最大で1.5リットルのペットボトルくらいのサイズまで広がるということなんですね。

1.5リットルって結構大きいですが、ここまで膨らむんですね。

ですから、大食いの人も小食の人も、元は100mlで、詰め込むと1.5リットルまでは広げられるものなんですよ。

でも小食の方に、「じゃあ今から1.5リットル、1.5㎏分の食事を食べてください!」といっても、とても無理じゃないですか。

1.5リットルどころか500mlも入らない方もいらっしゃいますよね。

逆に、テレビを見てると1.5㎏を余裕で食べるギャル曽根さんみたいな方もいらっしゃいます。

じゃあこの食べる量の違いが何かというと、胃の違いではなくて脳の違いなんですよ。

私たちは食事を食べた際に、食事の糖質が腸から吸収されて、血液中に糖質が多くなってきます。

つまり、血糖値が上がってくるんですね。

この血糖値がある一定量を超えてくると脳の満腹中枢に伝達されて、脳から「もう満腹だから、もう食べるなー!」という指令が出されて、それ以上食べられなくなってしまうんです。

つまり、胃の大きさが違うのではなく、満腹中枢の違いがあるんですね。

でもこれだと大食いの方はすぐに血糖値が上がってしまって脳の満腹中枢が反応し、食べられなくなってしまいそうですが、満腹中枢は毎日の食事量を学習しますので、大食いを続ける方の場合にはかなりの量を食べないと、満腹中枢が反応しなくなってしまうんですよ。

ですから、いつも沢山食べる方は、沢山の量を食べないと満足できないんですね。

で、実は私も以前はかなり大食いの方だったんですよ。

特に高校生から社会人になりたての頃は凄かったんですね。

しかし今となっては普通の男性と同じか、それよりも小食になった方だと思います。

あまり男性が好まないような、量が少なくてお肉が少ないような野菜中心のお店の定食でも満足できますし、結構少なくなったんですよね。

ですから、10人前食べるような方であっても、食べる量を減らしていけば1人前の量で満腹になれるんですよ。

そうなると、消費する食材の量は10分の1に減らせるじゃないですか。

また、このような大食いチャレンジをして失敗した場合、残った食材は廃棄されることになりますよね。

しかし今、この食品廃棄が問題になってきています。

日本で1年間に廃棄される食品の量は2531万トンと言われています。

あまりパッと想像できない量ですよね。

で、想像できるかわからないですけど、いま車のアクアって人気じゃないですか。

ちょっと小型のハイブリッドカーですが、あれが1台1トンくらいなんですよ。

ですから、アクアが毎年2531万台分、それくらいの食料が廃棄されるということなんですよね。

分かりにくいですか?後は、飛行機の重さが大体150トンくらいですので、飛行機が16万9千機分、まだあまりパっと想像できないですね。

他には、東京ドーム5つ分の量になるそうです。

それくらい膨大な量が廃棄されているんです。

ただ、この廃棄される食品にはもう腐ってしまったり傷んでしまって、食べられないものも含まれています。

で、この廃棄食品のうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、これを食品ロスと言うんですが、このまだ食べられるのに廃棄される食品の量が600万トンと言われています。

この600万トンという量は、世界中で飢えに苦しんでいる人々に対して食料を援助している量の、1.4倍にも上るとされる量なんですよ。

そしてさらに、この食品ロスを日本人一人当たりに換算すると、毎日お茶碗1杯分にあたる量が捨てられていることになるんですね。

さすがにもったいないと思いませんか?
まあこの廃棄食品の全てが大食いが原因ではないんですが、普通の人の10倍も無駄に食べようとした挙句、チャレンジに失敗して残りを廃棄するなんて、飢えている人に対して、そして食べ物に対してめちゃくちゃ失礼なことだと思うんですよ。

ですから、この食品ロスがまず私が反対する理由ですね。

そして理由の2つ目は、お金の面で損をすることです。

まず個人の損失の前に、日本における食品ロスにおける経済的損失もかなりの額に上っていて、日本全体では11.1兆円で、これは農業と水産業の総生産額とほぼ同じ額になります。

これを1家庭に換算すると、4人家族を想定した場合、1年間で65,000円も失っていることになるそうなんですね。

65000円もあったら、いろんなことができるじゃないですか。

あなただったら1年間に65000円余ったら、どんなことに使いたいと思いますか?それだけのお金を毎年失っていることになるんですよ。

これってかなり無駄に思えますよね。

で、お金の面の損はこれだけに留まりません。

例えば、あなたが大食いだった場合、普通の胃袋に戻して食事を行えば、必要な量は1人分の食事代でいいですよね。

しかし、そこを胃袋を戻す努力を怠ると、2人前たべるかたであれば食費は2倍、3人前食べる方は3倍かかってしまいます。

ですから、ちゃんと胃袋の大きさを小さくすれば、少ない量でも満足できてお金もかからないのに、無駄に大量の食事代を使ってしまうことになるんです。

で、大食いで有名なギャル曽根さんがいらっしゃいますが、ギャル曽根さんもかなり食費がかかってしまうそうで、家族も大食いなため、1日当たり1万円から1万5千円くらいかかってしまうそうなんですよ。

ですから、番組のギャラはほとんどが食費になってしまうと話されているんですね。

そう考えると、実はあなたの食費も結構かかってしまっているんじゃないですか?大食い番組を見ているとつい食べる量も増えてしまいますし、本当は普通の食費で良かったところが、食費が2倍、3倍になってしまっているんじゃないでしょうか。

少ない量で満足できるなら沢山食べる必要なんてないですから、お金が節約できますし、沢山の食事を作る手間も節約できます。

そして理由の3つ目は、健康を害してしまうということです。

大食いをする方が多くなると、その方たちは必ず何かしら健康的に被害を受けてしまうことになります。

まぁ勝手に大食いにチャレンジして体を壊すなら自業自得で私は別に構わないんですが、私が心配しているのは、大食い番組を見ることで、つられて知らない間に大食いをしてしまっている方なんですよ。

例えば、沢山食べるという事はそれだけ血糖値が上がりやすくなりますので、糖尿病のリスクが上がってしまいますし、大食いって野菜とか果物じゃなくて、カレーとかハンバーガーとか、脂質と糖質が多いものがほとんどなんですね。

ですがこのようなものを沢山食べると、血液はドロドロになり、動脈硬化も進みますので、心臓病や脳血管障害、ガンのリスクまで上がってしまうことになります。

また、冒頭の方でもお伝えしましたが、大食いというのは胃や腸、肝臓や腎臓など、消化に関する内臓への負担がとても大きく、傷つけてしまう物なんです。

ですから、胃に負担をかけると胃炎や胃潰瘍になってしまったり、腸に負担をかけると腸炎やポリープを作ったり、肝臓や腎臓が炎症を起こしたりなど、不調や病気の原因になってしまいます。

また内臓が緊張すると背骨や骨盤を歪ませてしまい、肩こりとか腰痛とか、痛みまで作ってしまうんですよ。

ですから、テレビにつられて知らない間に大食いをしてしまって健康を害する人が増えてしまうことがとても心配なんですね。

また、将来の医療費を増やしてしまう事にもなるんです。

大食いの習慣がついてしまって、いずれ糖尿病や心臓病、脳梗塞やがんなどになると、入院費や手術代、通院費など、非常に高額な医療費がかかることになりますよね。

特にがんの場合、入院する期間は短くて、通院の期間が2年とか3年も続いてしまい、1年間に100万200万かかってしまうと言われています。

ですから、将来の医療費の負担ってかなり重くなってしまうんですよ。

また、日本規模で考えてもいま医療費がどんどん増加していて、2017年には42兆円だったんですが、2040年には67兆円にも上るという予測があるんです。

これを加速してしまっているのが大食いなんですね。

ですが、大食いをしている方が食事量を抑えて胃袋を小さくした場合、腹8分目の食事を心がけると病気のリスクってかなり低くなりますので、個人の医療費も抑えられるし、国の財源も無駄遣いしなくて済むようになります。

ですからお金の面で損をしてしまう、経済的な損失が大きな問題なんですね。

という事で、大食い番組を見ることであなたが損をする3つの理由と、私が大食い番組を反対する3つの理由をお伝えさせて頂きました。

で、このような番組は視聴者がいる限り続いてしまいますので、まずはあなたが損をしないように、大食い番組を見ないことから始めてみてください。

また、私の他の動画では、テレビを見ているだけで太ってしまう理由や、テレビや動画をみるなど間違ったストレス解消法をまとめた動画などもありますので、次はこちらの動画をご覧になってください。

また、いま沢山食べてしまっている方、胃袋が大きい方は、ファスティングをすることで辛い思いをすることなく胃袋を小さくすることができるんですね。

私も以前はかなり大食いでしたが、ファスティングをすることで普通の量の食事でも満足できるようになったんです。

で、ファスティングについても別の動画でお伝えしていますし、ファスティングを実践したい方には説明欄にホームページのリンクがありますので、そちらからご覧になってください。

で、大食いというのは個人的にも世界的にも非常に問題のある行為なんです。

まずはあなたが損をしないように、つられてしまって無意識に食べる量が増えてしまわないように対策を始めましょう。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたらチャンネル登録するかはお任せしますが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【チェックあり】科学的に間違っているストレス解消法9選【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/_JoLXJns6N0

◎【確実に効く】科学的に正しいストレス解消方法8選【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/iuLt__G6Wso

◎【ダイエット】テレビを見なければ勝手に4.6%痩せる理由!肥満の原因は〇〇でした
https://youtu.be/ZObMz5SmL4w

◎【初心者用3日断食】3日間ファスティングの正しいやり方と効果・効能とは【前編】
https://youtu.be/CBe9w-zgE8s

◎宿便の正体とスッキリ解消する出し方!必要な食べ物とレシピ公開【ファスティング日記 回復食1日目】
https://youtu.be/VrcdlQuVOv8

◎【回復食3日目】ファスティングのダイエット効果を2倍にして10キロ減らす回復食の食べ方【ファスティング日記】
https://youtu.be/7Wx1LAVVvT4

 

まとめ

今回は「大食い早食い番組を見ない方がいい、あなたが損をする3つの理由」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋