【断食飲み物】ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物【English sub・全文字幕】

【断食飲み物】ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物【English sub・全文字幕】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【断食飲み物】ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物【English sub・全文字幕】」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物

✅動画の信頼性
◎ファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物を知りたくはありませんか?

今回は、ファスティングに使う飲み物と飲んではいけないもの、飲んで欲しい物など飲み物について全て解説します。

酵素ドリンクや豆乳、野菜ジュース、野菜スープ、コーヒー、緑茶、ハーブティーなど、ファスティング時の飲み物に疑問のある方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【断食飲み物】ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物【English sub・全文字幕】

今回は、ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物についてお伝えしたいと思います。

で、あなたはファスティング中って何を飲んだらいいのかわからない、という疑問をお持ちではないでしょうか。

ファスティングは的確に行えばダイエット効果は凄いですし、引き締まって若返り綺麗になるし、そして内臓の働きや腸内環境が改善して健康にもなれる凄い方法なんですが、間違ったやり方ではこのような効果が得られないですし、とても辛いファスティングになってしまうものなんですね。

つまり、ファスティングを正しく行うためのルールがあるんです。

そこで今回は、ファスティングに使う飲み物や、ファスティング中に飲んで頂いても構わない物、そしてファスティング中にはこれは飲まないようにして頂きたいという物まで、飲み物について全て解説しますので、ファスティングにご興味のある方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。また、今回の内容は全文字幕を付ける予定ですので、文字がご覧になりたい方は字幕をオンにしてご覧ください。

ということで、ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物についてお伝えしたいと思います。

ファスティングに必須の飲み物

で、まずファスティングを行う上で必須となるのが綺麗な水とファスティング専用の酵素ドリンクです。

綺麗な水というのは水道水をそのままジャーと出したお水ではなく、簡易的でもいいですので浄水器などで水道のカルキや塩素などを取り除いたお水ですね。

そしてファスティング専用の酵素ドリンクですが、これはMANA酵素というドリンクになります。

これはファスティングを最も効果的にするために、そしてファスティング中の体調の異常や栄養素の不足などを防ぐために長年をかけて計算された酵素ドリンクなんですね。

この2つがまずは必須のものになります。

特に専用の酵素ドリンクを使わない方がとても多くて、そのために空腹感が出てしまったり、ふらふらしたり、頭痛や吐き気など色んな症状が出てしまってファスティングを中断したり、辛い思いをして二度とファスティングはやりたくない!と言っている方が多いんですね。

ファスティング中に取ってはいけない飲み物

で、ファスティングには専用の酵素ドリンクが必要です、と言っても例えば野菜ジュースであるとか豆乳、お味噌汁、野菜スープ、ニンジンジュース、かなり安い酵素ドリンクなどで代用しようと考える方がいらっしゃいます。

やはりこの専用の酵素ドリンクはビタミンやミネラル、脂肪を消費するためのL-カルニチンなどの成分が含まれていますし、1年2か月もの期間をかけて熟成発酵させて栄養素を極限まで分解させていますから、お値段がまあまあするんですよ。

ですから、お金をかけずにファスティングを成功させたいと思ってこれらの飲み物で代用したい、という考えはわかります。

ですが、野菜ジュースでは糖質が多すぎたりタンパク質やミネラルが不足したり、豆乳であればタンパク質は取れますが糖質不足で低血糖になったり、お味噌汁や野菜スープでは糖質不足ですし、いくら汁物で煮込んでいるものだからお野菜が柔らかくなっているとしても、栄養素が分解されていないために正しいファスティングの効果は得られないんです。

ニンジンジュースだと栄養素的に偏るし、これも栄養素は分解されていませんし、糖質不足です。

そしてドラッグストアとかインターネットで売っている安い酵素ドリンクだと、これはブドウ糖果糖液糖という砂糖水のような添加物が入れられた偽物の酵素ドリンクですので、過剰な糖質で血糖値が上がりすぎ、そして反動で今度は下がりすぎたりして太ったり体調不良の原因にもなってしまいます。

ですから、ファスティングにはファスティング専用に作られた酵素ドリンクが必須になるんですね。

代用が効かない物なんですよ。

でまた、じゃあ代用が効かないのは分かったと、ではそうではなくて、専用の酵素ドリンクをちゃんと使うから、これらの豆乳とか野菜ジュースとかお味噌汁とか野菜スープなどを追加で飲んでもいいですか。という疑問が出てくるかもしれませんが、これらも避けるべきなんですね。

その理由としては、まず栄養素が分解されていないことが挙げられます。

このマナ酵素は1年2か月の間熟成発酵して栄養素を分解させていると先ほどお伝えしましたが、なぜここまで栄養素を分解する必要があると思いますか?

それは、消化に力を使わなくて済むようにするためなんです。

私たちは食べ物や飲み物を取った時、その栄養素を吸収するためには非常に細かいレベルまで分解する必要があります。

例えばお野菜が固形のまま体内に入るわけじゃないですし、タンパク質や脂質というレベルでもまだ大きくて、もっともっと細かくする必要があるんです。

この栄養素を細かくする働きは、消化酵素という酵素が行っています。

しかし消化酵素を大量に使いすぎると、体を修復したり栄養素を作り出す代謝酵素という酵素の働きが不足することになってしまうんですね。

この代謝酵素の働きこそがファスティングにおいて綺麗になったり健康になれる最も重要な部分ですので、ファスティング中はできるだけこの消化を行わなくていいようにする必要があります。

ですからファスティング専用の酵素ドリンクでは1年2か月もの時間をかけて栄養素を極限まで分解しているんですね。

ですが、そこにまったく栄養素が分解されていない豆乳や野菜スープなどを入れてしまったらどうなりますか?

マナ酵素は消化せずに吸収することができますが、このような未消化の栄養素に消化活動をする必要がでてきますので、代謝をする効率が下がってしまうんです。

ですから、これらの物はファスティング中には取ることができないんですね。

ファスティング中にこれらの飲み物は?

という事でファスティングにはマナ酵素が必須で、他の物では代用できないし追加で取ることもできないという理由が分かったと思います。

ではですね、消化があまり必要とされない飲み物だったらどうでしょうか。

例えば、アルコール、コーヒー、緑茶、ウーロン茶、紅茶、麦茶、ハーブティーなど、これらだったらどうだと思いますか?

まず、アルコールはNGですね。

まあこれは分かり易いと思います。

アルコールを摂取するとアルコールの分解のために肝臓や腎臓に負担を掛けてしまいますが、ファスティングでは肝臓や腎臓は体のデトックスのために働いてもらいたいんです。

ですから肝臓や腎臓に余計な負担を掛けるアルコールは飲んではいけない物になります。

また、ファスティング時にアルコールを飲むと、空腹時であることからアルコールの周りが早いために危険性があるという事もありますね。

では、コーヒーはいかがでしょうか。

実はコーヒーもダメなんです。

胃が空っぽの状態でコーヒーを飲んでしまうと、これは人にも差があるんですが、カフェインの作用によって神経が過敏になりやすく、食欲が増加してしまう場合があるんですね。

ですからファスティングが失敗する要素を強めてしまう可能性があるためNGになります。

また、空腹時のカフェインは胃に負担を掛けてしまいますので、吐き気などの原因にもなってしまいます。

ですから、同じようにカフェインが含まれている緑茶や烏龍茶、紅茶もNGになります。

ただ、もしもコーヒーの味が好きで味を変えるために飲みたいという方は、タンポポ茶が代用品になります。

タンポポ茶はノンカフェインですからファスティングを邪魔しないんですね。

では麦茶はどうなのかと言うと、これもちょっと怪しいです。

麦茶はノンカフェインですからカフェイン的にはOKなんですが、原材料が大麦や麦ですので、アレルギーが出てしまう可能性があるんですね。

ですから、このような本来のファスティングで使用しない物を使ってしまって症状が出た場合、対策を行えない場合がありますので麦茶も控えて頂いた方がいいです。

そしてハーブティーですが、これはOKです。

というか、積極的に飲んで頂きたいものなんですね。

で、ハーブティーの中でも特におススメなのがルイボスティーです。

ルイボスティーはミネラルが豊富ですのでファスティングの効果である代謝を活性化して効果を高めてくれますし、ルイボスティーのミネラルから作られる抗酸化物質SODというものの効果で、老化を早めてしまう活性酸素を強力に分解し、無害な物質へと変えてくれる効果があります。

つまり、若返り効果、美肌効果などの美容効果があるんです。

ですから私はファスティングを行う際にルイボスティーも積極的に取って頂くようにおススメしています。

という事でファスティング中に飲んで良いもの、飲んではいけないもの、そして飲んで欲しいものをお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。あなたの疑問を解決できるお助けになりましたか?

で、じゃあファスティングにチャレンジしてみたいけど、失敗しないか不安という方は、初心者でも失敗しないように私が毎日サポートするサポート付きのファスティングがいまならモニター価格でお試しいただけます。

これは下の説明欄にあるホームページからご覧いただけますので、興味のある方はそちらからご覧ください。

また、自分でファスティングにチャレンジしたいという方はこちらのマナ酵素やルイボスティーが必要となりますが、こちらの正規販売店のリンクも下の説明欄に載せておきますので、そちらからご覧になってください。

こちらの正規販売店では酵素ドリンクが1割近く安く購入できる限定の定期購入もありますので、もし定期的にファスティングをしたいという方はこちらで購入して頂いた方がお得ですね。

で、ファスティングはこのような注意点がありますが、ちゃんと行えば見た目も体内年齢も若返り、痩せて引き締まって綺麗になり、筋肉は残して脂肪が大幅に落ちて、体の悪い物質を大量にデトックスして健康にしてくれるという素晴らしい健康法なんですね。

ぜひあなたもファスティングでリセットする習慣を取り入れて、綺麗な体でもっと生活を楽しめるようにファスティングにチャレンジしてみて下さい。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログは下の説明欄のリンクからご覧になってください。

今回の内容が為になったと思って頂けたら、ぜひ高評価ボタンとチャンネル登録をお願いします。では次回の動画で、お会いしましょう

【関連リンク】
◎【初心者用3日断食】3日間ファスティングの正しいやり方と効果・効能とは【前編】
https://youtu.be/CBe9w-zgE8s

◎ファスティングとは
https://www.youtube.com/watch?v=q5HMupiiCec&list=PL1Eijt6K2-ycPt_OQ0r64xuyMdVRMTn_W&index=1

◎初めてのファスティングでも安心の「サポート付きファスティング」
https://ebi-fasting.com/

◎ファスティング専用ドリンク MANA酵素
http://general.shop-pro.jp/?pid=135313776

◎ルイボスティーPono
http://general.shop-pro.jp/?pid=59532870

◎酵素ドリンクが1割安く買える定期購入
https://bit.ly/2V0DAPu

まとめ

今回は「【断食飲み物】ファスティングに使う飲み物と飲んではいけない物【English sub・全文字幕】」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。