頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【うつ傾向】気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣!特効薬とも呼べる効果アリ

気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣がわ

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

気分の落ち込みを確実に改善できる方法を知りたくはありませんか?

今回は、なかなか改善しにくい「気分の落ち込み」があるなら必ずやるべき1つの習慣、特効薬とも呼べる方法をお伝えします。

気分が落ちこんでしまって困っている方は必ず最後までご覧になってください。

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは気分の落ち込みが出てしまう事はないでしょうか。

なぜか気分が落ち込んでしまう、沈んでしまって、元気が出ないとか、意欲がわかない、なんとなく不安を感じてしまうなど、このような気分の問題でお困りではないでしょうか。

このような気分の問題は、いわゆる気分の落ち込みと呼ばたり、うつ傾向と呼ばれることもあります。

あなたもこういう時期がありませんでしたか?私は今までに2~3回くらいはこのように気分が落ち込んでしまった時期がありましたね。

で、このような落ち込みが出てしまうと、なんとなく不安を感じたり、不幸を感じたり、これからどうなってしまうんだろうという恐怖を感じたり、元気が出ないし、なにもやる気が起きないし、ストレスは溜まってしまうしで、もう気分がめちゃくちゃでなにも行動が出来なくなってしまう方もいらっしゃるんですね。

ですから、結構厄介な症状なんです。

そこで今回は、このやっかいな気分の落ち込み、これを解消するために必須の、もはや特効薬とも呼べる方法をお伝えします。

とりあえずこれだけやっとけば気分の落ち込みが完全になくなる方もいらっしゃいますし、逆にこれが出来ていなければどんな努力をしても改善できないというケースもありますので、割と必須の習慣になります。

ですので、いま気分の落ち込みがあるとか、気分が上がってちゃんと幸せを感じることができる体になりたい方は必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けるために、今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

気分の落ち込みとは

で、この気分の落ち込み、これはうつ傾向とも呼ばれることがあります。

うつ病って聞いたことがありませんか?うつ病とは気分障害の一つで、一日中気分が落ち込んでいて、何をしても楽しめないといった精神症状があって、十分に眠れない、疲れやすいなどの体の症状も現れて、日常生活が大変になってしまうという病気なんですね。

で、このうつ病という病気に対して、うつ傾向というのはそのずっと手前の状態ですね。

気分の落ち込みというのはこの部分に当たるんです。

というのも、原因が同じだからなんですね。

気分の落ち込みの原因とは

では、この気分の落ち込み、この原因が何かというと、セロトニン不足なんですね。

バーン!きました。セロトニン。

これ知ってますか?

もしかしたら聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

これは人間が幸せに生きるために必須とも言えるものなんですね。

セロトニンというのは、脳で使われれる神経伝達物質の一種になります。

言い方を変えると、脳内ホルモンと呼ばれるものの一種で、特に幸福感を感じるために必須なため、幸せホルモンと呼ばれるものなんですね。

で、この脳内ホルモン、セロトニンなんですが、これは精神を安定させたり、安心感を与えたり、頭の回転を良くしたり、ストレスを軽減するという効果があります。

ですから、セロトニンが多いほど心は安定して、不安がなくなり、ストレスも減ると、あなたがリラックスして安心するためにはこのセロトニンが必須なものなんです。

ですから、このように精神的に安定させるという働きのあるセロトニンが足りなくなってしまうとどうなると思いますか?
まず精神的に不安定になってしまいますよね。

そして安心感がなくなり特に理由のない不安感に襲われてしまいます。

そして頭の回転は鈍くなり、なぜ不安なのか何が不安なのかも、どうしたらいいのかも判断が付かなくなり、ストレスがいっぱいになって落ち込んでしまう、こういった症状を作ってしまうんです。

どうですか?もしあなたがいま気分の落ち込みを感じているなら、結構当てはまっているんじゃないでしょうか。

で、このセロトニンなんですが、これが不足すると気分の落ち込み、うつ傾向になってしまいます。

しかし、これがさらに不足してしまうとどうなるのか。

それは、いまよりももっともっと気分は落ち込み、意欲はなくなって何もしたくなくなり、不安な心はもはや恐怖を感じるほどになり、思考は停止して、ストレスはピークを越えてどうしたらいいのかすら分からなくなる、つまりうつ病になってしまうというわけなんですね。

ですから、気分の落ち込みというのはまだこれから悪化する手前の状態、うつ病の手前の状態ですから、今のうちに改善したい症状でもあるんです。

気分の落ち込みを解消するには?

では、この気分の落ち込みを解消するにはどうしたらいいでしょうか?

そうですよね、セロトニンが足りないんだから、セロトニンを増やせばいいんです。

その方法が今回お伝えしたい、これさえ行えばかなり気分の落ち込みが解消できる、特効薬と言ってもいいくら効果があるというたった一つの習慣なんですね。

気分の落ち込みを解消する特効薬!

で、その方法はというと、これは「朝のウォーキング」なんですね。

え?朝のウォーキングだけで気分の落ち込みが解消できるの?

なんて思うかもしれませんが、それは違います。

朝のウォーキングだから最も効果的なんです。

その理由があるんですね。

で、その理由というのは、セロトニンが十分に分泌される条件なんです。

セロトニンというのはいつでも誰でも同じ量が分泌されるわけでなく、ある条件があるんですね。

セロトニンが分泌される条件①

その条件の一つが、日光に当たることです。

セロトニンは日光に当たることで分泌が活性されるホルモンですので、積極的に日光に当たる必要があるんですね。

しかも、その日光に当たる時間は、「朝起きてから1時間以内」が最も分泌されると言われています。

朝起きてから1時間以内には必ず日光に当たる、という習慣を心がけて貰うと、かなりセロトニンを分泌することができますので、ぜひ行ってみてください。

で、朝日を浴びるだけなら家の中でもできるじゃないですか。

で、気分の落ち込みがある方はほぼ必ず、少なからず外に出たくなくなるし、意欲が少ないために行動しようと思えなくなるんですよ。

ですから、とりあえず起きたら家の中で日光の当たる場所に行って、30分程度は日光にあたると、このような習慣を作りましょう。

でも、特効薬と呼べるのは朝日に当たるだけではなく、朝のウォーキングなんですね。

セロトニンが分泌される条件②

その理由、セロトニンが出る条件、理由の2つ目が、リズミカルな運動です。

実はセロトニンというのは、リズミカルな運動でも活性化することができるんですね。

ですから、ウォーキングを行うことで、自然とリズミカルな運動になるじゃないですか。

このリズム運動によってさらにセロトニンの分泌を促すことができるんです。

ですから朝のウォーキングというのは、日光に当たってセロトニンを出し、さらにウォーキングによってセロトニンを出すという、二倍お得な方法なんですね。

ですのでこれを行うことで、セロトニンを十分に出すことができるようになるんです。

また、セロトニンは先ほどお伝えした精神的に安定するという効果の他にも、睡眠を深くするという睡眠の質を上げる効果もありますので、寝つきが悪いとか、睡眠が浅いという方にもおすすめの方法ですね。

まあですので、朝のウォーキングというのは気分の落ち込みのある方、うつ傾向の方、うつ病の方にとっては正に特効薬とも呼べる効果があります。

習慣化することが最も大切

といっても、改善するまでには1回や2回行うだけで効果が現れるものでもなく、人にもよりますがおよそ1カ月程度はかかりますので、この習慣を継続することがとても大切です。

この習慣さえ継続出来れば、ほぼ確実に改善できる、少なくとも効果はあると思います。

ところがこれが難しい

ただ、気分の落ち込みがある方って、セロトニン不足によって意欲が低下しているし、不安ですのであまり人に会ったり話をしたくなくなっているし、眠いしだるいしという特徴がありますので、外のウォーキングって結構抵抗感のある方が多いんですよ。

というかほとんどの方はそうなんですね。

ですから、外に出なくて日光に当たる時間が少なくてセロトニンが減ってしまう、セロトニン不足で意欲がなく不安が強くなって外に出たくなくなる、さらに日光に当たる時間が少なくてセロトニンが不足するという、悪いループに陥ってしまっています。

ですのでもし、朝のウォーキングはちょっと厳しい、難しいという方は、とりあえず家の中でもいいですので、起きてから1時間以内に、日当たりのいいお部屋に移動しましょう。

まずは日光に最低15分、最大30分程度当たる習慣を作って頂いて、そしてリズミカルな運動、ラジオ体操とか、足踏み運動とか、なにかついでに運動をしましょう。

この習慣を作って頂いても十分に効果はありますので、まずはあなたが習慣化しやすいもの、ハードルが低いものから始めて頂いてはいかがでしょうか。

何もやらないよりはまずはやること、何かから変える事が大切ですからね。

できることから始めましょう。

で、気分の落ち込みと言うのは悪化していく可能性があり、その先には大変な未来があるんですよ。

ですが、これを改善できる方法はもう決まっていますので、まずはやり始めることを考えてください。

もうちょっと暖かくなってからとか、動けるようになってから、なんて考えててもなかなかいい日なんて来ないですし、その間に悪化してしまう可能性もありますので、今日明日からできる努力を始めましょう。

いかがでしたか?

という事で今回は、気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣についてお伝えしました。

で、私の別の動画では、メンタルを上げる食事のポイントについて話した動画、そして不安が強いなら〇〇が足りませんという動画、コロナ鬱(うつ)を家族ごと解消する超簡単な方法などもありますので、次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、チャンネル登録と高評価で応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎コロナ鬱(うつ)を家族ごと解消する超簡単な方法!コロナ疲れにも効果的です【新型コロナウイルス】
https://youtu.be/_cb7HH-VxFs

◎【うつ病】メンタルを上げる食事のポイントは「トリプトファン」と「あるビタミン」です
https://youtu.be/8IAM6f4WF54

◎不安が強いなら〇〇が足りません!うつ病さえも1週間で治るミネラル
https://youtu.be/gtqy7vNmE0s

 

まとめ

今回は「気分の落ち込みがあるなら必ずやるべき1つの習慣」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋