東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由

東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎確実に不倫を防ぐ方法が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かっている内容

東出昌大さんと唐田えりかさんのCMやドラマ打ち切りになった話と、不倫を防ぐ方法について知りたくはありませんか?

この動画では、東出昌大さんと唐田えりかさんが散々な状況になっている話となぜこの騒動が収まらないのか、不倫を防ぐ方法についてお伝えします。

不倫を防ぎたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由

はい今回は、東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由についてお伝えします。

先日も東出昌大さんと唐田えりかさんのニュースについてお伝えしましたが、思いのほか反響が大きかったのと、前回は不倫しやすい人を見分ける方法でしたが、研究の結果から分かった不倫を防ぐための方法がありますのでそのご紹介をしたいと思います。

東出昌大さんの不倫騒動はすごい騒動

ということで、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫報道についてですが、凄い反響になってますね。

ニュースでも連日この話題ですし、ニュースサイトを見ても上位を占めています。

なんで今回の不倫報道がこんなに反響が大きいのかと考えたんですが、結構「夫がやってはいけない行動」を沢山しているんですよね。

例えば、東出さんはイクメンとしてメディアでも取り上げられていましたが、実際は全くそうではなかったようで、帰宅すると同時に温かい料理ができていないと、怒って外に飲みに行ってしまうという行動があったそうです。

これをしたのが双子のお子さんがいて、さらに杏さんは3人目を妊娠中ですので、そりゃあ反感買うだろうなって思いますよね。

双子ちゃんなだけでも相当大変でしょうから、普通通りに料理を作れない日もそれはありますよね。

また、飲みに出るふりをして実は不倫していて、子育てを放棄していたんだから、離婚を突き付けられても当然な状況かと思いますし、世の女性たちの反感は凄いでしょうね。

現在、東出さんも唐田さんもわりと散々な状況になってきました。

東出さんは杏さんと別居になり、サンスターとフジ住宅のCMは打ち切りになり、ドラマ「ケイジとケンジ」の視聴率は急落し、好感度は最低の状態です。

そして唐田えりかさんの方は伊藤英明さん主演の人気ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」から降板し、公式HPを削除されたそうです。

公式HPを削除って凄いですよね。

もう引退するんじゃないかとも言われています。

こんな風にめちゃくちゃ凄い反響になった今回の不倫騒動ですが、まだ収まる様子がみられませんね。

不倫や離婚は仕事や社会地位だけでなくメンタルにダメージ

ということで、とても大変なことになる不倫ですが、仕事面だけでなく、メンタルに対するダメージも結構深刻になります。

特に離婚した場合のメンタルダメージが非常に大きくて、うつになる方も少なくないんです。ですから、もし今すでにお相手がいるあなたも、できるだけ浮気や不倫を防ぎたいですよね。

そこで今回は、研究の結果からわかった浮気を防ぐ方法をお伝えします。

不倫ってしたことのある人が結構多く、不倫を経験したことがあるかについてのアンケートでは、既婚男性の38.5%、既婚女性の18.1%が不倫を経験したことがあると回答しています。

ですから既婚男性では3人に1人は不倫を経験しており、既婚女性では5人に1人が経験しているという驚愕の回答なんですね。

ですから、いま結婚しているカップルは結構な高確率で不倫の危険性をはらんでいるんです。

不倫を促進する要素に関する研究

そこで今回ご紹介する研究は、不倫行動の要因を機会及びに夫婦関係のフレームワークを用いて検討したものです。

具体的には、不倫相手と遭遇する機会、夫婦間の関係性、労働時間、収入、夫婦の収入差で比較したんですね。

で、その結果何が分かったかと言うと、まず労働時間や夫婦関係の親密さ、子どもの数は不倫の発生に影響を与えないことがわかったんです。

ですから、夫婦の関係がラブラブだろうが冷え冷えだろうが、労働時間が長かろうが、子どもが何人いようが、そういうことは関係なかったんですね。

では何が不倫を促進したのか、まず男女ともに不倫が多くなる要素は学歴です。

高学歴になるほど、不倫の件数が減ったという結果がでたんですね。

ですから、高卒とかよりも大卒、より優秀な学歴のある方が不倫は少なかったんです。

そして、これは男性だけに効果のあったものですが、それは妻との収入差です。

男性は収入が上がれば不倫が増えたんですね。

まあこれは分かる気がしますよね。お金を持っている方が遊ぶ余裕がありますので、不倫の件数は増えて当然かなと思います。

ですが、面白いことに逆の収入差もあるんです。

妻の方が収入が高いほど、男性の不倫も増えるんですよ。

必ずしもお金を持っていることが不倫の要因ではないんですね。

なぜ妻の収入が増えるほど夫の不倫が増えるかと言うと、日本の男性は一家の大黒柱、収入の要というイメージが根強いですので、妻の方が収入が上だと男性の自尊心はとても傷ついてしまい、立場がなくなってしまうんですね。

その結果、自分自身の男性性を回復させるため、自信を取り戻すために不倫をするということもデータから実証されているんです。

不倫を防ぐ方法

ですから、まず不倫しにくい相手と結婚するためには、できるだけ高学歴の相手を選ぶことが重要です。

そして、すでに結婚している方は、収入差が重要な要素になります。

具体的な対策としては、まず夫の方が妻よりも収入が多い場合、この場合には「遊ぶ金」に余裕がある状態ですので、そのままだと危険性が高くなります。

そこでお小遣い制などの導入により、夫の持っているお金を把握することが最も安全性の高い方法になります。

その場合には、夫だけを厳しいお小遣いで締め付けると不満が高まってしまいますので、奥さんの方もお小遣い制にするとか、平等になるルールを先に決めておくことが重要ですね。

また、妻の方が収入が多い場合、この場合にも夫が不倫しやすいんですが、この場合には夫の自信が失われている状態です。

その場合には、夫に頼って成功体験を重ねること、役割を達成して自信をつけさせることが重要になります。

ですから小さなことでも良いですので、例えば重い物を持ってもらったら少し過大にお礼を言うとか、夫が達成できる課題を与えて褒めることの繰り返しが効果的です。

男は面倒くさい生き物で、自分が頼られてないと寂しくて、頼られると嬉しいものなんですよ。

ですから、頼り上手になりましょう。

じゃあ女性ばかりが頑張らないといけないのか、と言うとそうではないんですよ。

男性は感謝を言葉に出すことが少なく、難しく感じていますが、実はとても大事な事ですので細かく感謝を伝える練習をしましょう。

いかがでしたか?

ということで今回は、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫報道から学ぶ、不倫を防ぐ方法についてお伝えさせて頂きました。

また、今回の動画は東出昌大さんと唐田えりかさんの動画の2本目なんですが、1本目では不倫をしやすい人の特徴をお伝えしていますので、そちらをご覧になっていない方はぜひ以前の動画もご覧ください。

今回ご紹介した方法を始めとして、私がこのチャンネルでご紹介する方法はあなただけでなく、あなたの大切な方を助けることになる大事な情報ですので観ただけで終わらず実践して、そしてあなたの大切な方に教えて一緒に健康になれるよう努力しましょう。

 

まとめ

今回は「東出昌大・唐田えりか不倫報道から学ぶ不倫を防ぐ方法と理由」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。