頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【脳卒中】あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法

【脳卒中】あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎ブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法が分かる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

ブルース・ウィリスさんが引退する原因になった失語症について知りたくはありませんか?

今回はこのニュースから、あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法についてお伝えします。

失語症の症状や対策方法を知って、あなたの未来を守りたいなら必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法

はい、健康生活チャンネルの蛯原孝洋です。

今回はあなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症についてお伝えしたいと思います。

で、あなたはこのニュースご覧になったでしょうか。

ブルースウィリスさんはダイハードシリーズでご覧になった方がかなり多いと思いますが、アメリカの俳優さんなんですよね。

この方がつい先日、失語症のために俳優を引退するというニュースがあって、あなたも驚かれたと思います。

で、この失語症という病気、これはその正体をあまり知らない方が多いんですが、実はあなたも無視できないほど日本人もかかることの多い、とても身近な病気なんですね。

実はあなたが知らないだけで、失語症になってしまう方ってとても多いものなんです。

ですがこの失語症というのは、予防しようと思えばちゃんと予防できる病気なんですよ。

ちゃんと対策をすることで病気のリスクは物凄く下げられることができるんです。

しかし日本人はこの失語症になってしまうリスクが非常に高い状態なんですね。

そこで今回はこの失語症とその予防方法、対策方法についてお伝えしますので、失語症について知りたい方、予防したい方は必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

ブルース・ウィリスとは

で、ブルースウィリスさんについてちょっと補足なんですが、この方は現在67歳なんですね。

ダイハードシリーズがとても有名ですが、他にもフィフス・エレメントとかアルマゲドン、シックス・センスなど、私も結構多くの映画で楽しませて頂きました。

最近ではソフトバンクのCMによく出ていましたので、そっちのイメージが強い方もいらっしゃると思います。

で、じゃあこのようについ最近まで大活躍していたブルース・ウィリスさんが罹ってしまった失語症についてなんですが、これはどんなものなんでしょうか。

失語症とは

失語症というのは聞く、読む、話す、書くといった言語を操る能力に障害がある状態をいいます。

失語症とひと口に言ってもいろんな種類があって、症状は様々なんですね。

この症状が全て現れる場合もあれば、組み合わせで出たり、単独で出たりする症状なんです。

例えば、失語症のうち「聞く」「読む」ことが障害された場合にはこれは感覚性失語、またはウェルニッケ失語と呼ばれて、相手の話す言葉が理解できずちゃんとした会話にならなかったり、ペラペラ話すことは話すんですが支離滅裂な言葉になってしまったり、文字を読んで理解したり、自発的に文字を書くことが難しくなったりします。

そして失語症のうち「話す」「書く」ことが障害された場合には運動性失語、またはブローカ失語と呼ばれるもので、相手の言葉は理解できるんですが、流暢に話すことが難しくなるため、おはようございます、という簡単な言葉が上手く発話出来なかったり、あるいは単語を思い出すことが難しくなってしまいますので、「おはよう」と言いたいのに「おはよう」という単語が出てこない、思い出せない、という状態になってしまいます。

また、錯語といって、考えている事とは違う言葉が出てきてしまうという症状や、書字障害という文字が書けない、書く文字が思い浮かばないという症状になってしまいます。

まあこの2つが代表的な失語症なんですが、実は失語症ってめちゃくちゃ分類が多くて、名前の付かない失語症もあるんですね。

失語症だと俳優業は厳しい

ですが、この2つの失語症、このどちらになってしまってもブルース・ウィリスさんのような俳優業を続けることはかなり難しいですよね。

セリフを覚えることが難しいですし、話すことも厳しくなります。

あなたも失語症のリスクは高い

で、この失語症なんですが、あなたもなってしまうリスクは非常に高いものなんですよ。

そう考えると恐ろしいと思いませんか?

なぜ失語症になるのか

で、なぜこのような失語症になってしまうのかなんですが、失語症になってしまうのは、脳にある言語中枢が機能しなくなってしまった場合なんです。

言語中枢はほとんどの場合、左の脳にあります。

と言うのもこれは利き手に関わってくるんですが、右利きの方の95%、左利きの方の70%以上は左の脳に言語中枢があります。

残りの方は右の脳に言語中枢があるものなんですね。

で、この言語中枢には、聞くための働きをする場所や話すための働きをする場所などが分かれて、この場所が障害されてしまうと言語障害が現れてしまいます。

ではなぜ言語中枢が働けなくなってしまうのかなんですが、その原因のほとんどは脳血管障害なんです。

失語症の原因の多くは「脳血管障害」

脳血管障害というのは脳の血管が詰まってしまって脳に血流がいかなくなり、脳が栄養や酸素不足で壊死してしまう脳梗塞や、脳の血管が破裂してしまい、同じように脳が壊死してしまう脳出血などがありますが、このどちらも含むのが脳血管障害なんです。

この脳血管障害によって言語中枢が壊死してしまったり、働けなくなってしまうと現れるのが失語症なんですね。

ですから、ブルース・ウィリスさんにも何らかの脳血管障害が起きてしまったという可能性があると言われています。

ただ脳血管障害と言っても重症なものから軽症なものまであって、重症な場合は命にかかわりますし、ほとんどの脳血管障害では片方の手足の麻痺が出てしまいます。

そしてごく軽度な場合には局所的な症状だけという場合もありますので、ブルース・ウィリスさんのような失語症、それ単独で現れる場合もあるんですね。

ですので、ブルース・ウィリスさんは脳血管障害になった可能性が高いですが、他に何らかの原因で言語中枢が侵されて失語症になってしまった、ということなんです。

あなたも失語症になる危険性がある

で、この失語症とか脳血管障害って稀な病気ではなく、あなたにも非常に関係性のあるものなんですよ。

脳血管障害は脳卒中とも言って、かつては日本人の死因の1位を占めていたくらい多い病気なんです。

今は食事の悪化などにも伴いガンで無くなる方が非常に多くなりましたが、それでも4位を占めるほど多い病気なんです。

脳血管障害の患者数は、2017年のデータで111万5千人に上り、高齢になるほど多くなります。

特に60歳以降非常に多くなってしまう病気ですが、ブルース・ウィリスさんも67歳ですから、正にその年代ですよね。

で、日本人が一生涯で脳卒中になる可能性は22.8%と言われていますので、およそ4.3人に1人は脳卒中、脳血管障害になってしまうんですね。

で、じゃあ失語症の方はどのくらいいるのかと言うと日本全国で50万人を超えるくらいとされていますので、111万人のうち50万人ですから、脳血管障害になってしまった方の内、45%は失語症になってしまうというリスクがあるんですよ。

と考えると、あなたもブルース・ウィリスさんのように話せなくなったり、話されても理解できなくなるリスクが非常に高いという事ですので、決して他人ごとではないですし、とても恐ろしいと思いませんか?

ですので、あなたが脳血管障害や失語症で辛い思いをしないために予防のための対策をしないといけないんです。

失語症にならないための対策とは

じゃあその方法なんですが、そのためにはいくつかあります。

それは正しい食事だったり、生活習慣だったりなど様々なんですね。

で、その詳しい方法については私の別の動画で詳しくお伝えしていますので、もしあなたが脳血管障害になりたくない、失語症になりたくないというのであれば、ぜひそちらの動画をご覧になってください。

で、一部の動画を挙げると例えば、
・飲むほど脳が壊れてしまう危険な飲み物について話した動画や、
・毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由について話した動画、
・認知症にならない人の食事から学ぶ「脳を守る4つの食べ物と飲み物」について話した動画、
・脳卒中リスクが85%も上がってしまう悪い睡眠習慣について話した動画などもありますので、
次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

という事で今回は、あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症についてお伝えしました。

いかがでしたか?

脳血管障害は命に係わる大病ですし、失語症はあなたの人生を不幸にしてしまう恐ろしい症状なんですね。

しかし正しい対策をすればリスクはかなり軽減できますので、ぜひ今日から始めましょう。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、高評価とコメントで応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【病気】飲むほど脳が壊れてしまう危険な飲み物!習慣的に飲んでいる方は危険
https://youtu.be/0-XwEuYg3AM

◎【食品添加物】毎朝のパンは太るし老けるし心臓や脳が壊れる理由!専門店ほど危険なパンの闇とは
https://youtu.be/bEzAPKCgOMw

◎【原因と予防】認知症にならない人の食事から学ぶ「脳を守る4つの食べ物と飲み物」
https://youtu.be/mAb0aopQ13c

◎【睡眠時間】脳卒中リスクが85%も上がってしまう悪い睡眠習慣とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/mtwzF6L-C58

 

まとめ

今回は「あなたにも関係あるブルース・ウィリスさんを引退させた失語症の原因や症状と対策方法」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋