【危険な油】トランス脂肪酸の危険性を知ってください!命を縮める油を摂っています

【危険な油】トランス脂肪酸の危険性を知ってください!命を縮める油を摂っています

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「【危険な油】トランス脂肪酸の危険性を知ってください!命を縮める油を摂っています」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎危険な油と言われるトランス脂肪酸の危険性がわかる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

危険な油と言われるトランス脂肪酸の危険性を知りたくはありませんか?

この動画では、命を縮める油であるトランス脂肪酸の危険性と、研究の結果から分かった将来のお金を失う理由までお伝えします。

健康な体になりたい方、病気になりたくない方、お金を失いたくない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

【危険な油】トランス脂肪酸の危険性を知ってください!命を縮める油を摂っています

今回は、トランス脂肪酸の危険性を知ってください!ということについてお伝えしたいと思います。

で、あなたは危険な油と言われる、トランス脂肪酸について知っているでしょうか。

トランス脂肪酸は諸外国ではその危険性が認識されて、すでに規制されていますが、日本では規制が全くされていない状況のため、現在もそのリスクに体を壊してしまっている油になります。

ですので今回は、そんな自分で気を付けるしかないトランス脂肪酸の危険性についてお伝えしますので、いずれ生活習慣病など病気になりたくない方とか、家族を病気にさせたくない方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

トランス脂肪酸とは「危険な油」

ということで、トランス脂肪酸の危険性を知ってください!ということについてお伝えしたいと思います。

で、このトランス脂肪酸は非常に危険性が高く、アメリカでは「狂った脂肪」とか、その構造がプラスチックに似ていることから「プラスチック食品」と呼ばれており、ほとんどの国でトランス脂肪酸を規制する動きになっています。

このトランス脂肪酸が何なのかですが、これは植物油脂、つまり植物の油にに水素を添加して作り出される油です。

植物油脂は不安定で酸化しやすく、日持ちが悪いという欠点がありますが、水素を添加することで変質・劣化しにくくした油になります。

このトランス脂肪酸は、劣化・酸化し辛いという特徴から、とても使いやすいですし、コストが安く、そして日本においては規制がされていませんので非常に多くの食品に使われてしまっています。

例えば、マーガリンやショートニング、ケーキに使うミックス粉、インスタントやレトルト食品、フライドポテト、冷凍食品、ドーナツやクッキー、ケーキなどの洋菓子、パン、お菓子、サラダ油やドレッシング、コーヒーのミルク、チョコレート、アイスクリーム、揚げ物などに多く、非常に様々な食品に使われているんですね。

ですから、日頃から食べてしまう、取り過ぎになってしまう油なんです。

ですが、さらにトランス脂肪酸を取り過ぎてしまう「お店」があるんですね。

そこではトランス脂肪酸が入った食品を集めているかのごとく、とても多くの食品に入ってしまっています。

それがどこなのかというと、コンビニなんです。

コンビニ食品に大量に使われているトランス脂肪酸

コンビニで販売する食品の基準として、30度の環境下で48時間、最近の数が一定の基準値を超えないという条件があります。

気温30度というのは結構な暑さの日ですが、そんな中に丸2日間も置いていてもコンビニの食品というのは腐らないようにできているんです。

怖くないですか?食べ物というのは腐るのが普通なんです。

自宅で料理した食べ物を2日間置いていたら、とても食べられる状態ではないですよね?

ですから、コンビニのパンやお弁当、おにぎりでさえも非常に腐りにくい状態にされており、そのために使われているのがトランス脂肪酸なんです。

この基準があるためにコンビニの食品はトランス脂肪酸や添加物が使われていないものを探す方が難しい状態になっています。

で、このトランス脂肪酸がどの程度の摂取から危険性があるかなんですが、トランス脂肪酸の1日の摂取限度は、WHO(世界保健機構)が発表していて、1日に2グラム程度と言われています。

しかし例えば、とても有名なファーストフード店のMサイズのポテトフライには約4.5グラムのトランス脂肪酸が含まれています。

例えばハンバーガーのお店に行ったらセットを頼みますよね?

でも、そのセットについてきたポテトだけでも、1日の摂取上限を超えているんです。

ですからすぐに取り過ぎになってカラダに悪影響を出してしまいます。

で、トランス脂肪酸による健康面への悪影響ですが、トランス脂肪酸を摂取しすぎることで、悪玉コレステロールを増加させて善玉コレステロールを減らしてしまうため、動脈硬化を進行させて、心筋梗塞や狭心症など心臓病の原因になったりしてしまいます。

また、肥満になってしまったり、糖尿病などの生活習慣病や、アトピーや鼻炎、気管支ぜんそくなどのアレルギー疾患の原因になってしまうと言われています。

また、トランス脂肪酸を体外に排泄しようとすると、大量のビタミンやミネラルを消費、失うことがわかっています。

さらにトランス脂肪酸は細胞の表面を覆う細胞膜に置き換わってしまうんですが、そのために肌や髪が劣化してしまって老けてしまったり、脳が劣化して機能が低下してしまうことにもなってしまいます。

ですから、非常に危険性が高いうえに早く老化してしまいますので、デメリットがとても大きいんです。

で、実はトランス脂肪酸を多く摂り続けてしまうと、命の危険性だけでなく、お金を失ってしまうという考え方もあります。

そう、このようなトランス脂肪酸が多い食品を食べていると、お金が減ってしまうリスクがあるんです。

トランス脂肪酸を規制した場合の効果に関する研究報告

で、これは研究の結果から分かったことなんですが、これはオーストラリア、ジョージ世界健康研究所からの研究報告ですが、トランス脂肪酸を排除すれば数万人の心疾患を予防できる可能性を示唆したものになります。

で、世界各国でトランス脂肪酸の規制が進められている状況ですが、オーストラリアは日本と同じく、規制が無い状況なんですね。

そこでこの研究では、オーストラリアでトランス脂肪酸を禁止した場合のかかるコストと健康上のメリットを計算しました。

で、この結果、トランス脂肪酸を禁止した場合、最初の10年間で約2000人の死亡と10000人の心臓発作を防ぐことができ、禁止が開始された時点での成人が100歳に至るまでの期間にわたって、最大42000人もの死亡を防ぐことができると発表しました。

また、この規制にかかるコストがどのくらいかなんですが、オーストラリアの場合、最初の10年間で2200万オーストラリアドル(18億360万4千円)かかり、生涯期間では5600万オーストラリアドル(45億9099万2千円)かかるという計算になったんですね。

こう見るとお金が掛かりすぎていけないように感じますが、重要なのは次なんです。

なんとこのトランス脂肪酸の規制を行った場合、大幅な医療費の削減ができるんですね。

特にトランス脂肪酸は心臓病に関連性が強いんですが、その心臓病に関連する医療費の削減効果では、10年間で8000万オーストラリアドル(65億5856万円)削減でき、そして生涯期間では5億3800万オーストラリアドル(441億631万6千円)に達するという結果になったんです。

ですので、これを計算してみると費用対効果は3.6倍から9.6倍になりますので、オーストラリアの試算においては、トランス脂肪酸を禁止することはとても費用対効果が高い事が示唆されたんです。

ですので、これだけトランス脂肪酸が多くの方に健康被害を出していて、そして医療費が掛かってしまっているということなんです。

そしてこの研究者はコメントで、「我々のモデリング研究は、摂取量が少ない豪州のような国でも、トランス脂肪酸の排除が公衆衛生を改善できることを示唆している」と話しています。

つまり、これは日本でも同じことが言えるんですよ。

私たち日本人もトランス脂肪酸の規制がなく健康被害を受けて医療費が増えている状況ですので、トランス脂肪酸の規制によって健康被害が減る事で将来の医療費が軽減しますので、いまの医療費、あるいは介護費がどんどん増えてしまっているこの状況を変えることができるんですね。

しかもそれが研究報告として挙がっていますので、科学的にも支持されていると。

これは日本もトランス脂肪酸の規制はやったほうがいいんじゃないんですか?って思いますよね。

なんか政治に立候補しそうな話になってきましたが、まあ本当にこれはやったほうがいいなと私は思います。

まあしかしそれがされないのが今の日本の状況ですから、あなたが自分で気を付ける方がいいという事ですね。

将来のお金も奪うトランス脂肪酸

あーでも、これは健康だけの問題では無いですからね。

将来医療費が掛かる事は確率的に相当高くなりますので、あなたやあなたの家族がトランス脂肪酸を取らない生活をするということは、将来のお金が医療費に消えていくのを防ぐという金銭的な面もありますので、いずれお金で困りたくない方もぜひトランス脂肪酸を取らない生活を始めて頂きたいと思います。

トランス脂肪酸をデトックスするためには

また、今までトランス脂肪酸を多く含む食品を摂ってきてしまったあなたは、体を作っている成分のなかにすでに多くのトランス脂肪酸がある状態です。

カラダの構成成分に入ってしまったトランス脂肪酸を出すためには、体の油を一度溶かして、燃焼させて、そして肝臓で分解したり腎臓でこしとって排出する必要があるんですね。

ですからダイエットが必要になるんです。

これは肥満の方はもちろんですが、痩せている方でも同じです。

しかし普通のダイエットでは、筋肉ばかりを減らしてしまって脂肪が残るダイエットになってしまっていますので、上手くトランス脂肪酸が出ていかないばかりか、筋肉が減る事によって健康上のリスクまで出てきてしまいます。

ですから健康的に、そして効率的にトランス脂肪酸を出すという事はなかなか難しいんですが、じゃあ最もいい方法が何かと言うと、ファスティングなんですね。

ですから、トランス脂肪酸を出して健康的な体を作りたい方や、ダイエットがしたい方、あるいはファスティングって若返ったり綺麗になる仕組みがありますので、美容面も強化したい方はぜひファスティングがおススメです。

で、ファスティングについては別の動画で詳しくお伝えしていますので、後でそちらの動画をご覧になってください。

で、トランス脂肪酸は数々の論文によって危険性が指摘されているほぼ間違いなく危険性の高いものです。

これを知らずにとり続けることはあなたのカラダを徐々に悪くしていって、いずれ大きな病気にさせてしまうリスクもありますので、今日からできるだけ取らないように努力しましょう。

【関連リンク】
◎3日ファスティング(断食)基本のやり方【初心者必見!】
https://youtu.be/cz1Oldm1apk

◎ファスティングとは
https://www.youtube.com/watch?v=q5HMupiiCec&list=PL1Eijt6K2-ycPt_OQ0r64xuyMdVRMTn_W&index=1

◎初めてのファスティングでも安心の「サポート付きファスティング」
https://ebi-fasting.com/

 

まとめ

今回は「【危険な油】トランス脂肪酸の危険性を知ってください!命を縮める油を摂っています」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。