新型コロナウイルスの緊急事態宣言とは?感染を防ぎ健康に過ごす方法

新型コロナウイルスの緊急事態宣言とは?感染を防ぎ健康に過ごす方法

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「新型コロナウイルスの緊急事態宣言とは?感染を防ぎ健康に過ごす方法」というお話をさせて頂きます。


動画を視聴するメリット
◎緊急事態宣言中にも健康を維持する方法がわかる

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

緊急事態宣言中も健康的に過ごす方法を知りたくはありませんか?

この動画では、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言によって何が変わるのか、そして外出自粛中も健康に過ごす方法をお伝えします。

緊急事態宣言中にも健康的に凄し感染を防ぎたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言とは?感染を防ぎ健康に過ごす方法

はい今回は、新型コロナウイルスによる感染拡大の結果、4月7日、つまり昨日ですね、緊急事態宣言が発令されました。

そこで今回は、緊急事態宣言によってどのような変化が想定されるのか、そして生活にどのような影響があるのかということについてと、いま以上に気を付けておかないと健康を害してしまう危険性がありますので、あなたやあなたの家族が緊急事態宣言中にも感染を防ぐとともに、健康を維持するために大事な方法をお伝えしたいと思います。

この動画をご覧いただくことで、緊急事態宣言中にも健康を維持する方法がわかります。

これは理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容になります。

このチャンネルでは、健康、美容、ダイエットに必要な食事や生活習慣の情報を、聞き流しでも理解しやすい内容で毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。

緊急事態宣言とは

ということで、緊急事態宣言中の健康を維持する方法になります。

で、昨日の夕方、緊急事態宣言が発令されたんですが、知っていましたか?

で、緊急事態宣言とは、国家の運営の危機に対して緊急事態のために政府が特別法を発動する事です。

日本では過去には新型インフルエンザの際や、私の住む宮崎県でも口蹄疫の流行の際に発令されたことがあります。

また、各国でも緊急事態宣言は続々と発令されていて、イタリアやアメリカ、ニュージーランドやタイ、ブラジルなど、日本以外で21の国ですでに発令されています。

緊急事態宣言の範囲と期限

緊急事態宣言が発令されたのは、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都道府県で、期間は今のところ1ヶ月と定められ、5月6日までとなります。

緊急事態宣言で何が変わるのか

で、先に気になっていると思う緊急事態宣言によって変わる事ですが、例えば、都道府県知事が住民に対して期間と地域を定めたうえで不要不急の外出を自粛することを要請できるほか、事業者などに対し店舗や施設の使用制限を要請できるようになります。

ただ、日本の緊急事態宣言は強制力のある措置は限られていて、外国の、例えば中国やイタリア、アメリカ、スペインなどはロックダウン、日本語では都市封鎖と言いますが、外国のロックダウンのように都市を封鎖して強制的な外出禁止をしたり、生活必需品以外の店舗を強制的に閉鎖させるなどは行いません。

あくまで外出自粛や店舗や施設の使用制限の「要請」、つまり依頼、お願い程度になります。

ですから、外出しようと思えばできますが、だからこそ私たち一人ひとりの感染拡大防止へ向けた意識を高める必要があります。

緊急事態宣言で変わる具体的な事

緊急事態宣言によって具体的に何が変わるかと言うと、大学や学習塾などの教育の場、、体育館やプール、ボーリング場などの運動施設や遊技場、映画館やライブハウスなどの劇場、博物館や図書館など集会や展示に関する施設、バーやネットカフェ、漫画喫茶、カラオケ、麻雀やパチンコ店、ゲーセンなどの娯楽施設などへは基本的に休業を要請するとしています。

また、デパートやショッピングモール、ホームセンターなどの商業施設については食品や医薬品など生活必需品のコーナー以外は休業を要請。

ですから、今までは感染対策意識が薄い方が外出を出来ていましたが、緊急事態宣言中は外出する場所の使用が制限されます。

また、学校は原則として施設使用の停止要請となり、緊急事態宣言の対象となる7都道府県では小学校、中学校、高校などの公立学校を再開させるのは1割程度に留まる見通しとなっています。

また、緊急事態宣言によって行政が強制的にできることは、臨時の医療施設を作るために必要な土地や建物を強制的に使用できることと、知事が医薬品や食品など必要な物資の保管を命じることで、命令に従わなかった場合に罰則があるのはこの2つだけです。

電気・ガス・水道は大丈夫!

また、緊急事態宣言が出された場合に電気やガス、水道などのライフラインに係わるものが止まってしまう事を心配される方もいるんですが、このような生活に必要なものは止まらないですので、心配されないようにしてください。

今後の感染拡大は

今後の感染拡大についてですが、感染スピードの増加により、安倍首相が記者会見で話していた最悪のシナリオでは、感染者が2週間後には1万人、1カ月後には8万人に増える可能性も示唆しました。

そしてそのため、人との接触を7割から8割削減する必要があるとの考えを示しました。

それくらい、事態は切迫した状況なんですね。

ですから私たちは、これまで以上に新型コロナウイルスの感染拡大を重く受け止めて、外出を自粛する必要がありますし、感染拡大を防ぐ努力をする必要があるんです。

外出は不要不急の用事以外の外出を減らすこと。

つまり、食料品や生活必需品を購入する目的や生活に直結する以外の外出を減らす努力が必要です。

感染対策の意味が変わってきている

また、感染拡大を防ぐための努力ですが、いまは感染対策の意味が変わってきています。

今までは、私たち自身が感染しないための対策でした。

もちろん今もそれは大事なんですが、今からは、私たちがウイルスを持っているかもしれないから、それを感染させないための対策も重要になって来たんです。

と言うのが、新型コロナウイルスに感染した場合、かなり高い確率で症状が出ないケースがいるんです。

新型コロナウイルスは無症状比率が高い

感染した人のうち、ウイルスを保有しているけど症状が出ていない人の割合を「無症状比率」と言いますが、この無症状比率についての研究があります。

これは京都大学、オックスフォード大学、ジョージア州立大学の合同チームによって行われて、先日発表されたものです。

研究チームはダイヤモンド・プリンセス号での集団感染のデータを分析しました。

その結果、無症状の感染者のいる確率は17.9%だという数字が出たんですね。

ですから、およそ18%。

これは、感染者100人のうち5.5人は無症状だという数字になります。

これは例えば、昨日の感染者数の増加は347人でしたが、このうちの17.9%にあたる約59人は症状がない状態だということなんです。

しかも、この59人は症状がないにもかかわらず新型コロナの検査を行った発覚した感染者なんです。

普通、症状が出てなければ検査なんてしないし、まず断られて検査をしてさえ貰えないじゃないですか。

ということはつまり、まだ検査をしていないだけで、無症状でも感染してしまっている方がいる、という事なんです。

それってとても恐ろしい事じゃないですか?

かなり楽観的にみたとしても、相当な数の無症状感染者がいるはずなんですよ。

しかもその方たちは自分が感染していると気づかないわけだから、普通に買い物にも行きますし、外出自粛に飽き飽きしてしまってストレスが溜まってお出かけしてしまうことだってありますよね。

と言うことは、どこで新型コロナに感染してしまうか全く予想が出来ないということなんです。

自分が感染しているかもという意識が大切

ですから、大事になるのが、私やあなたを含む一人一人、国民全員が万が一ウイルスを持っているかもしれないという考えを持って、仮に自分が持っているウイルスを広げないための対策をする必要があるという事なんです。

そのために必要な対策は何だと思いますか?

まずは自分がウイルスを貰わないために、そして自分が仮に持っているウイルスを移さないために、手洗いやアルコール消毒を頻繁に行う必要性があります。

そして次に、マスクの着用です。

以前はマスクはあまり効果がないと伝えてきましたが、それは自分自身が感染しない場合の話です。

もし、自分自身がウイルスを持っているとしたら、マスクを付けることは感染拡大を防ぐためにとても効果があります。

感染を広げるのは手に付いたウイルスが触ったところに移って広まっていく接触感染と、咳やクシャミなどでウイルスが飛沫と一緒に飛んでいく飛沫感染がありますが、この飛沫感染に関してはマスクで広げないようにすることができます。

新型コロナの大きさは0.1マイクロメートルと非常に小さく、一般的なマスクで防げるのは5マイクロメートルの密度ですので、マスクを通り抜けてしまう可能性が高いですし、そもそも隙間が大きいため、隙間から呼吸と共にウイルスが入ってきてしまう可能性も高いため、自分が感染を防ぐために使うことには効果が薄いんです。

しかし、もし自分がウイルスを持っているとしたら、一般的なマスクだろうが布マスクだろうが、使うことでウイルスを咳やクシャミで飛ばしてしまう危険性が減ります。

咳やクシャミの飛沫と言うのは大きいため、周りに飛散してしまうことは防げるからですね。

ですから、より多くの方がマスクを装着することで、症状がない感染者による感染を防ぐことが出来るんです。

緊急事態宣言で体調を崩しやすい

さて、ここからが本題なんですが、本題に入るまでに長くなってしまいました。

でも今までの話もとても大事ですからね。

という事で、緊急事態宣言により不要不急の外出、生活に直結する外出は控える必要があります。

しかし、閉じこもりがちになると健康的に悪影響が出てしまう危険性が高いんです。

理由その1.食事

それは、まず1つ目は食事です。

緊急事態宣言によりできるだけ外出しないようにしようとすると、極端な食事になってしまう方がいらっしゃいます。

例えば、保存が効くご飯だけとか、あるいは素麺やラーメン、うどん、蕎麦などの麺類、カップ麺などのインスタント食品、冷凍食品など、とても簡単な食事で済ませてしまおうとする人が増えてしまうんです。

生鮮食品は消費期限が近いため、できるだけ外出を減らそうとしてそのような食事になりがちなんですね。

ですが、そのような食事だと糖質や脂質は摂れている場合が多いというか、そればかり摂りがちになってしまって、タンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素が失われがちなんです。

で、これらの栄養素って結構軽く見られがちで、摂らない方が多いんですが、実はとても大事なんですね。

これらの栄養素を失ってしまうことで恐ろしいのは、免疫力の低下です。

ビタミンやミネラルの喪失による免疫力低下

特にビタミンやミネラルと言った栄養素は免疫力に直結しますので、生鮮食品を摂らない生活を続けることによって免疫力が低下した結果、新型コロナウイルスに抵抗できなくなってしまって感染してしまう、なんて事態になってしまいます。

そうなってしまうと、元々感染しないように買い物へ行く頻度を減らしたはずなのに本末転倒ですよね。

ですから、感染を防ぐためにも、免疫力が上がる正しい食事をする必要があります。

で、免疫力を上げるために最も有効な食事は何かというと、まごわやさしい食事になります。

まごわやさしい食事と言うのは、カラダに良い栄養素を沢山、そしてバランスよく含んでいる食材の事なんです。

マゴワヤサシイ食事については以前の動画で詳しくお伝えしていますので、下の動画のリンクからそちらの動画もぜひご覧になってください。

◎まごわやさしい食材の新常識!レシピに〇〇が追加されました【健康生活】
https://youtu.be/fRtIrOZ4Ggo

また、どうしても不足しがちなビタミンやミネラルを補いたい方はマルチミネラルビタミンもおススメです。

ただ、低品質で栄養素少なすぎるものや、原料や製造方法に問題のある製品が非常に多いですので、私がおススメする、オーガニックかつ原料が産地まで分かっている高品質のマルチミネラルビタミンがありますので、それもご興味のある方は下にリンクを貼っておきますので、ぜひご覧ください。

◎私がオススメするニューサイエンス社製「マルチミネラルビタミン」と「ヘンププロテイン」
http://general.shop-pro.jp/

理由その2.運動不足

また、免疫力を低下させてしまう危険性がもう一つあります。

それは、運動不足です。

外出規制のために外に出ないようにするため、ほとんどの家庭で運動不足が深刻な状況になっています。

しかし、運動を行うことは免疫力を上げるということは研究の結果から分かっていますので、いまの運動不足の状況は免疫力を低下させ、感染リスクを上げてしまっている状況なんです。

人間と言うのは日中は動くように作られていますので、動かないこと、運動しないことは様々な悪影響が出てしまいます。

ですから、私がおススメしたい運動は何かというと、ウォーキングです。

いやいや、不要不急の外出はしたらいかんでしょって思われる方が多いかもしれませんが、これは国としても認めている運動なんです。

昨日の会見をご覧になった方は知っていると思いますが、実際、4月7日、昨日の記者会見でも安倍首相が「散歩やジョギングは問題ない」と発言しています。

で、なぜ散歩やジョギングが問題ないのかと言うと、一つは健康維持のために必要であることがあり、もう一つは屋外で行う運動だからです。

新型コロナウイルスは換気設備の悪い屋内などで感染拡大しやすいウイルスですが、屋外ではウイルスが飛沫したとしてもすぐに風邪で遠くへ飛ばされてしまいますので、感染リスクがとても低くなるんですね。

ですから、屋外で行う運動はかなりリスクが低下します。

ただ、それでも人が密集してしまうとさすがに感染リスクは上がりますので、散歩やジョギングなどを行う場合には、飛沫物が届く距離の外である2メートルは他の人と距離をあけて行うようにしましょう。

もしウォーキングを行うなら、やや早足くらいのスピードで30分程度、週に4回程度を目安に行って頂くと、最も免疫力を上げるために効果的になります。

で、運動と免疫力については過去の動画で研究の結果から分かっていることも含めて詳しくお伝えしていますので、下の動画のリンクからご覧になってください。

◎新型コロナウイルス肺炎に負けないカラダを作る!クラスター感染を避け免疫力を上げる運動方法
https://youtu.be/KC7upz7YPAw

睡眠のとり方で感染リスクが3倍に

また、睡眠時間によっても免疫力が大きく変わることが分かっていて、適切な睡眠時間を守ることで、間違った睡眠時間の人に比べて、感染リスクが3倍になることが分かっているんです。

で、睡眠と免疫力に関しても以前の動画で詳しくお伝えしていますので、下のリンクからご覧ください。

◎新型コロナウイルス肺炎対策!免疫力を3倍にする簡単な方法
https://youtu.be/b2EsvxPqrcA

今回の話はいかがでしたか?

という事で今回は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中でも健康的に過ごすために必要なことについてお伝えさせて頂きました。

今回の話をまとめると、正しい感染対策、正しい食事、適切な運動、そして適切な睡眠こそが重要になってきます。

あなたやあなたの家族が感染しないためにも、そして一刻も早く新型コロナウイルスの脅威を無くすためにも、まだまだ辛い日々は続きますが一緒に頑張って健康に過ごす努力を頑張りましょう。

今回ご紹介した方法を始めとして、私がこのチャンネルでご紹介する方法はあなただけでなく、あなたの大切な方を助けることになる大事な情報ですので観ただけで終わらず実践して、そしてあなたの大切な方に教えて一緒に健康になれるよう努力しましょう。

 

まとめ

今回は「新型コロナウイルスの緊急事態宣言とは?感染を防ぎ健康に過ごす方法」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。