頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【糖尿病治し方】2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか?という研究報告

【糖尿病治し方】2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか?という研究報告

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのかが分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

糖尿病を痩せることで治せるか知りたくはありませんか?

今回は、2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか?という研究報告と効果的なダイエット方法をお伝えします。

糖尿病を治したい、糖尿病になりたくない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか

はい、健康生活チャンネルの蛯原孝洋です。

今回は2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか?ということについてお伝えしたいと思います。

で、あなたは糖尿病になりたくないと考えてはいないでしょうか。

糖尿病はキツイですよね。

私の婆ちゃんが糖尿病ですのでその辛さはよくわかるんですが、糖尿病になると何を食べてもすぐに血糖値が上がっちゃうので、ご飯であるとか甘い物とか、かなり制限されちゃうんですよ。

でも糖尿病になる方のうち、甘いものを摂りすぎて糖尿病になる2型糖尿病の方は基本的に甘い物や炭水化物大好きですので、それを続けた結果として糖尿病になっていますから、やっぱり欲しくなっちゃうんですよね。

でもだからといって摂り続けて血糖値を上げ過ぎてしまうと、いずれ目が見えなくなったり、手足の感覚がなくなってきたり、感染症にかかりやすくなったり、深刻な状況になると脳血管障害や心臓病になったり足の血流が悪くなりすぎて切断しないといけなくなってしまうんですよ。

ですから、好きなものを強制的に制限されるという苦しみを強いられてしまう病気なんですね。

で、じゃあ糖尿病と診断されてしまったら、こんな辛い未来があることが説明されますので、やっぱり治したいと思うじゃないですか。

でもいまの医療の常識では、糖尿病というのは完全に治すことができないと言われているんですね。

食事制限をして、運動をして、お薬や注射とかで血糖値をコントロールしながらずっと生きていかないといけない、それが今までの糖尿病の常識だったんです。

そこに今回の研究報告なんですが、この研究ではダイエットをすることで本当に糖尿病を治すことはできないのか、という事を調べたものなんです。

もしこれで糖尿病が治せるのであれば、辛い未来を回避することができるのであれば、あなたも決意して頑張ろうと思うんじゃないでしょうか。

ですので、糖尿病になりたくない方や、糖尿病の初期と診断された方などは必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

糖尿病とダイエットに関する研究報告

で、この研究はイギリスで行われたもので、体脂肪を落とすことで2型糖尿病の寛解状態、症状が治まって穏やかな状態にまで移行できるのかという事について調べました。

で、この研究の対象者はBMIが27以下の方、やや肥満から標準体型に近い方で、2型糖尿病と診断されてから6年未満の方、20名となっています。

で、この研究に参加した方はダイエットプログラムを実践したんですが、1年間継続することで体重を9%減少させたんですね。

9%というと80kgの方であれば72.8kgになりますので、7.2kgくらいの減量になります。

5キロ痩せたあたりから他の人にも分かるくらい外見で痩せることが分かりますので、それくらいダイエットをしたんですね。

で、このダイエットを行う事で参加者の体脂肪は明らかに減少し、2型糖尿病のない健康な方と同じ程度の体脂肪率になりました。

また、肝臓の脂肪、膵臓の脂肪、そして中性脂肪が減少したんですね。

で、このように体重や脂肪が減少したと、その結果糖尿病はどうなったのかと言うと、インスリンの分泌量が増加し、HbA1cと空腹時血糖値がそれぞれ低下したという結果になりました。

ですので、ダイエットをすることによって糖尿病は改善しうる、という事が分かったんですね。

で、この研究者はこの結果を踏まえて、2型糖尿病を発症した方の場合、BMIの値に関わらず、つまり肥満かどうかには関わらず、体重を減らす事がまず第一に選択すべき治療だと話しています。

この研究者は過去に別の研究で、肥満の糖尿病患者に対して、カロリー制限をした流動食を行った後に、段階的に食べ物を始めるというプログラムと、体重を維持するプログラムを行うことによって、2型糖尿病の症状が寛解、つまり改善して落ち着き、その後も2年まで維持することが可能であることを明らかにしているんですね。

ですので、2型糖尿病の方は、肥満体型の方も標準体型の方であっても、まずは脂肪を落とすことを始めるべきなんです。

体重を落とす方法は2つ

では、どのように体重を落とすべきなんでしょうか。

これにはいくつか方法があります。

それは、カロリーを消費する方法と、カロリーを制限するという方法です。

で、カロリーを消費するというのはこれは運動をするという事ですよね。

運動をすることによってカロリーを燃やし、ダイエットすることができます。

運動と言ってもウォーキングやジョギングのような有酸素運動と、筋トレのような無酸素運動があって、どちらが効果的なのか迷って行えないという方がいらっしゃいますが、このどちらもカロリーを燃焼しますし、糖尿病を改善するということが研究からわかっていますので、安心して運動を継続して頂ければと思います。

しかし私が心配しているのは、糖尿病の方はそもそも運動を継続することが難しいのではないか、という事です。

私は過去には病院で理学療法士として、今は整体院やファスティングのサポートを行う上で、様々な糖尿病の方や、糖尿病の前の段階の方にお会いして、食事や生活習慣、運動などのサポートを行ったことがあるんですね。

ですから、今までに多くの方に運動をしましょうと呼びかけてきました。

しかし、糖尿病やその前段階のほとんどの方は運動を継続することが難しい方が多いんですよ。

やはり運動と言うのは疲れますし、大抵の方は運動不足の上に標準よりも肥満体型に近いですから、体は重いしすぐに疲れてしまいます。

ですから運動を継続するのはとても苦痛だと感じているんですね。

ですから、カロリーを消費するというのはなかなか難しいと思います。

しかし、方法はもう一つあります。

それが、カロリーを制限するという事です。

私たちには基礎代謝という、生きているだけでカロリーを消費する仕組みがありますので、カロリーを制限すれば自然と痩せることが可能です。

しかし、この方法にも注意点が3つあります。

カロリー制限3つの注意点

まず何を控えてカロリーを制限するのかという事、そして全くカロリーを摂らないという事は危険だという事、そして辛くないカロリー制限を行う必要があるという事です。

で、まず何を控えてカロリーを制限するのかと言うと、それは糖質なんですね。

今回ご紹介した研究でも分かったと思いますが、脂肪が減ると糖尿病は改善します。

ではこの脂肪がなぜ増えてしまうかと言うと、これは糖質の取り過ぎなんです。

糖質を摂り過ぎた時、私たちの身体の中では、エネルギーとして使い切れなかった余った糖質を中性脂肪、つまり脂肪へと変換して溜め込んでいきます。

それは肝臓だったり、他の内臓だったり、皮下脂肪としてため込まれるんですね。

ですから、まず糖質は控える必要があります。

ただしだからと言って、油の多いものを沢山摂ってしまっても糖質ほどではないですが脂肪は増えますので、次に脂質を控える必要もあります。

そして注意点の2つ目ですが、全くカロリーを摂らないというのはやめてください。

全くカロリーを摂らない時間を作った場合、体の中では糖質が不足してしまいます。

糖質は脳やカラダを動かすエネルギー原ですので、脳が本来のように働けなくなってしまいます。

体はこのエネルギー不足を解消しようと、筋肉や内臓からタンパク質を奪ってきて、糖質へと変えてエネルギーとして使ってしまいます。

すると結果的に、筋肉が減る事で基礎代謝が落ちて太りやすくなったり、内臓が傷ついてしまって、様々な不調や病気を作ってしまうんですね。

これは研究からも分かっていて、全くカロリーを摂らない状態だと病気のリスクが上がったり、寿命が短くなることが報告されています。

そして注意点の3つ目ですが、辛いカロリー制限、辛いダイエットはNGなんです。

辛いダイエットを行うと、あなたは辛い、辛いという不満をどんどん溜め込んでいきます。

このストレスはどんどんどんどん溜まっていき、そしていずれ爆発して食べ過ぎてしまいリバウンドに繋がったり、あるいは体調を壊してしまう事になります。

ですから、辛いカロリー制限はダイエットの失敗率を上げてしまいますから、NGなんですね。

ですから、これら3つの注意点をカバーしたカロリー制限を行う必要があり、しかも継続できる方法でなくてはいけないんです。

最もおススメなダイエット方法

で、私は多くの方に運動や食事、生活習慣の見直しなどでダイエットのサポートを行ってきました。

その中で最も成功率が高く、継続できた方法があります。

それは何かというと、半日ファスティングという方法なんですね。

これは、1日には3回食事を行うタイミングがありますが、このうち1回を専用の酵素ドリンクに置き換えるという方法です。

で、全く何も取らないダイエットは危険なんですが、それが何故かと言うと、糖質が全くなく、そして栄養素が不足し、腸内環境まで悪化してしまうからなんですね。

ですがこの酵素ドリンクは、あなたが活動するために必要な、最低限のエネルギーと、ビタミンやミネラルなどの栄養素、そして50種類という豊富な種類の乳酸菌が、健康的に断食することを計算されて作られています。

ですから、これを1食だけ置き換えることで、必要なだけのエネルギーがありますのでお腹は空かないしふらふらしないし、普通の食事よりも栄養素は強化されて、そして腸内環境まで良くなります。

その上でカロリーは普通の食事よりもかなり抑えられますので、健康的にダイエットをすることが可能なんですね。

ですので、1日で1食だけ、特に夜ご飯はカロリーの摂取量が多い方がほとんどですから、夜をこの酵素ドリンクで半日ファスティングを行えば短期間で劇的に痩せることが可能なんです。

私がサポートを行った方の中では、夜ご飯をこの酵素ドリンクに置き換えて、2か月の間継続することで10キロ痩せた方もいらっしゃいます。

しかも朝ごはんや昼ごはんは今まで通り普通に摂って頂いて大丈夫ですからストレスを溜めることなく、夜はこの酵素ドリンクをサッと飲んで、お腹が空く前に寝てしまうだけ。

これだけでめちゃくちゃ痩せることが出来るんですね。

これであれば継続しやすいですから、どんどん痩せていくことができます。

ですのでこれが私は一番おススメですね。

半日ファスティングで失敗しないために

ただ、半日ファスティングを行っても痩せなかったり、続けられなくて失敗してしまう方もいらっしゃいます。

実は半日ファスティングには正しいやり方があって、失敗する方のほとんどの理由は自分独自のやり方をしてしまうためなんですよ。

で、正しい半日ファスティングのやり方については私の別の動画で詳しくお伝えしていますので、すぐに実践したいという方はこちらの動画を下の説明欄からご覧になってください。

いかがでしたか?

という事で今回は、2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか?ということについてお伝えしました。

で、糖尿病というのはどんどん進行してしまい、いずれあなたが苦しむことになってしまいますし、まだ糖尿病じゃなくても肥満の状態ではすでに糖尿病のカウントダウンが始まっている状態なんですね。

ですから今のうちに改善できるように、ダイエットをしておきましょう。

で、私の別の動画では、絶対に見逃してはいけない糖尿病の初期症状7選という動画や、カロリーゼロや糖質ゼロはダイエットにならないという動画、糖尿病を15%予防改善する「ご飯」という動画などもありますので、次はコチラの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、高評価とコメントで応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【初心者用プチ断食】半日ファスティングの正しいやり方と効果・効能とは!ただ食事を抜くだけは危険です
https://youtu.be/Ru8bctW29BI

◎絶対に見逃してはいけない糖尿病の初期症状7選!糖尿病の前兆・はじまりのサインとは
https://youtu.be/u8THMExL-nM

◎【食品添加物】カロリーゼロや糖質ゼロはダイエットにならない!研究から分かる人工甘味料が太る理由とは
https://youtu.be/lgg7qf0fMjc

◎【健康主食】糖尿病を15%予防改善する「ご飯」とは
https://youtu.be/0GooK8cDD94

 

まとめ

今回は「2型糖尿病になってもダイエットで治すことが可能なのか」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋