安産のために骨盤矯正を受けましょう【自然分娩をご希望の方は必見】

安産のために骨盤矯正を受けましょう【自然分娩をご希望の方は必見】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「安産のために骨盤矯正を受けましょう【自然分娩をご希望の方は必見】」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎産後だけでなく妊娠前、妊娠中にも骨盤矯正が必要な理由がわかる

✅動画の信頼性
◎理学療法士として12年間の経験から得た知識から話せる内容

安産のために骨盤矯正を受ける必要がある事について知りたくはありませんか?

この動画では、安産のために骨盤矯正が必要な理由、特に自然分娩をご希望の方は必ず行っておいた方が良い理由をお伝えします。

難産になったり吸引分娩や帝王切開などにならないために、これから妊娠をご希望の方、すでに妊娠中の方は必見です。

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

安産のために骨盤矯正を受けましょう【自然分娩をご希望の方は必見】

はい、今回は妊娠前、妊娠中の骨盤矯正についての話になります。妊娠前や妊娠中に骨盤矯正を行うことで、出産がスムーズに、安産になることの理由についてお伝えしたいと思います。

今回の話はあなたと赤ちゃんのどちらをも守るとても大事な話ですので、これから妊娠を希望している方、すでに妊娠中の方、そして産後の方はぜひ最後までご覧ください。

で、今回は妊娠前、妊娠中の骨盤矯正についての話になります。

妊娠前や妊娠中に骨盤矯正を行うことで、出産がスムーズに、安産になることの理由についてお伝えしたいと思います。

今回の話はあなたと赤ちゃんのどちらをも守るとても大事な話ですので、これから妊娠を希望している方、すでに妊娠中の方、そして産後の方はぜひ最後までご覧ください。

この動画をご覧いただくことで、産後だけでなく妊娠前、妊娠中にも骨盤矯正が必要な理由がわかります。

これは理学療法士として12年間の経験から得た知識から話せる内容になります。

このチャンネルでは、健康、美容、ダイエットに必要な食事や生活習慣の情報とか、なかなか治らない痛みや症状を改善する方法や、セルフケアを毎日お伝えしていますので、お見逃しが無いようにぜひ今すぐチャンネル登録をお願いします。

妊娠前や妊娠中も骨盤矯正は必要です

はい、産後の骨盤矯正というのはよく聞くことがあると思いますが、妊娠前とか妊娠中の骨盤矯正ってあまり聞かないですよね?

ですが実は、妊娠前や妊娠後の骨盤矯正って安産のために、赤ちゃんを守るためにとても必要なことなんです。

なぜなら、出産時に赤ちゃんは骨盤の中を通り抜けて出てきますが、骨盤が歪んでいるとその通り道が狭くなってしまい、上手に通れないからです。

出産って痛かったり大変そうだなってイメージはみなさんあるじゃないですか。

で、よく出産の感覚で「鼻からスイカが出てくる感覚」だっていいますよね。

まぁさすがに鼻からスイカは言い過ぎですが、それに近い感覚であるくらい、赤ちゃんは骨盤内の狭い産道を通り抜けて出てくる必要があるんです。

正常な状態でさえそんな狭い骨盤を通り抜けないといけないのに、例えば歪んでいたり、関節がズレてしまっていると、赤ちゃんの通り道はどうなると思いますか?

当然、さらに狭くなってしまいます。

そうなると、なんとか出て来れるはずの赤ちゃんが出てくることができなかったり、出て来れても異常な圧迫を受けてしまってアザを作りながらとか、うっ血して出てくる場合があるんです。

またさらに狭くなって赤ちゃんのチカラだけでは通れないような状態だと、吸引分娩といって赤ちゃんの頭に吸引機を付けて引っ張り出す方法や、どうしても自然分娩、膣を通って出てくる経腟分娩が不可能な場合には帝王切開で出産する必要があります。

しかし、異常な圧迫を受けたり、吸引分娩の場合には頭の骨に歪みが出てしまい、子どもが成長するにしたがって様々な症状を出してしまう場合があります。

私の行うオステオパシーでは頭蓋骨の検査もするのですが、出産時に何かしらの問題があった場合や吸引分娩の場合、そして帝王切開の場合でも、赤ちゃんには頭部の骨の歪みができてしまっており、自然治癒力を下げてしまい、それが原因で様々な症状の原因となっています。

出産時の経験による赤ちゃんの症状

私の経験から出産時のトラブルがあって多い症状や状態としては、例えば免疫力が極端に低く頻繁に風邪にかかってしまうとか、赤ちゃんの頃からずっと鼻が止まらず息苦しそうにしているとか、ぜんそくがずっと止まらないとか、アトピーやそれに近いような肌の弱さ、もう少し成長したら頭痛などの症状が多いですが、その他にも様々な症状が現れます。

ですから、安産のためには、そして赤ちゃんの将来を守るためには、骨盤は歪みなく正常な状態で出産に臨む必要があるんです。

出産前に骨盤矯正が必要なのにほとんど知らない

しかし骨盤矯正が出産前に必要だということはほとんどの方が知らないんですよね。

例えば、産後の骨盤矯正と聞くと、「まぁ出産したらめちゃくちゃ強い力が掛かってるし、骨盤ズレそうだな」って思うじゃないですか。

でも、出産前でも骨盤はズレてるんですよとお伝えさせて頂くと、かなり意外だとおっしゃる方が多いんです。

しかし、骨盤は結構多くの方で歪んでいますし、その理由があります。

妊娠前や妊娠中でも骨盤の歪みは大きなデメリットがある

また、出産時だけでなく出産前に骨盤が歪んでいることはあなた自身にも赤ちゃんにも多くのデメリットがあります。

それがなぜなのかというと、骨盤の歪みが子宮や卵巣に影響するからです。

骨盤の中には子宮や卵巣が収まっていて、様々な靭帯で強固に連結されています。

ですから、骨盤が歪んでしまうとどうなるのか、それは、子宮も一緒に捻れたり歪まされてしまうんです。

すると子宮や卵巣は硬く緊張したり、位置が偏ってしまいます。

そのような状態だと子宮や卵巣は正常な働きができないため、妊娠前の症状では、卵巣の機能低下によるホルモン異常が起こるため不妊や月経異常が現れたり、子宮の緊張や偏りによる受精卵の着床障害による妊娠率の低下や、月経痛が強くなったり、あるいは赤ちゃんが成長した際に子宮が十分に広がることができずに赤ちゃんを圧迫してしまい切迫流産の状態になってしまったり、あるいは発育障害の原因になります。

これは硬い子宮をイメージして貰えればわかると思います。

あなたの子宮が骨盤の歪みによって位置は偏って、さらにガチガチに固まっていると想像してください。

そんな状態で赤ちゃんが成長していくと、通常だったらホルモンの影響もあり柔らかくなった子宮が自然と膨らんでいって赤ちゃんの成長を邪魔しないのですが、まず骨盤の歪みによって影響を受けた卵巣からは子宮を柔らかくするプロゲステロンが正常に分泌されず、ただえさえ緊張している子宮は硬いまんまです。

そんな状態でも赤ちゃんはすくすくと成長していきます。

しかし、ガチガチの子宮は広がることはできないため、赤ちゃんとの押し相撲状態になってしまうんです。

ですから、赤ちゃんが押されて切迫流産の状態になったり、発育障害になってしまう可能性がありますので、骨盤は歪みを取っておく、骨盤矯正をしておく必要があると言えます。

で、先ほどもお伝えしたように骨盤が歪んでいると女性ホルモンにも異常が起きる可能性があるため、できれば妊娠前に骨盤矯正を受けておくことが理想的ですが、すでに妊娠している方は妊娠中でも骨盤矯正を受けた方が良いです。

産後はもちろん骨盤が出産によって歪んでいる場合があるため、受ける必要性は高いですよね。

また、帝王切開の方でも妊娠によって骨盤は限界まで広げられた状態のため、それが戻るまでに歪みを作るケースもありますので、やはり骨盤矯正は必要なんです。

これも妊娠前には必ず行ってください

また、これは以降の動画で撮ろうと思っている内容なんですが、関連する話で、ぜひ知っておいて欲しいのでちょっとご紹介します。

もしこれから妊娠を希望されている方は、妊娠前にファスティングを行うことをおススメします。

妊娠と出産というのは、母体にとっては強制的にデトックスされる、カラダの毒素を出される機会になりますので母体には良いんですが、その毒素は一部が臍帯、へその緒を通して赤ちゃんに入ってしまうんですよ。

また、母乳からも有害物質が赤ちゃんに入ってしまいます。

ですから、妊娠前にはファスティングを行うことで毒素をデトックスしておくことが非常に重要です。

また、毒素をため込んでいるために卵子の質が下がってしまい、妊娠率が低下している場合もありますので、妊活中の方もぜひファスティングにチャレンジしましょう。

ファスティングを行うことで内臓や遺伝子が修復されて機能が改善し、ホルモンの分泌が正常化され、生命力が上がることで妊娠力も上がりますので、妊活にはとても良い方法です。

妊活中の方は男性も同じように精子の質が下がっている場合があるため、夫婦で行う必要がありますね。

いまは女性が不妊の原因の多くを占めているのではなく、男性と女性が半分くらいの確率で不妊の原因を持っていると言われていますので、男性ももちろん妊活をする必要があります。

という事で今回は、妊娠前の方も、妊娠中の方も、そして産後の方は当然ながら骨盤矯正が必要なんですという話をさせて頂きました。

 

まとめ

今回は「安産のために骨盤矯正を受けましょう【自然分娩をご希望の方は必見】」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。