亜麻仁油が炎症を抑える!あらゆる痛みや症状を改善【健康生活】

亜麻仁油が炎症を抑える!あらゆる痛みや症状を改善【健康生活】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「亜麻仁油が炎症を抑える!あらゆる痛みや症状を改善」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎亜麻仁油が炎症を抑えることであらゆる痛みや疾患が改善できる理由がわかる

✅動画の信頼性
◎研究の結果からわかった内容

亜麻仁油が〇〇〇炎などの炎症による疾患が改善できる理由を知りたくはありませんか?

この動画では、研究から分かった亜麻仁油のもつ炎症を抑える作用と注意点、研究の結果などについてお伝えします。

まだ亜麻仁油を毎日摂っていない方、炎症性の疾患のある方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

亜麻仁油が炎症を抑える!あらゆる痛みや症状を改善

今回は、亜麻仁油には炎症を抑える作用、抗炎症作用という働きがありますので、炎症から引き起こされている非常に多くの痛みや不調、病気を軽減・あるいは治し、あるいは予防してくれる効果があることについて研究の結果も交えてお伝えしますので、ぜひ最後までご覧下さい。

炎症から作られている痛みや不調の種類

で、亜麻仁油が炎症を抑えるという話をしていくんですが、まず炎症から作られている痛みや不調や疾患、炎症性疾患にはどんなものがあるかをお伝えします。

炎症性疾患では、例えば軽い物であれば、口内炎とかニキビなども炎症から起こります。

あるいは有名なのは、肩関節炎や膝関節炎などの関節の炎症があります。

このように、語尾にほのお、えんの付く病名は基本的に炎症なんです。

または肺炎とか中耳炎、肝炎とか、胃炎、腸炎、腎盂炎などの内臓系の炎症などがあります。

重篤な疾患では、ガンも炎症から起きますし、関節リウマチなども炎症性疾患です。

また、肩こりや頭痛、腰痛、膝痛などのあらゆる痛みや、めまい、耳鳴り、気分不良、ふらつき、などのあらゆる不調に関しても、ほとんどのもので炎症が強く絡んでいます。

炎症が改善するとあらゆる悩みが解決する

ですから、炎症が改善すると軽減する痛みや不調がとても多いんです。

これはとても素晴らしい発見ですよね。

亜麻仁油を摂ることで炎症が治まるのであれば、今あげた痛みや不調や疾患以外にも非常に多くのものを改善できる可能性があるということなんです。

なぜ亜麻仁油が炎症を抑えるのか

で、なぜ亜麻仁油が炎症を抑える効果、抗炎症効果があるのかなんですが、これは亜麻仁油に抗炎症効果があるというよりも、むしろ亜麻仁油とバランスを取る油であるオメガ6系の脂肪酸に摂りすぎることで炎症を起こす効果があるためなんです。

油には種類がありますが、亜麻仁油などのオメガ3脂肪酸と、オメガ6脂肪酸はバランスを取ることで健康を保っています。

しかし、オメガ3系の油を摂らずオメガ6系の油ばかりを摂る方が非常に多いんです。

炎症を起こすオメガ6系の多い食べ物

オメガ6系の油は、サラダ油やキャノーラ油などに多く含まれています。

ですから、そのような油を使う、揚げ物や炒め物、お菓子やお惣菜、ファーストフードなどを多く摂っているけれども亜麻仁油を摂っていない方はすでに油のバランスが崩れているんです。

でもこのような食生活って、日本人にはとても多いんですよね。

毎日食事を作るのはやはり大変な時とか、難しい家庭もありますので、どうしても手軽にお惣菜とか、コンビニとかで済ませがちですよね。

ですから、ほとんどの方が油のバランスが崩れていて、炎症性疾患が起きやすい状態なんです。

亜麻仁油の抗炎症作用に関する研究

亜麻仁油に炎症を抑える効果があることを研究したものがありますが、これはマサチューセッツ州のブリガム女性病院とハーバード大学医学部の研究者が発表したものです。

亜麻仁油に含まれているオメガ3脂肪酸は、DHA、EPAというカラダに良い油を合成する材料になるんですが、このDHAやEPAに抗炎症作用があることを研究したものですね。

この研究ではオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスが崩れていることに炎症の原因があると仮定して、健康な27人を3~5人のグループに分けて管理した食事を5週間続けました。

この食事では後期の4週間でDHAとEPAを摂り続け、採血や採尿で炎症の経過を調べたものです。

で、この研究の結果ではオメガ6系とオメガ3系の油のバランスが改善することで炎症を示す値が有意に減少することがわかったんです。

ですから、炎症性疾患の予防や治療などにDHAやEPAを作る原料となる亜麻仁油が注目されているんですね。

亜麻仁油で炎症を抑える注意点

ただし、この研究では対象者を通常の生活に戻すと2週間で開始時の油のバランスに戻ったことが報告されているため、特に血液中に流れる油のバランスはずっと維持されるわけではないので、亜麻仁油は一定期間だけ摂るのではなく継続することが重要です。

ですから、毎日の習慣に亜麻仁油を摂り入れるようにしましょう。

亜麻仁油は効果を知ること、選び方・食べ方が重要

亜麻仁油は、その効果をよく理解した方が継続しやすいですので、効果を理解する必要があります。

また、選び方や食べ方次第ではその良い効果を得られず、酸化してしまった亜麻仁油を摂るような状態だとカラダには逆に害になります。

亜麻仁油の効果や選び方、食べ方などは私の以前の動画、亜麻仁油シリーズでお伝えしています。

これらの動画は下に動画のリンクを載せておきますので、そちらからご覧ください。

動画で説明している亜麻仁油に関する動画はこちらです。
・亜麻仁油の効果・効能【危険です】
https://youtu.be/lIyJoYRjY8w
・亜麻仁油4つの選び方【効果のない商品も】
https://youtu.be/eqZmw6FUvBs
・亜麻仁油の食べ方3選+α【美味しく効果的に】
https://youtu.be/hKEY3oIuX_Q
動画でご紹介している亜麻仁油「オーガニックフラックスオイル(ニュージーランド産)」の正規販売店はこちらです。
◎ファスティングライフ株式会社
http://general.shop-pro.jp/

 

まとめ

今回は「亜麻仁油が炎症を抑える!あらゆる痛みや症状を改善」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋

 
オステオパシーは、辛い、酷い症状や不調でずっとお悩みの方に、ぜひお試しいただきたい施術です。
繰り返す症状・不調によるストレスから、本気で解放されたいとお考えの方は、どうぞ当院へご来院ください。
私があなたの症状と真剣に向き合い、解決に向かってお手伝いさせていただきます。