頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【治るのか】糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方

【治るのか】糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方

✅動画の信頼性
◎理学療法士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

糖尿病になってしまうと薬から抜け出せなくなる理由を知りたくはありませんか?

今回は、糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方についてお伝えします。

糖尿病は治るのか、薬の正しいやめ方を知りたい方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方

はい、健康生活チャンネルの蛯原孝洋です。

今回は糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方についてお伝えしたいと思います。

今回の話は、あなたが今後、もしも血糖値が上がってしまって糖尿病の薬を飲まなくなってしまったばあい、一度薬が始まってしまうと止められなくなる悪いループに陥ってしまって、どんどん糖尿病が悪化してしまうというリスクがあるという事、だから予防が大事だよ、という事と、その悪いループに陥った時に、正しい薬のやめ方があることを知ることで、あなたがいずれインシュリンという糖尿病の薬を打つ生活になったり、食べ物を極端に制限されて辛い思いをすることを防ぐことができるようになる動画なんですね。

これはあなただけでなく、あなたの家族にも大きく役立つ話でもあります。

ですので、あなたがいま、もしも甘いものが大好きだったり、炭水化物が大好きだったり、あなたや家族が、ちょっとふくよかな体形の方は必ず最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、今より1歩健康になりたい方は今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

糖尿病になっても薬を飲めばいい?

で、あなたはもしかして、糖尿病になってしまっても薬を飲んでおけばいい、なんて考えてはいないでしょうか。

毎日好きなパンであるとか、ご飯、そしておやつなどの甘い物、このようなものが大好きでどうしても止められないと。

でも糖尿病になってしまっても薬があるみたいだから、それなら別に好きなものを我慢するまでもないかも、なんて考えていたり、あるいは糖尿病だと診断されてから、それから全力で頑張ればいいかな、なんて考えてはいませんか?

もしもあなたがそう考えてしまっているのなら、それは大きな間違い、あなたの人生を大きく狂わせてしまい、とても不幸にしてしまう誤った考えだと言わなければなりません。

実はけっこうこういう方って多くて、血圧が上がってきたなら血圧の薬を飲めば良くて、血液がドロドロになったら血液をサラサラになる薬を飲んで、そして糖が上がったなら糖を下げる薬を飲めばいいと考えているんですよね。

まあ確かに簡単ですよ。

毎日薬さえ飲めば、好きなものを食べ、好きなものを飲み、好きな人生を送れる、もしそうだったら幸せなことですよね。

しかし実際にはそうはいきません。

もしもあなたが血糖値が上がって薬を飲み始めれば、もうそれがキッカケとなって糖尿病はどんどん進行し、薬の量や強さはどんどん上がっていき、ついには食事の前に必ずインシュリンの注射を打たなくてはいけないほど進行し、そして手や足の指が壊死して切断しないといけなくなったり、目が見えなくなったりと、とても辛い思いをする未来、このような未来のレールに乗ってしまうかもしれないんです。

それが何故かと言うと、糖尿病の薬が起こす作用、あるいは副作用と呼べるものがそうさせてしまうんですね。

血糖値が上がってしまう理由

で、糖尿病の薬は血糖値を下げるものがあるんですが、これはどうやって血糖値を下げるかご存じでしょうか。

これを理解するためには、まずなぜ血糖値が上がってしまうのかを理解しないといけません。

では、なぜ糖尿病の方は血糖値がどんどん上がってしまうのでしょうか。

あなたはご存じですか?
血糖値というのは血液の中に溶け込んでいる糖質の量で変わる数値の事を表しています。

この数値が高いほど、あなたの血液の中に糖質が沢山ある状態なんですね。

この糖質を使って脳や体を動かすエネルギーにしているんです。

で、血糖値というのは誰でも変化があって、食事によって炭水化物や糖質を摂ることで食後は血糖値が上がった状態になります。

しかし血糖値が高すぎる状態というのは身体にとって良いことではなく、余っている糖質は血管の壁を傷つけてしまい血管の内側が厚く盛り上がり脆くなる動脈硬化が進行してしまいます。

動脈硬化は血糖値が高い時にどんどん進行し、数十年経つともうボロボロの状態。

すると細い血管では血流が悪くなったり、血管が詰まってしまう「梗塞」という状態を作ってしまいますので、例えば脳の血管が詰まれば脳梗塞と言って脳が壊死する病気になりますし、心臓の筋肉へと向かう血管が詰まれば心筋梗塞と言って心臓の筋肉が壊死してしまう病気になります。

そして目の血管が詰まれば目が見えなくなったり、腎臓が悪くなって透析をしないといけなくなったり、足の指の循環が悪くなりすぎて切断しないといけないような事態にまでなってしまうリスクがあるんですね。

ですから、血液中に糖質が多い状態、高血糖という状態は身体にとって非常にダメージの大きい、命を縮めてしまう状態なんです。

ですから、私たちの体は血糖値が高くなりすぎないように、血糖値を下げる仕組みがあります。

それがインスリンというホルモンで、これは食後すぐに分泌されて、血糖値を下げてくれる働きをするんですね。

ですから私たちは食事をしても、食後のデザートを食べてもちゃんと血糖値が下がってくれて、身体に深刻なダメージが残らない、残りにくいようになっています。

しかしこのインスリンというホルモン、これは膵臓という内臓から作り出されるホルモンなんですが、このホルモンを作るためには膵臓が働く必要があります。

そして甘いものや炭水化物などを食べるたび、そして沢山食べるほどこのインスリンは大量に必要ですので、そういう食生活の人の膵臓はこのインスリンを作り出すためにめちゃくちゃ働いていて、働きすぎで疲れてしまうんですね。

そしてとうとう膵臓は、人間で例えるなら過労で突然倒れてしまったり、過労死してしまうように活動ができなくなり、インスリンの量が減ったり、作り出せなくなってしまいます。

そうするとどうなるでしょうか?

インスリンがあったから血糖値を下げられていたのに、インスリンが出なくなってしまうと、もう血糖値を下げることができなくなってしまいますよね。

これが糖尿病の状態です。

この状態になると食事をするたびに、甘いものを摂るほど血糖値はあがり、血管をガンガン傷つけてしまうようになり、そして動脈硬化が進んでしまうんですね。

ですから、このような高血糖の状態を防ぐために糖尿病のための薬が必要になるわけです。

糖尿病の薬の種類と副作用

で、糖尿病のためのお薬、飲むタイプの血糖降下薬には6種類あるんですが、実は体重を増やす作用のある効果の強いタイプと、体重を減らす作用のあるタイプがあるんですね。

全く反対の働きをするように見えるこの2つのタイプなんですが、実はどちらも血糖値を下げてくれるお薬なんです。

じゃあ体重を減らす作用のある薬だけを使えばいいじゃんって思いますよね?でも、血糖値を有効的に下げるとなると、それだけでは上手くいかないため、体重を増やす作用のあるお薬も使わないといけない場合があるんです。

で、なぜ糖尿病のお薬で太ってしまうのかなんですが、糖尿病の方の場合にはインスリンが不足しているかインスリンの効きが悪いために血糖値が上がってしまっているんですよ。

ですので薬によってインスリンの分泌を促進したり、インスリンの効きを良くすることで血糖値を下げようとするんですね。

しかし、じゃあインスリンはどのようにして血糖値を下げていると思いますか?体内で余ってしまった糖分、これを減らすにはどうしたらいいんでしょうか。

実はインスリンは、余った糖質を脂肪、中性脂肪に変えてしまう事で糖質を減らして、血糖値を下げているんですね。

つまり、糖質は減るけれども脂肪が増えて太ってしまうということになります。

ですから、インスリンの出を良くしたり効きを良くした場合、糖質はどんどん脂肪へと変えられていってしまいますので、まあもちろん血糖値は下がって血管は守られますが、中性脂肪はどんどん増えていってしまい、そして太ってしまうんですね。

糖尿病薬を飲んでいても病気が進行する

でも、太ってしまっても糖尿病が悪化せずに、命のリスクがなくなるならいいじゃないか。

薬さえ飲んでおけば糖尿病は悪化しないんだから、好きなだけ食べれるんじゃないか、そう思いませんか?

まあもちろん太ってしまうけど、薬さえ飲んでおけば好きな物を食べられるわけだから別に食事を我慢する必要はない、そう考えてしまうかもしれません。

でも実は、薬で血糖値を下げていても糖尿病がどんどん悪化してしまう理由があるんですね。

それは、脂肪が増えるとインスリンの効きが悪くなってしまうためなんです。

つまり糖尿病が悪化してしまう事になるんですね。

インスリンが効いて血液内の糖質が脂肪に変えられていった結果、内臓脂肪が増えてしまいます。

この内臓脂肪が増えすぎた場合、脂肪から出される物質、アディポカインという物質がインスリンの働きを妨げる作用をしてしまうため、インスリンの効きが悪くなるんですね。

すると、血糖値を下げるためにさらに大量のインスリンが必要となってしまいますが、インスリンが増えるほど糖が脂肪に変えられてしまい、どんどん太ってしまう、肥満に加速がつく状態になります。

もうこうなると太っては糖尿病が悪化し、さらに太ってしまい薬を追加し、さらに太って糖尿病が悪化するという恐ろしいループを繰り返すことになってしまうんですね。

もうこうなると薬をやめられる状態では無くなりますし、そのうち飲み薬だけでは血糖値を下げきらなくなりインスリンの注射を打つことになってしまうと、そしてさらに注射でも足らずに命を落とすような最悪の事態へと向かう未来になってしまうんですね。

ですから糖尿病は、薬を止められなくなってしまうものなんです。

糖尿病薬を止めるためには

では、あなたがこのような最悪の未来へと進まないためにはどのような対策をする必要があるでしょうか?

薬に頼り切ってしまうと悪いループに入りますよね。

ですからそうではないと。

じゃあどんな対策をすればいいでしょうか。

それは、まず血糖値が上がりにくい食生活をすること、そしてダイエットをして脂肪を減らしてインスリン抵抗性を下げる、インスリンの効きを良くするという事なんです。

つまりは糖尿病と診断された方や、糖尿病になる手前の方は必ず、食生活を改善する必要があるんですね。

それも早ければ早いほど、できれば薬が始まる前までに改善しないとどんどん難しくなりますので、今すぐにでも始める必要があるんです。

糖尿病予防や改善におススメの食事法

いかがですか?このような恐ろしい未来が待っているなら、それだったら食生活を改めてみようかなと考えたんじゃないでしょうか。

でも、食生活の改善ってどうやったらいいか分かんないですよね。

とりあえずキャベツばかり食べとけばいいのかな、お豆腐ばっかり食べていれば痩せるかしら、そんな考えの方がほとんどだと思います。

しかし実は、このような食生活では逆に悪化してしまうケースもあるんですね。

ですので正しい食事法で行う必要があるんです。

えーっ!でもそんな健康的な食事なんてしたことがないし、なにより難しそう… そう思いますよね?
そんなあなたにおススメな食事法があります。

それがまごわやさしい食事という食事法です。

このまごわやさしい食事では、この食材を1日の中で取れればいい事にだけ注意すればいいですからとても単純かつ簡単ですし、食物繊維やたんぱく質が豊富ですので、かなり血糖値が上がりにくいんですよ。

そのため自然に痩せていきますし、糖尿病を改善したいならおススメの方法になります。

食欲を抑える方法

でもここで厄介になってくるのが、糖尿病の方の食欲なんですね。

糖尿病になる方は糖を摂り過ぎてしまったわけなんですが、実は糖分というのは人間の脳を強く依存させる働きがあるんです。

人間は糖分を摂ると快楽物質が放出されて幸福感を感じ、そしてストレスさえも減るという働きがありますので、脳はストレスが掛かるたびにストレスを軽減しようとして糖分を欲しがるようになってしまいます。

あなたも経験があるんじゃないでしょうか。

ですから、まずはこの糖分への依存、食欲を減らさないと食生活を改めるのが難しいという方も多いんですね。

そこでおススメなのがファスティングです。

ファスティングとは断食の事なんですが、断食を行うことで脳が糖分に依存する状態や、食べ過ぎになってしまう強すぎる食欲などを落ち着けてくれるんです。

私も実際、ファスティングを行う以前は甘いもの、私の場合には毎日麦チョコやグリーンガム、桃の味がするタブレットなどを離すことができない状態だったんですが、そして食事も悪く太ってしまっていたんですが、ファスティングをキッカケにして糖分から離れて、そして強すぎる食欲が一気に解消されて食生活を改善することができたんですよ。

ですからこれは実践した方にしか分からない間隔なんですが、ファスティングをするとこのような依存を断ち切り、食欲を減らす事ができるんですね。

で、まごわやさしい食事やファスティングについては私の別の動画で詳しくお伝えしていますので、もしもあなたが不幸な未来に行きつくのは嫌だから糖尿病になりたくないとか、糖尿病の薬を止めたいと願うのであれば、必ず次はこちらの動画を下の説明欄のリンクからご覧になってください。

いかがでしたか?

という事で今回は、糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方についてお伝えしました。

で、私は病院で勤務していましたから、糖尿病の重い症状で苦しんでいたり、指を切断しないといけなくなり悲しい思いをしている方を沢山見てきたんですね。

そして私の祖父や祖母も糖尿病でしたので、糖尿病を悪化させないために食べ物を制限されて、好きな物を食べる事ができずにとても辛い思いをしていました。

私は、あなたにはこんな辛い思いをする未来になって欲しくはないんですね。

ぜひ今回の動画で、そんな未来になるのは嫌だから、糖尿病にならないために、糖尿病を改善するために、薬を止めるために、食事を見直してみようと考えたのであれば今日から実践してみてください。

そして食生活を変えたり甘いものを摂る習慣をやめられたら、ぜひコメントで教えてください。

または今日から頑張ります!という意気込みでも書いて頂くとあなたのやる気に繋がりますので、コメントしてください。

私の内臓の働きを高める根本改善専門の整体院や、食欲を抑えて健康的にダイエットできるサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が少しでも為になったと思って頂けたら動画を作る励みになりますので、高評価とコメントで応援をよろしくお願いします。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎まごわやさしい食材の新常識!レシピに〇〇が追加されました【健康生活】
https://www.ebi-seitai.com/work-blog/magoresipi/

◎【初心者用3日断食】3日間ファスティングの正しいやり方と効果・効能とは【前編】
https://youtu.be/CBe9w-zgE8s

◎ダイエット・健康・美容の全てを叶える「ファスティング」
https://ebi-fasting.com/

 

まとめ

今回は「糖尿病の薬を始めると太ってしまいダイエットが難しくなる理由と正しいやめ方」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋