頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【ウイルスを抑制】新型コロナの感染と重症化を防ぐ「湿度」とは

【ウイルスを抑制】新型コロナの感染と重症化を防ぐ「湿度」とは

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「新型コロナの感染と重症化を防ぐ湿度」というお話をさせて頂きます。

感染症を防ぐ方法を知りたくはありませんか?

今回は研究の結果から分かった、新型コロナの感染と重症化を防ぐ「湿度」をお伝えします。

新型コロナやインフルエンザに感染したくない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

新型コロナの感染と重症化を防ぐ「湿度」

今回は、新型コロナやインフルエンザなどの感染症を防いでくれる湿度についてお伝えします。

で、これからさらに寒くなると、新型コロナやインフルエンザに感染しやすくなる季節になっていきます。

そうなると、感染したら長期間休まないといけないし、体調もかなり辛いし、重症化して死亡してしまうリスクがあって恐ろしいですよね。

そこで今回は研究の結果から、この新型コロナやインフルエンザなどの感染症を予防できる方法が分かりましたのでこれをお伝えします。

これはアメリカ、ハーバード大学からの研究報告で分かった内容になりますね。

で、この研究では、121か国から新型コロナウイルスのデータを取得し、湿度の推定値と新型コロナの感染者数、および死亡者数とを比較したんですね。

この結果、新型コロナの感染や死亡が急増する時期には湿度が40%を下回っており、また逆に60%を越えているという事が分かったんですね。

つまり、湿度は40%から60%が最適だという事が分かったんです。

これはほとんどの地域で同様の結果になったという事なんですね。

私は湿度が低すぎるといけないという意識を持っていましたが、高すぎてもいけないというのは意外でしたね。

ですので、これから寒くなると湿度が下がり、さらに暖房の使用により湿度がグンと下がってしまいます。

そうすると感染症のリスクが上がってしまいますので、加湿器などを使って適度な湿度にコントロールしましょう。

まとめ

今回は「新型コロナの感染と重症化を防ぐ湿度」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

 

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋