頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【発がんリスク】危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう【English sub・全文字幕】

【発がんリスク】危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう【English sub・全文字幕】

【発がんリスク】危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう【English sub・全文字幕】

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎まずはこれから避けたい危険な食品添加物5選がわかる

✅動画の信頼性
◎健康美容食育士とファスティングマイスターとしての知識と経験から話せる内容

まずはこれから避けたい危険な食品添加物5選を知りたくはありませんか?

今回は、危険性が指摘されている数々の食品添加物の中でも、特に危険性が高いと言われる5つをピックアップしてお伝えします。

まだ食品添加物の危険性を良く知らなくて避ける努力を出来ていない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう

はい、健康生活チャンネル、ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、まずはこれから避けるべき危険な食品添加物5選についてお伝えしたいと思います。

で、あなたは食品添加物を避けるようにしているでしょうか。

私の動画では今週2本の食品添加物についての動画でお伝えさせて頂きましたが、食品添加物は発がん性や内臓への負担や悪影響なども懸念されている危険なものもあるんですね。

ですのでどのような種類でもできるだけ避けるべきなんですが、そのような食品添加物の中でも、特にこれだけでもまずは避けて頂きたいという、危険性の高い食品添加物があるんです。

そこで今回は、まずはこれから避ける努力を始めるべき食品添加物を5つご紹介します。

この動画をご覧頂くことで、食品添加物の中でも特に危険性の高い5種類を避けることができるようになり、不調や病気のリスクを下げることができます。

逆に今回ご覧頂かないと、危険な食品添加物のリスクを知ることなく摂取し続けることになり、いずれ大変な思いをしてしまう危険性もありますので、ぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしていますので、お見逃しが無いように今すぐチャンネル登録をお願いします。

食品添加物とは

で、じゃあ食品添加物って何?って聞かれても分からないという方もいらっしゃると思いますので簡単に説明しますが、食品添加物とは、食品の保存性を良くしたり、形を保つために使ったり、独特の食感を作るために使ったり、色を付けるもの、味や香りをつけるもの、栄養成分を補うために使うものなんですね。

食品添加物には自然界にある成分を真似て科学的に合成した天然添加物と、自然界にはまったく存在しない化学合成物質である合成添加物などがあります。

このうち特に危険性が高いと指摘されている物は合成の添加物なんですが、過去には天然由来の添加物でも危険性があるとして、平成16年に使用が禁止された着色料などもあります。

ということで食品添加物について少しはお分かりいただけたでしょうか?はい、ご理解頂いたという事で、今回の本題であるこれから避けるべき危険な食品添加物5選についてお伝えしたいと思います。

これからご紹介するのはほとんどが合成添加物で、海外では使用が禁止されているものもあるんですよ。

それでも日本では使用されているものですので、結構怖いなって思いますよね。

まず食品添加物①ソルビン酸、ソルビン酸K

で、まず避けるべき食品添加物の1つ目は、ソルビン酸、またはソルビン酸Kです。

これは合成保存料の1つで、ハムやソーセージなどの加工肉、はんぺんやちくわなどの練り物類、保存性を高めた市販のおにぎり、お漬物、ジャムやワインなどにも使われている事が多い食品添加物ですね。

ソルビン酸は染色体異常を起こしてしまうという危険性が指摘されていますので、よく聞く染色体異常であれば、お子さんがダウン症を発症してしまうというケースがありますよね。

また、ソルビン酸は亜硝酸ナトリウムといってハムやソーセージなどによく使われている発色剤、食品添加物なんですが、これはハムとかソーセージって、加熱していない状態でちょっとピンクというか赤身がかった色をしているじゃないですか。

でもあれってかなり不自然なことで、普通のお肉ってハムとかソーセージのように加熱処理をしているものは茶色になっていますよね。

でも、茶色だと色が悪く見えてしまって売れないという事で赤い新鮮なお肉に見えるように、この発色剤という食品添加物を使っているんです。

しかしソルビン酸は亜硝酸ナトリウムと反応することによって、ニトロソアミンという強い発がん性がある物質に変化してしまいます。

ですから、ガンを作ってしまうリスクを高めてしまうんですね。

で、ハムやソーセージなどの加工肉は食品添加物に限った話だけではなく、2015年10月に、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が「ハムやソーセージ、ベーコンなどの加工肉を1日50g食べると大腸がんになるリスクが18%高まる」という発表をしています。

ですのでそもそも加工肉には発がん性があり、そこにこの食品添加物のリスクが乗っかるわけですから、結構危険性が高いんですよ。

ですので、ソルビン酸と亜硝酸ナトリウム、これがまず避けるべき食品添加物だと言えますね。

まず食品添加物②リン酸塩

そして避けるべき食品添加物の2つ目は、リン酸塩です。

これはハムやちくわ、お菓子などによく使われる材料をくっ付けるための結着剤、あるいは品種改良剤になります。

例えばハム同士のはがれにくさを解消するなどの目的で使用されていますね。

リン酸塩の過剰摂取は貧血や副甲状腺機能亢進症、また骨の形成異常を招くと言われていますので、骨が弱くなる危険性がありますね。

まず食品添加物③タール色素

そして避けるべき食品添加物の3つ目は、タール色素です。

これは合成着色料の一種で、ソーセージやタラコ、お漬物や菓子パン、チョコレート、ゼリー、ガムなどのお菓子類、紅ショウガ、その他にも様々な食品に使用されていて、口紅やチークなどの化粧品にも使われています。

タール色素の危険性として一番に来るのは発がん性ですが、種類によってはその他の危険性も指摘されています。

また、タール色素には日本語名の種類が多く、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、緑色3号、青色1号、青色2号などの色素があるんですね。

しかし、海外ではこのようなタール色素を危険性があるとして使用を禁止したり、自主規制の対象にしているものがあります。

例えば、イギリスの食品基準庁(FSA)は、2008年に、赤色40号と赤色102号、黄色4号、黄色5号を含む6種類のタール色素が、注意欠陥障害の原因になる恐れがあるとの理由で食品メーカー等に自主規制を促しています。

また、アメリカやカナダでは、赤色2号と赤色102号、赤色106号は、がんやアレルギーを引き起こす可能性があるとして、使用が禁止されているんですね。

さらに赤色3号については、甲状腺に異常を生じる可能性があるとの理由から、ドイツでも使用が禁じられているようです。

このように、海外ではすでにその危険性が認知されて規制や禁止がされているものを日本では使っていますので、結構怖いと思いませんか?ですのでこのような着色料が多く使っている食品はできるだけ避けて頂いた方が安全だと思いますね。

まず食品添加物④臭素酸カリウム

そして避けるべき食品添加物の4つ目は臭素酸カリウムです。

臭素酸カリウムはパンを焼くときの生地に添加されるもので、パンの生地改良剤として使われています。

これを使うことで膨らみ方や食感が良くなると言われているんですね。

臭素酸カリウムは、1980年代に発がん性が指摘されて、遺伝子を傷害して発がん性を高める危険性と、ガンの進行を促進してしまうという両方の作用があるという研究結果が報告されています。

この結果から、臭素酸カリウムは遺伝毒性発がん物質であると考えられているんですね。

これも禁止している国があって、1990年にはイギリスで使用が禁止、1994年にはEUで発がん性物質のリストに加えられ、1997年までに加盟国のほとんどが使用を禁止しました。

また、南米のメルコスールという南米南部共同市場では2003年までに国内での使用を禁止し、中国では2005年に小麦粉に使用することを禁止しています。

ですので、臭素酸カリウムは結構多くの国で禁止されている食品添加物で、それだけ危険性が高いと言えます。

いま市販の食パンではこの臭素酸カリウムを使っている製品がありますので、できるだけ避けたいところですよね。

まあそれ以前にパンは食品添加物がそもそも多い食品ですので、日常的に摂るのは控えた方がいいと思いますね。

で、パンには様々な危険性があるんですが、そちらについては私の別の動画、「菓子パンの危険性5選」という動画で、菓子パンだけではなくパン全体に関する危険性についてもお伝えしていますので、ぜひ後で下の説明欄にあるリンクからこちらの動画もご覧になってください。

やっぱり日常的に食べるのはご飯の方が健康的には明らかに良いですね。

まず食品添加物⑤人工甘味料

そして避けるべき食品添加物の5つ目は、人工甘味料です。

人工甘味料は例えば、ノンカロリーのガムとかアメあるいは、ジュース、スポーツドリンク、缶コーヒーやノンアルコールビール、タブレットタイプのお菓子、ドレッシングなどにも使われている食品添加物ですね。

恐らくあなたも知らない間に日常的に摂っている食品添加物だと思います。

人工甘味料はカロリーがかなり抑えられていて、それでいてとても甘いですので、ノンカロリーの食品や飲料など、ダイエットをしたい方にとても魅力的に映ってしまう添加物ですね。

しかし人工甘味料は様々な研究から、カロリーは無くても太ってしまったり、糖尿病になるリスクが上がる事が分かっていますし、腸内環境が悪化してしまい、免疫力の低下やアレルギーの悪化、便秘や下痢などのお腹の不調、栄養の吸収が阻害されるなどのリスクがあります。

人工甘味料にはいま5つあるんですが、特に多く使われているのは、「人工甘味料御三家」と呼ばれる、人工甘味料の代表格とも呼べるアスパルテーム、アセスルファムカリウム、スクラロースです。

この3つは本当に色んな食品に使われていますので、ぜひいろんな食品の原材料を確認してみてください。

で、アスパルテームは砂糖の160~220倍、アセスルファムKは砂糖の200倍、スクラロースは砂糖の600倍の甘さがあるとされています。

このようなすごい倍率の甘さは自然界にはなかなか無いですので、脳が人工甘味料に依存してしまうというリスクもあります。

これはラットを使った実験で分かったことなんですが、なんと薬物よりも強い依存性があることが確認されているんですね。

ですから、摂り続けることで人工甘味料がやめられなくなってしまい、太り続けるし糖尿病のリスクがどんどん高まる、という危険性もあるんです。

ですからその前に控えたい添加物なんですね。

で、人工甘味料についても別の動画、「人工甘味料でデブ体質になる」という動画で詳しくお伝えしていますので、後で下の説明欄のリンクからご覧になってください。

という事で今回は、まずはこれから避けて欲しいという食品添加物を5つご紹介しましたが、少しは危険な食品添加物を分かって頂けたでしょうか。

食品添加物を使った食品は便利ではあるんですが、健康のためにはやはり避けた方がいいですし、避けられないことはないんですね。

ぜひ今後、不調や病気になった時に後悔しないためにも、今日から食品添加物を避ける努力を始めましょう。

また、食品添加物についてのリスクは別の動画でもいろいろお伝えしていますので、次はこちらの動画も説明欄のリンクからご覧になってください。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたらチャンネル登録するかはお任せしますが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎菓子パンの危険性5選!菓子パンはできるだけ避けて欲しい理由
https://youtu.be/3rOC-3VV4Sk

◎人工甘味料でデブ体質になる!腸内環境を破壊する人工甘味料の本当の闇
https://youtu.be/f0P6_LLnfZE

◎【がんリスク】食品添加物が危険な4つの理由とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/AGfbs2WWvEc

◎食品添加物ワーストランキングTOP5【添加物の危険性】
https://youtu.be/UFDlA71qBM0

◎【危険です】コンビニで食品添加物が多く危険な食品とまだ安全な食品
https://youtu.be/_7irCJpYZ1I

 

まとめ

今回は「危険な食品添加物5選!まずはこれから避けましょう」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋