頭痛、肩こり、腰痛など痛みのないカラダを体験しませんか?

【基礎疾患】新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴

【基礎疾患】新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴

【基礎疾患】新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院 院長の蛯原孝洋です
こんにちは!

宮崎・都城で「唯一」の根本改善専門の整体院 都城オステオパシー治療院
院長の蛯原孝洋です。

今回は、「新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴」というお話をさせて頂きます。

✅動画を視聴するメリット
◎新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴が分かる

✅動画の信頼性
◎研究の結果から分かった内容

新型コロナワクチンを打っても重症化してしまうことが恐ろしいと感じていませんか?

今回は研究の結果から分かった、新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴をお伝えします。

新型コロナで重症化したくない方は必見です!

動画はこちら

左上の丸いボタンを押して、動画が見やすいYouTubeアプリでご覧ください^^

動画が少しでも役に立ったなと思われた方は、今後のお見逃しが無いようにこちらのボタンからチャンネル登録をお願いします(^^)/
↓↓↓

過去の健康についての動画はこちらから
当院のYouTubeを見る

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する
動画を見られない方のために、以下に文字おこしをしてあります。

できれば動画の方が内容が伝わりやすいので、動画をご覧ください。

新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴

はい、健康生活チャンネル、理学療法士兼ファスティングマイスターの蛯原孝洋です。

今回は、研究から分かった新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴についてお伝えしたいと思います。

やっぱり新型コロナで怖いのは重症化して入院したり、死亡する、亡くなってしまうという事が恐ろしいと思いますが、この動画をご覧頂くと重症化しやすい特徴がわかり、感染予防を徹底することができます。

ですので、重症化を防ぎたい方はぜひ最後までご覧になってください。

この健康生活チャンネルでは、健康、美容、ダイエットに役立つ食事や生活習慣の情報をお伝えしています。

チャンネル登録をしておくと、あなたやあなたの周りの方に今後ずーっと役に立つ情報を身に着けることができますので、お見逃しが無いように今すぐ下の赤いボタンからチャンネル登録をお願いします。

ワクチンを打っても新型コロナは感染します!

で、いまどんどん新型コロナワクチンの接種が進められていて、いま10代の方のワクチン接種も始まっているところなんですね。

ですからほとんどの方がワクチンの接種を終えられていると思うんですが、ワクチンを接種したとしても、新型コロナには感染してしまいますし、重症化して亡くなられる方もいらっしゃるんですよ。

これを知らずにワクチンを打ったら「もう新型コロナに感染しない体になったぞ!遊びに行こう!」なんて方が出てきてしまっている状況なんです。

で、しかもGotoトラベルの再開も検討されているそうですから、おそらく近いうちにまた感染する方が増えるんじゃないかな、と私は考えているんですね。

そこで怖いのが重症化して入院したり、死亡すること、ですよね。

新型コロナに感染しても無症状の方もいれば、体内の酸素のレベルが急に下がって呼吸困難になり、最悪の場合死に至るというケースもありますので、やっぱりこれが一番怖いと思います。

新型コロナの感染率と重症化・死亡率

で、研究報告の前に、新型コロナに感染してしまう確率がどのくらいなのかというと、これは今年の9月1日の時点で148万人の方が感染していて、これは日本人の1.2%に相当する数となっています。

つまり100人に1人くらいの感染率です。

意外と少ないですよね。

そして、新型コロナに感染した場合の重症化率、死亡率なんですが、これは2020年の6月以降の方のデータを見ると、重症化する方の割合は1.6%、死亡する方の割合は1%という確率になりました。

ですから、1.2%の確率で感染した方のうち、重症化する方はそのさらに1.6%ですから、0.0192%、1万人に2人くらいの割合になります。

そして死亡する方は1万人に1人くらいの割合になるということですね。

そして今までの統計からも新型コロナに感染した場合に重症化しやすい方の特徴が分かっていて、これまでの知見からわかったのは次のような特徴になります。

・高血圧
・喫煙
・妊娠後期
・肥満
・糖尿病
・心血管系疾患
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・慢性腎臓病

という、これらの特徴がある方は重症化しやすい、死亡リスクが高いということが分かっています。

ですから、すでに基礎疾患を持っている方はしょうがないですが、喫煙をしている方は禁煙したほうが良いですし、肥満の方は痩せましょうということが言えますし、対策ができますよね。

また、血圧が高い方も私のチャンネルで血圧を下げる方法をお伝えしていますので、ぜひ対策をして頂きたいんですが、今回の研究では、これらのリスクに加えて新しい特徴が見つかったんですね。

新型コロナワクチン接種後の重症化リスクに関する研究報告

この重症化リスクに関する研究を行ったのは、イギリス、オックスフォード大学からの報告になります。

この研究では、新型コロナのワクチン接種を行った成人のうち、新型コロナによって入院、または死亡するリスクを評価しました。

この研究で、イギリスではワクチンを2回接種した方515万310人のうち、ワクチンの接種後14日以上経過した後に新型コロナに感染して重症化した方や死亡した方を調べたんですが、この515万人のうち、3.7%に当たる71人が入院し、4%に当たる81人が死亡しました。

そしてこの重症化や死亡した方からリスクの大小を判別したんですね。

その結果、次のような方で重症化リスク、死亡リスクが高いことが分かりました。

この結果では、どのような方が何倍重症化しやすいか、死亡しやすいかで表しています。

まず、

ダウン症(12.7倍)
腎移植(8.1倍)
鎌状赤血球症(7.7倍)
介護施設居住(4.1倍)
化学療法(4.3倍)
HIV/AIDS(3.3倍)
肝硬変(3.0倍)
神経系疾患(2.6倍)
最近の骨髄移植歴または実質臓器移植歴(2.5倍)
認知症(2.2倍)
パーキンソン病(2.2倍)

という特徴や基礎疾患とリスクの倍率が分かったんですね。

さらに、

慢性腎臓病
血液腫瘍
てんかん
慢性閉塞性肺疾患
冠動脈心疾患
脳卒中
心房細動
心不全
血栓塞栓症
末梢血管疾患
2型糖尿病

がある患者のリスクも高く、これらの方は1.2-2.0倍のリスク増加だったという事です。

ですので、特にこれらの基礎疾患や特徴のある方はワクチンを接種したとしても感染後に重症化してしまって入院する危険性であるとか、死亡してしまう危険性が高くなってしまいますので、ワクチンを接種したとしても感染対策はできるだけ注意した方が良いですよね。

ただしだからと言ってこれらに当てはまらなかったから感染対策をしなくていいわけではなくて、マスクを外して出歩いたり感染拡大してしまうような行動をしてしまうと、また緊急事態宣言を出すような事態になってしまって自粛になってしまいますから、誰であってもちゃんと感染対策は行いましょう。

で、私の別の動画では、研究から分かった新型コロナに感染しやすい場所や重症化しやすい人の特徴や、感染を防ぐためにはマスクの着用が重要なんですが、コロナウイルスを92%もカットする二重マスクの付け方、マスクの効果を3倍にするマスクテクニックなどをお伝えしていますので、あなたやあなたのご家族が新型コロナに感染しなくて済むように、ぜひ次はこちらの動画をご覧になってください。

で、今の時期は新型コロナで命を落とさないように、できるだけ注意して感染を防ぎたいところですよね。

もう自粛期間も2年になろうとしている所で、自粛疲れがつのってきた方も多いと思いますが、後で後悔しないように感染対策は継続しましょう。

私の整体院やサポート付きのファスティング、そして今回の内容のブログにご興味を持って頂いたら、下の説明欄のリンクからご覧になってください。

また、今回の内容が為になったと思って頂けたら次回もお見逃しが無いようにチャンネル登録をしておいて欲しいですが、ぜひもう一本動画をご覧になって健康で痩せて綺麗な体を作って頂けると嬉しいです。

では次回の動画で、お会いしましょう。

【関連リンク】
◎【ブースター接種】新型コロナワクチン、3回目接種の効果と副反応について【研究報告】
https://youtu.be/iAvXpLuYJoI

◎【感染症予防】新型コロナウイルスを92%カットする二重マスクと正しい付け方とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/vwSa8dc1xOo

◎マスクの予防効果を3倍にするマスクテクニック!新型コロナウイルス肺炎予防できていません
https://youtu.be/TWEaUOG3ebc

◎【感染対策】新型コロナに感染しやすい場所と重症化しやすい人の特徴とは【English sub・全文字幕】
https://youtu.be/c23PPODynbw

 

まとめ

今回は「新型コロナワクチンを接種しても重症化や死亡しやすい方の特徴」というお話させて頂きました。

当院へご興味のある方は、下のリンクから当院のホームページをぜひご覧ください。

ブログをご覧頂きありがとうございました。

 

バキバキの肩こりで吐き気までする肩の痛み

常にある、または天気に左右される重い頭痛

ぎっくり腰を何度も再発する、繰り返す腰痛

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛で腰やお尻、足にかけての放散痛

産後の腰痛や肩こり、尾てい骨の痛み

めまいや耳鳴りなどの自律神経症状

諦めないでください!

まずは無料相談から

【治療院】初回限定お試しキャンペーンを確認する

【ファスティング】モニター価格キャンペーンを確認する

都城オステオパシー治療院
院長 蛯原孝洋